フリースのお手入れ方法│メンテナンス

2016/03/10

フリースもデリケートな素材ですが、ネットを使っていただければ、洗濯機の使用も可能です。登山などフィールドで使った後は、汚れや汗などが付着していますので必ず洗いましょう。普段の使用でも、皮脂汚れなどが着きますので定期的に洗って下さい。

 INDEX   使用後のケア │ 取り扱い注意 



【使用後のケア】
必ず洗濯タグを確認し、その内容に合わせたケアを行って下さい。
※ここでは基本的なケアの方法をご案内させて頂きますが、洗濯タグの内容を優先させて下さい。
※自宅でのケアがご不安な場合は、お近くのクリーニング業者様へご相談下さい。
※「オムニウィンドブロック」の商品は、防水ウェアの洗濯方法を参照して下さい。



洗濯前に、破損予防のためファスナーやボタンをしっかり閉めます。フードや裾のドローコードはシワが無いよう伸ばしておきます。



洗濯機で洗う場合は、ネットに入れ、弱水流で洗って下さい。洗剤は、中性洗剤を使用して下さい。すすぎはしっかり行い、脱水してください。手洗いの場合は、たらいや浴槽にぬるま湯を張り、中性洗剤を入れ、その中で押し洗いをして下さい。
※柔軟剤成分が含まれている洗剤の使用は避けて下さい。吸湿性低下などの原因となります。
※漂白剤、蛍光増白剤が含まれているものは使用しないで下さい。
※洗剤が残っているとウェアの機能の低下に繋がりますので、すすぎはしっかりと行って下さい。
※粉洗剤を使用する場合は、水で溶かして液状にしてからお使い下さい。



直射日光の当たらない風通しのよい場所で、乾燥させて下さい。
※乾燥機の使用は、洗濯タグを確認して下さい。



【取り扱い注意】
ピリング(毛玉)について
毛玉は、着用の繰り返しや、バッグや重ね着した時の磨耗、洗濯時の摩擦によって生じる現象です。生地の表面が摩擦などの作用を受け、繊維の先端が切れ、それらが絡み合って毛玉になります。摩擦の大きな場所(脇の下や袖口など)やバックパックなどとの摩擦にも注意が必要です。特にナイロンやポリエステルなどの合成繊維は、繊維自体が強いため切れにくく毛玉になった状態で表面に残り易くなります。 洗濯より毛玉になることもありますので、固いものと一緒に洗うのは裂け、ネットに入れて弱水流で洗うようにして下さい。毛玉ができてしまったら、毛玉取り器やハサミなどで生地を傷めない様、慎重にカットして下さい。

2016/03/10


カスタマーサービス
最新情報
コロンビアについて
メールマガジン購読