ページの先頭へ戻る

WIN THE SUMMIT Project Team COLUMBIAアドベンチャーガイズエベレスト公募登山隊2016 報告会│イベントレポート

2016/06/17

先月、なすびさんの初登頂もあり、大きくニュースにもとりあげられました「WIN THE SUMMIT Project Team COLUMBIA アドベンチャーガイズエベレスト公募登山隊2016 報告会」が行われましたので、イベントのレポートをお送りします。

報告会は平日開催と言うこともあり、夜遅めの7:45から東京都渋谷で行われました。あいにくの雨模様の中、ご用意した席数がいっぱいで、途中で席を追加していくほど多くの方に集まっていただきました。

会場にはエベレストを登頂した隊員の伊藤伴さんのウェアが展示されてました。



2015年のネパール地震の被災者支援『しゃくなげの花プロジェクト』の募金箱も用意されています。



開演時間となり、隊長の近藤謙司さんの呼び込みで本日の登壇者が登場。主役達の登場に、皆さん一斉にカメラを構えます。(左から 實川欣伸さん、なすびさん、伊藤伴さん、日比野純雄さん、岡野幸恵さん、隊長の近藤謙司さん)



隊員紹介を終え、スライドショースタート。今回の報告会は、地震のため撤退を余儀なくされた昨年2015年から続くひとつのプロジェクトということで、2015年4月の写真から始まりました。



近藤隊長の軽快なトークと、芸人なすびさんの突っ込みで、会場は笑いが絶えません。



なすびさんが故郷福島への想いを語る場面も。(エベチャレ なすびの福島パワーアップ的エベレスト登頂計画



徐々に高度があがっていき、酸素が必要な場面になってくると、写真もトークもシリアス度が高まってきます。会場にも緊張感が広がります。



いよいよエベレスト山頂登頂の場面では、参加者全員が隊長の話に聞き入ります。



登壇の隊員は、全員お揃いの登頂記念のTシャツ。背中には「TESTED TOUGH AT THE SUMMIT OF EVEREST. 2016.5.19」の文字。



スライドショーが終わり、隊員一人ひとりから、それぞれのエベレストでの想いを披露。最後、近藤隊長は、言葉を詰まらせ涙を堪える場面も。。その空気に、観客もプロジェクトの厳しさを感じとります。



そんな笑いあり涙ありの登頂報告会もあっと言う間に終わりの時間を迎え、ラストはフォトセッションタイム。芸能人(なすびさんは芸能人ですが)の記者会見並みのカメラの多さです!



そんなこんなで、無事報告会は終了。お忙しい中、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。また今後開催のイベントでも、皆様のご来場をお待ちしております。

2016/06/17


カスタマーサービス
最新情報
コロンビアについて
メールマガジン購読