ページの先頭へ戻る

山の日に富士山に登ったら幸せが満ち溢れていた件│てっぺんまで来ました!山の日 富士山編

2016/08/12

みなさん#てっぺんキャンペーンご参加いただきましたか?キャンペーンは8/21までなので、まだまだチャンスはあります。てっぺんに登って、「てっぺん手ぬぐい」を掲げた写真を#てっぺんと共にツイートしてご参加ください。

標高2位の北岳の頂上で手ぬぐいを掲げるコロンビアスタッフ

さて、そんな#てっぺんキャンペーンのお手本になるためにと、先週末、標高2位の北岳に登って手ぬぐいを掲げてきたコロンビアスタッフですが、ふとこんな声が聞こえてきました。「てっぺんって1番上って事ですよね?」と。

え。。。に、二番じゃ駄目ですか・・・?


北岳から中三日、日本のてっぺん富士山へ

このてっぺん手ぬぐい、ご丁寧にも山の日の「2016年8月11日」の文字が染め抜かれています。日本のてっぺんと言えば言わずもがな富士山。迫る山の日、残る筋肉痛。で、でも行くしかないでしょう。「山の日に 掲げてきましょう てっぺん手ぬぐい」と決心し、北岳から中三日、国内標高1位の富士山に行ってまいりました。

つい4日前に北岳から拝んだ富士山に登ることに。この時は知る由もありません。

富士山頂へのルートはいくつかありますが、今回は富士宮口から登ります。富士山登山と言えばご来光が人気ですが、北岳の筋肉痛が残っていることと、山の日効果で通常より人が増えているのではという事で、夜歩くご来光登山はせずに、夜明け前に登りはじめ、昼過ぎには下山するという日帰りプランとしました。

日帰りなので、日帰り用コラボ登山計画書で、山行計画をたててみました。ちなみに、事前に十分な休息を取らず、夜通し登山する所謂「弾丸登山」は非常に危険なのでやめましょう。

早朝5時半、富士宮登山口から登り始めます。

そして、ひたすら登ります。

まだまだ登ります。

富士山は、「一度も登らぬ馬鹿に二度登る馬鹿」と評されるように、起伏の変化が少なく、景色も変わらないため、登山と言うより修行に近いものがあります。登山は楽しいものですが、その入り口として富士山を選んでしまい登山が嫌いになってしまった方の話を聞いた事がありますが、決して富士山だけが登山ではないですよ!(と言いたい。)

実際、修験者の方ともすれ違いました

そんな登山的魅力はないと言われる事もある富士山ですが、日本一の山だからこそ見ることのできる風景やイベントが色々ありました。


TV取材やプロポーズ、結婚式までも!山の日の富士山は大盛況!

山頂近くまで登っていくと、上空を何機ものヘリコプターが飛んでいました。報道ヘリのようです。私たちもテレビの取材を受けるなど、山の日という事で報道取材の方も富士山に多くいらっしゃっているようでした。

登りはじめて3時間半、つい四日前に建立された真新しい鳥居をくぐって山頂到着です。この日の早朝は冷房の効いているような快適な気温だったので、難なく登ることができました。

そして、最高地点の剣ヶ峰に着いたら、まずは今回の目的である「てっぺんまで来ました!」手ぬぐいでパチリ。無事、山の日に日本のてっぺんで、目的を達成する事ができました。

当初、剣ヶ峰は人でごった返ししていると考えていたのですが、思いのほかガラガラ。山頂の山小屋の方にお話伺ってみると、今日は人が少ないそうで、山の日は途中の小屋まで登り、翌8/12のご来光登山をされる方が多いのではとのことでした。

人が多いようであれば、北岳の時のようなてっぺん手ぬぐいをお貸ししての記念写真のお手伝いは控えようかと思いましたが、行列もないので、ご希望の方にはお貸しし、記念撮影のお手伝いをしました。

てっぺん手ぬぐいを持っていただき、シャッターを押してさしあげます。

てっぺん手ぬぐい大人気です!今日の日付も入ってますし、登頂されたみなさまに非常に喜ばれました。感謝の言葉をたくさんいただき、山の日に富士山に登って本当に良かったと思える瞬間でした。

こちらの方はコロンビアのワバシュジャケットを着用いただいていたので、コロンビアのカメラでも撮影させていただきました。富士山山頂でコロンビアユーザーの方の写真が撮れたので、今回のてっぺん山行取材の撮れ高OKとしました。

そんな事を考えながら、キリの良いところで貸し出しを終え下山しようと思ってたところ、てっぺん手ぬぐいで記念写真を撮り終えたカップルの男性が「5分ほどお時間いただいてよろしいですか?」と、山頂にいる登山客に宣言するように叫びました。 一瞬静まり、そしてざわつく登山客。男性が彼女に向き合い話しはじめ、瞬間的に顔を覆う彼女。公開プロポーズです!

日本最高峰で、人生をかけてのプロポーズ。登山客も大盛り上がり、そしてもらい泣き。プロポーズは成功し、たまたま居合わせたみんなで祝福、撮影タイムとなりました。

プロポーズし指輪をはめる彼。これ以上ない感動の瞬間です。

本当に良いものを見せていただきました。人生最高の瞬間をシェアいただけ、みんなが幸せな気持ちになりました。末永くお幸せに♪


そんな幸せな残り香を感じながら撮影を続けていましたが、しばらくすると人の流れもなくなってきたので(本当に人が少なかったです)剣ヶ峰から下り、火口の周辺をグルッとまわるお鉢巡りへ。行った事はないですが、まるで火星のような異世界観の高い眺めです。

途中の小屋で一休み。外国人観光客の方が非常に多いです。世界遺産にも登録され、世界中から注目されている場所なのだと実感しました。


小屋では、700円のカップヌードルをいただきました。山と地上では物の価値が違うんです。雲の上で食すラーメンは最高です!


しっかりエネルギーを補給した後、浅間大社奥宮まで戻ります。すると、、、今度はウェディングドレスと白タキシード!結婚式です!


それぞれの衣装は新郎、新婦自らが背負って登ってこられたそうです。 さすが富士山、さすが山の日!幸せで満ち溢れています。


またしても良いものを見せていただいたので、ご祝儀代わりにと「てっぺん手ぬぐい」をプレゼント。
せっかくなので、記念写真も撮らせていただきました。


そんなこんなで、想定外の楽しい山行となりました。
あとは、登った道を下るだけ。これが辛かった。ひたすら登ってきたので、今度はひたすら下るだけ。日も上がってきたので暑いし、砂利、砂が多く、靴に入ってきます。下りはゲーター必須です。


そして、お昼過ぎには無事下山。標高二位から中三日での標高一位登頂は、ちょっと頑張りすぎかと思いましたが、本当に行って良かったです。(結果的に高度順応ができていたのかもしれません)

さて、みなさんはどんな山の日を過ごされましたか?
てっぺん手ぬぐいを持ってる方も持っていない方も、頂上に登られて写真を撮られましたら、是非#てっぺんをつけてツイッターでその思い出をシェアしていただけたらと思います。(もちろん山の日じゃなくてもOK)

お盆休みの時期になり、長期の縦走を計画されている方もいると思いますが、しっかり準備をした安全な登山をお楽しみください。

#てっぺん キャンペーン詳細ページ

2016/08/12


カスタマーサービス
最新情報
コロンビアについて
メールマガジン購読