ページの先頭へ戻る

トレランシューズ(防水なし)のお手入れ方法│モントレイル編

2016/11/24

汚れやすいトレイルランニングシューズ。ほこりや泥をそのままにしておくと、劣化も早めてしまいます。防水タイプでないシューズでしたらお手入れも簡単ですので、トレイルを走った後はしっかりメンテナンスしましょう。


汚れを落とす前に、靴紐とインソール(中敷)を外します。靴紐は中性洗剤で洗って下さい。インソールはやわらかい布で汚れをふき取り、形を整え、日の当たらない風通しの良い場所で乾燥させて下さい。汚れがひどい場合は、中性洗剤で水洗いして下さい。靴紐は中性洗剤を使用し、手洗いしてください。
※インソールを洗う場合、やわらかいブラシで優しくこすってください。固いブラシなどで強くこすると、表生地が剥がれる恐れがあります。



靴底やラバー部分、ソールサイドなど泥汚れなど付いている場合は水洗いし、ブラシなどで泥汚れなどを落とします。ソールに詰まった小石などもドライバーなどで取り除いて下さい。



水を入れたバケツに中性洗剤を少量入れ、シューズを浸し、ブラシなどでこすり全体的に汚れを落として下さい。
※ブラシで強くこすると生地を傷めてしまいますので、優しくこすります。



汚れを落とした後は、洗剤が残らないようしっかりすすぎます。



水気をできる限り取り、形を整え、風通しのよい場所で陰干しします。タオル等で水を吸い取ると効果的です。
※クッション剤や接着部分は熱に弱いので、ドライヤーなどの熱乾燥は避けて下さい。



乾燥後、インソールと靴紐を付け直し、保管します。型崩れを防ぐため、靴紐は一番上まで通して軽く締めて下さい。
※インソールを入れる際は、曲がらないよう注意しながら入れて下さい。

2016/11/24


カスタマーサービス
最新情報
コロンビアについて
メールマガジン購読