ページの先頭へ戻る

フジロックのステージ20年目の達人に聞くフジロックの楽しみ方

2018/06/26

7月27日から苗場20回目となるフジロックが開催されます。コロンビアは今年もコラボT販売やスタッフジャケット提供などでフジロックに協賛します。
今回はあと1か月に迫ったフジロックに向けて、1999年からホワイトステージのMCを務め続け、20年分のフジロックを知り尽くしているMOBSTYLESのディレクター田原104洋さんに、フジロックの思い出やフジロックに持っていくべき装備について伺いました。

取材当日、長年フジロックで活躍したコロンビアのレインジャケットをお持ちいただきました。


ーーフジロックのホワイトステージのMCをされているとのことですが。

1999年、苗場の1回目から、ずっとやっています。


ーーホワイトステージには1日中?

(ステージの)モニターが入るまでは1日中でしたね。モニターが主流になってからは、最初と最後だけ注意事項連絡とか煽ったりとかして、あとは(一般のお客さん同様、各ステージを)観てまわってます。連絡だけとれるようにして。


ーーこれまでの19回で記憶に残る事件って何かありましたか。

一番の事件は、最初の出番の後、オアシス(飲食エリア)で飲みすぎて、自分の最後の出番を忘れちゃったことですかね。かかえられてステージに連れてかれて。でもちゃんと締めてたらしいです。全然覚えてない(笑)。

もうひとつ、Run-D.M.C.の呼び込みを英語でって言われたんだけど、英語しゃべれなくて、用意された原稿そのまま読んで、いざ呼び込もうと思ったら、Run-D.M.C.って彼らのスタッフ含めて全員同じ格好してるんですよ。 20人ぐらいいたかな、ハットにデニムベストとデニムパンツにアディダスのスニーカー。マイクを渡すにも誰がRun-D.M.C.かわからない。で、一番強そうなやつにマイク渡したらスタッフだった(笑)。

取材時着用いただいたのは、コロンビアとフジロックのコラボT2018年版

ーー今年の準備はもう始まっていますか?

2年前から「フジロックラン」を始めていて、その打ち合わせをちょうど始めた所です。これまでは走るだけだったんですけど、ステージで表彰式をやったりとか、徐々に充実させていこうって話をしてます。司会に関しては一度も打ち合わせしたことないですね。


ーーぶっつけ本番ですか?

ぶっつけです(笑)


ーーフジロックランはどれぐらいの参加者が集まるんですか?

去年は1日100人ぐらい。雨でも80人ぐらいは集まります。今年はもっと多くなるんじゃないですかね。


ーー参加者はどういったレベルの方ですか?

往復9kmの本気チームと、4kmのゆっくりチームがあるんですが、9kmの方は結構ガチな人が多いですね。めちゃくちゃ速いです。


ーーフジロックって、結構ゆるいイメージですが。深夜まで飲んで、朝は結構遅くまで寝ていたり。

(フジロックランに参加する人は)夜遅くまで飲んで、朝早く起きて走る人達。聞くと、昔からフジロックには来ていて、走りたいけど、どこ走って良いかわからない。そういった日頃から走っている人達。だから、結構ガチなランナースタイル。僕、色々なフェスで走るんですけど、大体僕の事知っていて、「田原さんと走ろう」って参加してくれる人が多くて、&MOSH(MOBSTYLESのランニングステーション・ジム)の服着ているか、バンドT着ているかって感じでユルめなんですよね。
でもフジロックランは知っている人は2~3人。フジロックオフィシャルで走るなら参加したい、どこの誰かもわからないけど、一緒に楽しみましょうって人達。参加者同士の関係がもっと深くなるよう、(表彰式などのイベントを)今年からやっていこうって話を始めたところです。

田原さんの前にあるのは、フジロックランにとオススメした、ロードも走れるトレイルランニングシューズ「ヴァリアントX.S.R.


ーートレイルランニングはされますか。

僕やったことないです。興味はあるんですけどね、一度はまったら戻ってこれない気がして(笑)。幡ヶ谷再生大学陸上部っていうのを仲間とやっているんですけど、メンバー200人ぐらいのうち30人ぐらいは山(トレラン)に行っちゃいましたね。100km走るやつとかいて。やりましょうって誘われるんですけどね。


ーーフジロックランはトレランではないんですか?

舗装路なんですよ。ゲレンデの入り口まで走るコース。ゲレンデも走れたら楽しいよねって話はしています。そしたら完全にトレランですね。


ーー日頃はどれぐらい走っていますか?

大体週4で、5~10kmぐらい走っています。


ーー昔から?

8年ぐらい前からかな。走るなんて一生やらないって思っていたんですけどね。


ーーきっかけは?

BRAHMANのメンバーが走っていて巻き込まれた(笑)。それが楽しくなって、クセになって、達成感と、あと考える時間が出来たっていうのもあります。



ーー他のスポーツもしているんですか?


キックボクシング。元々は総合格闘技やっていて、MOBSTYLESで格闘家をいっぱいサポートしていて、自分でも2000年に総合格闘技始めて。ただ、すごく寝技が嫌いで(笑)。で、友達がキックボクシングのジムを始めたのをきっかけにキックボクシングを始めて。自分のお店(&MOSH)でもパーソナルジムやっているんで、空いている時にやったりしています。


ーー今年のフジロックの見どころがあれば。

基本的には、誰かを観に行くって感じじゃないですね。流して観る。こっち15分観て、あっち15分観てって感じで、ゆるく色々なステージを観てまわります。それが一番楽しい。好きなバンドのためにそのステージに行くんじゃなくて、好きなバンドをうっすらBGM感覚で聞きながら飲むっていうのがフジロックの楽しさ。絶対、CDとは違うじゃないですか、山の独特な響き方とかね。

今年のフジロックTと、野外フェス用防水シューズとして登場したロックントレイナーシリーズ。フジロックでは砂利が靴の中に入ってしまう事もあるので、田原さんオススメはミッドカットモデル(写真左側)。


ーーフジロックの必要装備を教えていただけると。

合羽と長靴は絶対じゃないですか。苗場最初の3年ぐらいは、みんなビーサンに短パン、ビニール合羽という感じでしたけど、徐々にマウンテンパーカとかトレッキングシューズとか、アウトドアウェアが増えてきましたね。

今日持ってきたんですけど、僕のアウトドアウェアデビューってガチでコロンビアなんですよ。

このジャケットは、2003年か2004年位から、数年前まで使っていました。上下セットアップだったんですけど、下が破れても上だけずっと使っていました。カッコ良いすよね。今探してもこのデザインなくって。また作ってくださいって言っておいてください(笑)

背中や脇など随所にベンチレーションのための穴が配されています。

歴代のフジロックスタッフ用ジャケットも全てコレクション。お持ちいただいたのは2016年、20周年のスタッフジャケット。

天候の変化の激しいフジロックでは、スタッフジャケットも防水透湿機能「オムニテック」採用。

田原さん最初のフジロック用長靴もコロンビア。こちらも2003~2004年ごろ購入の物。最近は防水のトレッキングシューズを愛用。

ソールには2004年のフジロックの物と思われる土が挟まっていました。

田原104洋 プロフィール
「MOBSTYLES」ディレクター。広島県出身。京都大作戦やAIR JAM、FUJI ROCK FESTIVALなどのロックフェスでMCもこなす。
田原104洋 Instagram https://www.instagram.com/mobstyles104/  

About MOBSTYLES

取材当日にコロンビアのウェアを入れてきていただいたバッグは田原さんのブランド「MOBSTYLES」のロゴイラスト入り。格闘技やランニング用のトレーニングウェアや、チームユニフォームのデザイン・制作を中心に、格闘家のサポートも行っています。
また、代々木公園(東京都渋谷区)近くのランニングステーション・トレーニングスタジオ「&MOSH」も運営。フジロックランを始めとした数々のランイベントを企画・開催。
MOBSTYLESオフィシャルサイト http://www.mobby-mob.com/ 
&MOSHオフィシャルサイト http://www.andmosh.com/


【キャンペーン情報】#コロンビア80周年 あなた史上最高コロンビアSNS投稿キャンペーン
コロンビアは今年創業80周年をむかえます。それを記念して、コロンビアファンの皆様と80周年の振り返る #コロンビア80周年 SNSキャンペーンを開催。 皆様のお持ちのコロンビアの思い出写真を大募集!
http://www.columbiasports.co.jp/topics/feature/020168/

2018/06/26


カスタマーサービス
最新情報
コロンビアについて
メールマガジン購読