ページの先頭へ戻る

【テストランナーレポート】カルドラドIII│バージョンアップしスピードレースにも対応

2018/06/20

コロンビア モントレイルの今年の春夏の新作トレランシューズの発売にあわせて募集した「新作トレランシューズテストランナー募集」のテストランナーレポート第六弾はカルドラドIII。グリップ性、クッション性、サポート性、さらに履き心地のバランスが取れた履く人を選ばないトレイルランニングシューズのスタンダードモデルです。テストしていただいたのは、トレラン歴10年、UTMFで年代別入賞するほどの実力をお持ちの前田さんです。


こんにちは!
コロンビアモントレイルテストランナーをさせて頂く事になりました前田浩一です。

簡単に自己紹介させていただきます。
静岡県浜松市在住、現在46歳、3人の子供の父親。
35歳の時にダイエットの為にランニングを始めました。
フルマラソン自己ベスト2時間47分00秒
トレイルランニング歴約10年

比較的長い距離を得意として、ウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)には第1回大会から全て参加、最高順位38位、2015年40代5位入賞(自慢です!)
その他大会でも入賞多数
現在はランニングクラブで週一回ランニングイベントを主催しています。

トレイルランニングを始めた当時からモントレイルのシューズ(当時はコンチネンタルディバイド)を愛用しています。(たまに浮気もします笑)

UTMFでは第1回大会からモントレイルを履いて出場しています。
そして4月に行われた2018年大会では、今回テストレポートをするカルドラドⅢで参戦してきました。

私が100マイルレースでモントレイルを愛用するのはソールがしっかりとしていて突き上げが少なく、長い距離を走っても疲労が少ない、また日本人の足型にあっていて肉刺や擦れなどのトラブルが少ない為。
そしてモントレイルの持つ揺るぎない伝統と実績
100マイルを一緒に戦える私の相棒はモントレイルしかないと思っています。
前大会、前々大会でもカルドラドを使用しているので全く不安はありません。


今回、届いたカルドラドⅢを見て驚いたのは前作とは全くの別物でした。
まず持ってみると、とにかく軽い!
アッパー素材が変わっている。恐らく軽さはアッパーから来ているのでしょう。
そして格好良い!トレイルシューズにはこれが重要で、派手な黄色と相まって履くだけでテンションが上がります。

サイズは28.5cm、過去からずっとモントレイル製品は同サイズで全く問題ありません。
ロードシューズでは28.0㎝を履くことが多いですが、トレランシューズ、特にロングトレイルの場合には余裕を持って0.5㎝大きいもの選んで履いています。
実際足入れしてみると、いつも通りの包みこまれるような安心感。そしてアッパーの柔軟さが際立ちます。履き心地は大満足!

ソールパターンは従来モデルを踏襲、このソールパターンはバハダの物と比較すると、縦方向だけでは無く、横方向のグリップが良く効くように感じています。
また濡れた岩場でも躊躇なく踏み込めるのが特徴です。
グリップが効いてシューズに身を委ねることが出来るというのは本当に心強いです。


今年のUTMFでは右膝の怪我の影響もあり、途中リタイアを余儀なくされてしまいました。
本来のこのシューズが持つポテンシャルを引き出すところまで使い切れなかったのが本当に残念です。

その代わりと言っては何ですが、地元浜松、浜名湖の北に位置する湖北連峰の尉ヶ峰まで仲間たちとトレイルランニングに行ってきました。


まずは登山口までのロード区間をランニング
シューズ自体の軽さもあって、走り出しが軽い。まるでロードシューズのような感覚で扱えます。スピードアップも意のまま、レスポンス良く追従してくれます。
当然ロードもしっかりとグリップして、力をロスなくアスファルトの路面に伝えてくれます。
ロードとトレイルがミックスしたコースレイアウトにも存分に力を発揮してくれそうです。
ロードランナーの初めてのトレイルランニングシューズとしてもお勧めできます。


そしてトレイルへ突入!
もちろんここからが、このシューズの真骨頂。
しっかりとしたクッションと十分な反発力を持ったソールがトレイルを楽しませてくれます。
モントレイルの特色だと思っているのが足裏保護性能、少しばかりの鋭角な石や、木の根を踏んでも痛みは伝わってきません。また落ち葉の上や、岩場でもしっかりとグリップしてくれるので、下りでも思いっきり突っ込むことが出来ます。爪先もしっかり保護されているので、多少なら石や木の根にぶつけてもほとんどダメージは残りません。
やっぱり下りがトレイルランニングの最大の醍醐味、安心できるシューズを選びたいですよね。


カルドラドⅢ、今回履いてみて前作よりも大幅に洗練されていると感じました。
今までのカルドラドは安定性重視、どちらかというと長い距離向けというイメージで、スピードレースにはあまり向いていない感じでしたが、今回アッパー素材の見直し等で大幅に軽量化され、スピードレースにも十分対応できるシューズに仕上がっています。

また、これからトレイルランニングを始めようとする初心者から上級者まで、気兼ねなく安心して使えるシューズ。
自分は低山ハイクから夏場のアルプス山行も全てモントレイルのトレイルランニングシューズを愛用しています。
リニューアルされたアッパー素材の耐久性が少し心配でしたが、今のところは全く問題が起こりそうにありません。

カルドラドⅢ、当面の間、最高の相棒として楽しませて貰えそうです!



今回、レポートいただいたカルドラドIIIはコチラ→【コロンビア モントレイル公式オンラインストア】カルドラドIII

2018/06/20