1938-60's 1960's-70's 1980's-90's Now&Future Story

コロンビアは存続の危機に直面します。

コロンビアの代表的な製品、マルチポケットフィッシングベストを開発してから4年。これからビジネスが軌道に乗ろうという時期に、創始者ポール・ラムフロムが逝去。そして社長を引き継いだガート・ボイルの夫ニールもまた1970年に47才にして急逝。

ガートの元に残されたのは3人の子どもと多額の借金でした。彼女はコロンビアを売却することを決心します。

しかし、会社に対する評価は驚くほど低く、提示された最高額でも負債を返済するには至りません。ガートはここで決意を新たにし、まだ大学4年生だった息子ティム・ボイルとともに、コロンビア再建の道を歩み始めました。

彼女が目指したのは、細々と家業を続けることではなく、亡き夫ニールが志半ばにして遂げられなかった拡大戦略を引き継ぎ、それを成功させることでした。過酷な再建の日々。しかしコロンビアは確かな製品づくりを着実に行い、ビジネスの基盤を築き上げていきました。