• Columbia
  • MOUNTAIN HARD WEAR
  • montrail
  • SOREL

レインウェアに欠かせない防水透湿性。でもそれだけじゃないレインウェアを選ぶポイント│インサイドコロンビア Vol.2

2016/04/20

コロンビアジャパンに入社したてのコロンビア初心者が、先輩社員からコロンビアの裏側を教えてもらう『インサイドColumbia』第2弾レインウェア編です。第1弾「目立ち度マックス!PFGって知ってる?」もチェックしてね。

新学期、新年度も始まり、アウトドア遊びの気持ち良い季節になってきました。冬場はインドア派な方もそろそろ山やキャンプを考えはじめる時期ではないでしょうか。そんなアウトドア遊びにおさえておきたいアイテムと言えば、悪天候への備えと言う意味でももちろん、アウトドアで避けられない汚れ対策にも役立つレインウェア。今回は、コロンビアのウェアのデザイン・商品開発を行っている岩瀬さんにレインウェアと、レインウェアに欠かせない素材についてのお話を伺いました。

―岩瀬さんはコロンビアの商品開発、デザインにはいつごろから携わっているのですか?
コロンビアジャパンが出来る前※、コロンビアのディストリビューター(販売代理店)をしている会社にはいった1993年からです。僕よりコロンビア歴が長い人はいないんじゃないかな(笑)。会社より古いからね。ちょうどコロンビアの日本仕様の商品をはじめるというタイミングで、最初にやったのがレインウェアでしたね。(※Columbia Sportswear Japan:1997年設立)

1993年のコロンビアのカタログに掲載されているレインウェア。

―という事は20年以上レインウェアの開発に携われているのですね?
そうですね。山にはよく登っていて、昔は多いときには年間50日以上山で過ごしていたので、自分で設計したレインウェアを自分で試し、改良を重ねています。

―早速、レインウェアについて伺いたいのですが、コロンビアのレインウェアによくついている「オムニテック」って何なんですか?
いわゆる防水透湿機能の事です。外からの雨を防ぎ、内側の湿気(汗)を外に出して、不快なムレを抑えるレインウェアには欠かせない機能です。

―防水透湿といえば、ゴアテックスが有名ですよね。
そうですね。コロンビアもかつてはゴアテックスを採用したレインウェアを作っていました。ただ、他社の技術を借りてしまうと、使用料が製品に乗ってしまうので、(価格が)高くなってしまう。少しでも価格を抑えて提供するために、コロンビア独自に開発した防水透湿技術がオムニテックです。

―そもそも防水透湿技術って、どういう仕組みなんですか?
(防水は難しくないので)いかにウェアの内側の湿気を外に出すかの「透湿」が技術のキモです。透湿機能をはたすのは、ウェアの内面のメンブレンと呼ばれる皮膜です。メンブレンには、細かな孔(あな)の空いた「多孔質メンブレン」と、孔のない「無孔質メンブレン」の2種類あります。多孔質メンブレンは水蒸気を通すので、快適性という点では多孔質メンブレンの方が優れてます。オムニテックはこの多孔質メンブレンです。

―多孔質のデメリットはありますか。
無孔質メンブレンは、シート状のメンブレンをウェア素材に貼るので、どんな素材にも使えます。一方、多孔質メンブレンは、液状のメンブレン原料をウェア素材に塗るので、柔らかい布素材なんかだと、素材にメンブレンが染み込んでしまって重くなってしまうので、柔らかさや軽さを追求する製品には向いてなかったりしますね。

あと、どれだけ透湿性があるか計測する方法が、多孔質と無孔質で違います。多孔質は水蒸気を通すので、空気中の水蒸気を何グラム通すかという計測方法なんですが、無孔質は水蒸気を通さないので、水(液体)で計測します。

注意すべきなのは、無孔質の計測方法だと水分を通しただけでなく、メンブレンが吸った水の量も効果としてカウントします。だから同じ素材でも無孔質の計測方法の方が、数値が高く出がちなので、透湿性の数字をそのまま信じちゃ駄目なんです。防水透湿性を比較する時は、多孔質か無孔質かで数値は単純比較できないというのを知っておいた方が良いですね。

岩瀬さん撮影写真:2010年1月のアーベントロート(夕日に染まった)槍ヶ岳(3,185m)。穂高連峰、涸沢岳(3,110m)より撮影。

―年間50日以上山に行かれる事もあるとの事ですが、ご自身では現在どういった視点でレインウェアを選ばれていますか?
防水透湿素材の話をしていたところで、話の骨を折っちゃいますけど(笑)、レインウェアは素材も大事ですが、ベンチレーション(換気)が大切です。ベンチレーション機能がしっかりあれば、防水透湿性がそこそこでも、湿気は抜けますからね。だから、レインウェアを選ぶ際には、ベンチレーションをチェックすべきですね。

―今シーズンのオススメレインウェアは?
マウンテンズアーコーリング(マウンテンズアーコーリングIIジャケット)ですね。これに体の側面部分のベンチレーションが付いてれば、アルパインにも使えて個人的には完璧なんですが(笑)。体側面の部分にベンチレーションをいれるのは裁縫工程が多くなってしまい、製品価格が跳ね上がってしまう。だから、冬山などのハードな登山を想定していない春夏モデルには、側面のベンチレーションはいれず、ポケット内側にベンチレーションをつけたモデルが多いですね。

マウンテンズアーコーリングもポケット内側にベンチレーションをつけてます。ポケット兼用ベンチレーションだと、(夏山は暑いので)皆さんポケットを全開にして歩くんですよ。そうすると、雨がウェアの内側に入ってしまって、そもそものレインウェアの機能を果たせなくなります。これでは本末転倒なので、マウンテンズアーコーリングのベンチレーションは、雨がはいらないよう、ポケットの一番奥に(ポケットを開けたままでもウェアの内側に雨が入らないよう)設計しています。

ポケットの内側の一番奥に細くベンチレーションが配されており、雨止めのヒダが手前についている。

また、ポケットに入った雨が換気穴に流れていかないよう、口の手前にレインガーター(雨止めのヒダ)をつけています。そこを伝ってポケット内側の下に落ちたら、今度はウェア中央に開けた水抜き用の穴に向けて流れるよう、ゆるやかなカーブに縫製しています。

ポケットに入った雨が、ウェア中央の水抜き用穴(指差し箇所)につたうよう、ポケット底は穴に向けてゆるやかなカーブに裁縫されている。

爪先が見えているのが、ポケット底面の水抜き用の穴。

―すごい!そんな細かい工夫までは気づきませんでした。
他にも、止水ファスナーの内側に雨止めをつけるなど細かな工夫をしています。最近の登山は、クライミングヘルメットが推奨されていますから、フードはヘルメットのままでも被れる大きめの設計にするなど、時代にあわせた設計もしています。

フードはクライミングヘルメットを被ったままでも使える大きめの設計。

レインウェアを選ぶ際は、そういったディテールまで見て選んで欲しいですね。その上でマウンテンズアーコーリングを選んでください(笑)。春夏のレインウェアの中では一番良くできてるんじゃないかな。安いアイテムではないので、ディテールまでじっくり見比べてもらって、検討してくれたらなと思います。

マウンテンズアーコーリングIIジャケット詳細ページはこちら    女性用はマウンテンズアーコーリングIIウィメンズジャケット

岩瀬英祐
'93年にディストリビューターであったハワードに入社。入社した'93よりコロンビアの日本企画がスタートし、初年度から開発に関わり、レインウェア、アウタージャケット、フリースジャケット、クライミングパンツ等のアイテムを中心に開発。'97年に日本駐在事務所が設立した時点でハワードから移籍。後、同年6月に日本法人設立し、そのまま企画開発を担当する。プライベートでは、山と山岳写真、ダウンヒル(MTB)からアート鑑賞まで幅広い趣味を持ち、特に山歴は30年に及び、愛用の中判カメラ「ハンザフィールド69II」を担ぎ、より理想とする写真を求めてクライミングルートや厳冬期の八ヶ岳南部、北アルプス南部を登っている。

2016/04/20

CSJmagazineトップページ

公式サイト

Columbia Sportswear Japan Webサイト
1938年の創業以来、常にオリジナリティが高くイノベーティブなアウトドアウェアを提供し続けています。
MOUNTAIN HARDWEAR Webサイト
ウェア・テント・寝袋をはじめとする、極地遠征や高所登山に対応するクオリティ高い製品をラインアップしています。
montrail Webサイト
トレイルランニングに最適なハイクオリティ & ハイパフォーマンスシューズを開発するフットウェアブランドです。
SOREL Webサイト
1908年にカナダで生まれたウィンターブーツの代名詞、ソレル。