• Columbia
  • MOUNTAIN HARD WEAR
  • montrail
  • SOREL

防水トレランシューズ(アウトドライなど)のお手入れ方法│モントレイル編

2016/11/30

防水素材のトレランシューズ。丸洗いはできませんが、お手入れ方法はそれほど難しくはありません。汚れを落とし、撥水を回復させれば、水を弾いて、汚れも付着しにくくなります。次回のランを快適に走るためにも、定期的にケアをしましょう。
※防水素材:アウトドライ、オムニテック、ゴアテックスなどの防水メンブレンを使ったもの


汚れを落とす前に、靴紐とインソール(中敷)を外します。靴紐は中性洗剤で洗って下さい。インソールはやわらかい布で汚れをふき取り、形を整え、日の当たらない風通しの良い場所で乾燥させて下さい。汚れがひどい場合は、中性洗剤で水洗いして下さい。靴紐は中性洗剤を使用し、手洗いしてください。
※インソールを洗う場合、やわらかいブラシで優しくこすってください。固いブラシなどで強くこすると、表生地が剥がれる恐れがあります。



シューズの内側に水が入らないよう注意しながら、靴底やラバー部分、ソールサイドなど泥汚れなど付いている場合は水洗いし、ブラシなどで泥汚れなどを落とします。ソールに詰まった小石などもドライバーなどで取り除いて下さい。
※防水シューズの場合、内側の水洗いはできません。内側を濡らさないよう注意して下さい。



アッパーは水を絞ったタオルで汚れを拭き取ります。



汚れがひどい場合は、内側に水が入らないよう注意しながら水洗いをします。洗剤を使用する場合は、中性洗剤を薄めて使用して下さい。
※ブラシで強くこすると生地を傷めてしまいますので、優しくこすります。
※タオル等を詰めながらすると水が中に入りにくくなります。



汚れを落とした後は、洗剤が残らないようしっかりと洗い流します。この時も内側に水が入らないよう注意しましょう。



内側は、水を絞ったタオルで汚れを拭き取って下さい。臭いが気になる場合は、市販の消臭スプレーなどをお使い下さい。
※消臭スプレーの使用説明・指示に従って下さい。



形を整え、風通しのよい場所で陰干しします。タオル等で水を吸い取ると効果的です。
※クッション剤や接着部分は熱に弱いので、ドライヤーなどの熱乾燥は避けて下さい。



乾燥後、インソールと靴紐を付け直し、保管します。型崩れを防ぐため、靴紐は一番上まで軽く締めて下さい。
撥水スプレーで撥水効果を回復させて上げると、水滴も良く弾き、汚れも付着しにくくなります。
※インソールを入れる際は、曲がらないよう注意しながら入れて下さい。



2016/11/30

CSJmagazineトップページ

公式サイト

Columbia Sportswear Japan Webサイト
1938年の創業以来、常にオリジナリティが高くイノベーティブなアウトドアウェアを提供し続けています。
MOUNTAIN HARDWEAR Webサイト
ウェア・テント・寝袋をはじめとする、極地遠征や高所登山に対応するクオリティ高い製品をラインアップしています。
montrail Webサイト
トレイルランニングに最適なハイクオリティ & ハイパフォーマンスシューズを開発するフットウェアブランドです。
SOREL Webサイト
1908年にカナダで生まれたウィンターブーツの代名詞、ソレル。