• Columbia
  • MOUNTAIN HARD WEAR
  • montrail
  • SOREL

Discover Columbia Sportswear Vol.3 エクスポージャーズジャケット編 by TRANSIT

2016/12/20

樹木を模した“リアルツリー柄”である2着のジャケット。
狩猟と釣り、ジャンルも時代も異なる両者から、コロンビアの挑戦を探る。
(photography=RUI YAMAZAKI/text=TRANSIT)

 狩猟の本場アメリカで展開されているハンティングジャケット「Quad Parka」。発売当時のハンターから高い支持を集めたのは、ハンティングに欠かせないカモフラージュ柄をうまく再現したリアルツリー模様。保護の役割を果たすフードや機能的なポケットなど、細部まで“現場”が意識されたつくりであったことはいうまでもない。特殊な状況下をフィールドとする狩猟の場では、専門的な機能や性能に長けたウェアが、パフォーマンスを左右するのである。
 コロンビアの製品は、こういった機能性の探求に捧げられてきた。発端は現会長であるガート・ボイルが釣り好きの夫のために完成させたベストに遡る。手作りで仕上げたそれは、ツールが収納できる大小のポケットを設けたもの。当時のベストにはないその画期的な機能は業界に影響を与え、フィッシングベストの原型となったのだ。

狩猟がスポーツとして定着するアメリカならではの商品。着脱可能なインナーが付属する「インターチェンジシステム」を採用している。
1 .スタンドカラーと大きなフードは裏地がフリース、かつ中綿入りでタフな質感。
2 .ジッパーからのすきま風を防ぐフルレングスのフラップ。
3 .薬莢はポケット内部にも装備。サイドはオープンポケットになっており、裏地のフリースで冷えた手を温められる。

“Quad Parkaを買え。彼らのように。”羽の色でカモフラージュする鳥たちに倣えと語る、ユーモラスな広告(1989年)

 時を経て2016年、コロンビアはハンティングジャケットのリアルツリー柄を新たなジャケットで生まれ変わらせた。フィッシングに特化した「PFG(Performance Fishing Gear)」のラインであるこの一着にも、当時と同じく妥協のない技術が集結。立体裁断や伸縮性で動きやすい設計に加え、オムニテックやオムニヒートなど最新テクノロジーを駆使した独自開発の素材を組み合わせることで、より幅広い状況下での高いパフォーマンスを約束している。
 近年はプロとの共同開発やモニタリングを積極的に行い、実践を考慮したさらなるディテールづくりのステージへ。“用途に最適な機能を落とし込む”。コロンビアのアウトドアに対する情熱と追求は、現在も製品とともに進化しつづけている。

幹・枝・葉を3次元で配置。硬派なカラーリングで街着としても馴染む。
1 .サイドジッパーで首回りを拡張できる。ジッパーは縫い目に防水テープを貼り込んだアクアガード仕様。
2.袖口からの水の浸入を抑えるインナーカフ。
3.裏地に独自開発のオムニヒート生地を使用。身体の熱を反射してウェア内の温かさを保つ。
Ex Posures III Jacket(エクスポージャーズIIIジャケット)¥35,000(+tax)

フィッシングに特化したPFG製品のロゴ。どれも基本的な性能が高いため、アウトドア全般のシーンで活用できる。



当記事はトラベルカルチャー雑誌 TRANSIT (トランジット)34号に掲載された記事を転載したものです。 

TRANSITは、世界(国内・国外)の美しい風景や文化、 暮らしを“旅”を通して紹介するトラベルカルチャー誌。 世界を彩るあらゆる価値観や文化に触れ、 美しい写真と文章で、その土地の空気感や 人々の姿を伝えています。
TRANSIT公式サイト


2016/12/20

CSJmagazineトップページ

公式サイト

Columbia Sportswear Japan Webサイト
1938年の創業以来、常にオリジナリティが高くイノベーティブなアウトドアウェアを提供し続けています。
MOUNTAIN HARDWEAR Webサイト
ウェア・テント・寝袋をはじめとする、極地遠征や高所登山に対応するクオリティ高い製品をラインアップしています。
montrail Webサイト
トレイルランニングに最適なハイクオリティ & ハイパフォーマンスシューズを開発するフットウェアブランドです。
SOREL Webサイト
1908年にカナダで生まれたウィンターブーツの代名詞、ソレル。