• Columbia
  • MOUNTAIN HARD WEAR
  • montrail
  • SOREL

ロッククライマーの日常│八ヶ岳・赤岳主稜│Rock & Snow 077秋号より

2017/09/15

ヒマラヤからパタゴニアまで、ビッグウォールクライミングで活躍する長門敬明さん。
ふだん国内ではどんな山行をして、どんな行動をしているのか。
赤岳主稜のトレーニング山行に同行して、見えてきた答え。

モデル=長門敬明 写真=中島健郎 文=大石明弘
※当記事は雑誌「Rock & Snow 077秋号」(山と渓谷社)に掲載された記事の転載になります。


しなやかさと耐久性が、スピーディな行動をアシストしてくれる

海外での実績も、こうした日々のトレーニングの積み重ねで培われていく

もろい岩質の壁のなかでラインを読む長門

スピーディな登攀は、激しい動きに追従してくれるウェアがあってこそ


冬のアルパインクライミングで求められるものとは。

 冬のアルパインルートとしてポピュラーな赤岳西壁主稜。この八ヶ岳最高峰に突き上げる岩稜は、岩にアイゼンの跡が無数に刻まれ、ラインは一目瞭然だった。そんな「弱点」に脇目も振らず、長門はわざと傾斜の強い「強点」を登っていた。吸い込まれそうな深い蒼空に向かって、赤とグレーのウェアを着た長門の姿が小さくなっていく――。
 ダッドメイン東壁、デナリ南東壁などのミックス壁から、ヨセミテやパタゴニアなどの花崗岩まで多様な登攀を行なう彼だが、ウェアは一貫してマウンテンハードウェア(MHW)のものである。その理由はシンプルだ。「耐久性があるから」 MHWの設立は1993年。当時はアウトドア業界で軽量化がブームになりはじめたころで、メーカーはグラム単位を競って製品の軽量化を推し進めていた。しかし、ウェア、テント、ザックなどさまざまな登山用具を開発するMHWが「最軽量」を目指したことはなかった。長門は言う。「軽さはもちろん重要。でも一番は壊れない強度があること」
 確かにそうだ。辺地の壁で、ウェアが破れるということが何を意味するかは、想像に難くない。
 今回彼が着ていたサイクロンジャケットは、そのMHWを象徴するような商品だ。ポーラテックネオシェルの表地はソフトシェルのような弾力があり、岩角に引っかけたときなどは、この性質がショックを吸収して裂けにくい。正規のラインから外れた凹角に入り込み、ワイドクラックの技術を駆使し、体を岩に押し付けながら登っていた長門が呟く。「やっぱり耐久力、高いな」
 僻地のビッグウォールをフリーで登る長門のワイドクラック技術は安定感があった。その技術を生かせるのは、弾力があり、分厚いこのウェアがあってこそ。厚手の作りはむろん、防寒性も高めている。「これは悪天の3000mの稜線でも安心感がありそうですね」
 まさに「サイクロン」という名前どおりの製品だ。
 トレーニング山行として割り切っている長門は、手で持てる岩もわざとドライツーリングで登った。その滑らかさは研鑽された技術に加え、立体裁断が施された動きやすいウェアを着ているということもあるだろう。フォローの私はビレイ点で言った。「登るの、さすがに速いね」。すると長門はこう返してきた。「いや、速さよりも誰も登ったことがないラインから登ることのほうが大事」
 この夏、長門はヒマラヤ・K7WEST(6615m)にSUN PATCH SPUR(Ⅵ)を拓いた。高峰に美しいラインを引き続ける長門。そしてMHWは、彼の強いモチベーションを包み続ける。

どこを登るか。自分たちでラインを選ぶ

正面が目指す赤岳。主稜は中央のピーク(北峰)に詰め上げる岩稜

Cyclone Jacket(サイクロンジャケット)
6万6960円(税込)
カラー:3色
サイズ:S・M・L・XL

Cyclone Pant(サイクロンパンツ)
5万7240円(税込)
カラー:2色
サイズ:S・M・L・XL


もうひとつの選択肢

テクニカルな登攀には、より軽くしなやかなスーパーフォーマジャケットが活躍

速く軽やかに駆け抜ける
「悪天の3000mの稜線」にも対応する堅牢なサイクロンジャケットは、中級山岳ではオーバースペックに感じるときも。そのため長門は、普段の山行にスーパーフォーマジャケットを使用することが多い。
 このジャケットは20デニールの軽量なナイロン生地の間に「ドライQエリート」を採用した3層構造。MHWが独自に開発した「ドライQエリート」は「着た瞬間からはじまる防水透湿性」と謳われるほど透湿性が高い。この性質により、深いラッセルを強いられる斜面や、ハードなムーブが求められるミックス壁でも、体を蒸らさずに登り続けることができるだろう。
  縦、横の双方に伸びる4ウェイストレッチ素材も部分的に使われ、動きやすさは抜群。またシーム(縫い目)も完全にシーリングされた防水構造のため、雨が降る可能性のある中級山岳に適したウェアだ。
  冬の週末は、イメージした急峻なラインをこのウェアで、軽快に登りたい。

メカニカルストレッチ素材を使用したスーパーフォーマパンツ。高い伸縮性が大胆な登攀を支える

Superforma Jacket(スーパーフォーマジャケット)
5万1840円(税込)
カラー:3色
サイズ:S・M・L・XL

Superforma Pant(スーパーフォーマパンツ)
4万2120円(税込)
カラー:3色
サイズ:S・M・L・XL

ながと・たかあき
1979年生まれ。フリー、アルパイン、ビッグウォール、高所とオールラウンドに活動し、さまざまな壁にラインを引き続けるクライマー。近年はフリーの能力を生かし、辺境の岩壁で新ルートを拓く。国内でのトレーニングはフリーが中心だが、ときおりアルパインエリアにも赴く。


マウンテンハードウェアではInstagramフォトコンテストを開催!(9/30まで)

2017/09/15

CSJmagazineトップページ

公式サイト

Columbia Sportswear Japan Webサイト
1938年の創業以来、常にオリジナリティが高くイノベーティブなアウトドアウェアを提供し続けています。
MOUNTAIN HARDWEAR Webサイト
ウェア・テント・寝袋をはじめとする、極地遠征や高所登山に対応するクオリティ高い製品をラインアップしています。
montrail Webサイト
トレイルランニングに最適なハイクオリティ & ハイパフォーマンスシューズを開発するフットウェアブランドです。
SOREL Webサイト
1908年にカナダで生まれたウィンターブーツの代名詞、ソレル。