最新情報

北八ヶ岳 スノーシューハイキングイベント

日程:
2015.2.21
投稿日:
2015.03.13

2月下旬の雪深い北八ヶ岳をスノーシューで満喫してきました。天候に恵まれ、山頂からは中央アルプスや北アルプスが一望できました。


レポート by Y.O

ガイドは木風舎の橋谷さん。

今回のガイドはおなじみ、自然学校(アウトドアスクール)木風舎の代表・橋谷さんにお願いしました。

標高2,233mのロープウェイ山頂駅に到着!

八王子駅に集合し約3時間。ピラタス蓼科ロープウェアで一気に白銀の世界の標高2,233mへ到着。この日は快晴で気温も高く、絶好のスノーシュー日和。 まずは、みんなでしっかりと準備体操。

スノーシューで歩く練習!

スノーシューハイキングとは、雪上を歩く道具「スノーシュー」を靴に装着し雪原や雪山を景色を楽しみながら歩くこと。
スノーシューで歩くのはちょっとしたコツがいるものの、激しく動く他のスポーツに比べて、老若男女子どもから大人まで楽しめます。
最初は、ガイドの橋谷さんによるスノーシューの歩き方講座から。進み方、後退の仕方などをしっかりと教わります。

スノーシューを履いていよいよスタート。

山靴とは違うスノーシューの感触や雪の感触を確かめて歩きます。新雪の上を歩くのは本当に気持ちがいい!
でも、新雪を味わい道をそれると穴にはまり、腰まで埋まってしまう場合があるので注意が必要です。

スノーシューは簡単!

スノーシューはとても簡単に楽しめるスノーアクティビティです。しばらく歩くとみなさん慣れてきた様子。余裕のある笑顔でカメラにこたえてくれました。

縞枯山(しまがれやま)山頂/茶臼山(ちゃうすやま)山頂。

急な上り坂を上ると、そこにはご褒美のような絶景がお待ちかね。遠くの中央アルプスや北アルプスが見渡せ、疲れが一気に吹き飛びました。

動物の足跡発見!!

雪上に動物の足跡発見!橋谷さんによる足跡の説明にみなさん興味津々。こちらの足跡の主はウサギだそうです。

きつい登りも、下りはらくらく。

息を切らせて登ってきた道も、下りは滑り台のようにお尻で滑って戻ります。意外とスピードが出て楽しかったです。

楽しい時間はあっという間。

穏やかな天候で楽しくスノーシューを体験して頂くことができました。動物の足跡や雪が太陽の光に照らされ虹色に輝く景色など、雪上でしか味わえないことが沢山あります。気軽に楽しめるスノーアクティビティとして、スノーシューはおすすめです!

その他のレポート写真
ハイキングコースは平坦な道あり、急な上り坂ありで変化に富んだコースでした。
雪を踏みしめる音がなんとも心地良いです。
急な下りは、滑り台に乗った気分で滑り降ります。
お尻で滑ると意外とスピード出るんです。
雪がほわほわです。
イベントの終盤、陽が傾き影が伸びてきました。表情が変わっていく雪景色を、最後まで楽しみました。

こんな記事も読まれています

Columbia トップページに戻る