最新情報

ロングトレイル体験
in スノーカントリートレイル (1泊2日)

日程:
2012.10.06 ~ 2012.10.07
投稿日:
2012.11.12

10月6日(土)から1泊2日で新潟県南魚沼市から群馬県みなかみ町をつなぐ清水街道、スノーカントリートレイルを歩くロングトレイルツアーの様子をレポート。

ゆるやかにスタート

ガイドさんが用意してくれた地図で行程を確認してからスタート。明治時代に人馬を通す目的で整備された古道清水街道。紅葉が始まりかけた山腹をピークハントをせず小さな沢を何度も渡りながら、緩やかな起伏を進みます。

気持良い見晴らしを楽しみながら

写真のどこに私たちが写っているかわかりますか?豪雪地帯では標高が低くても、背の高い木が生えていないのでとっても見晴らしがいいです。

清水峠に到着

清水峠に到着したところで、1日目の昼食をいただきました。豪雪地帯では標高が低くても、背の高い木が生えてません。晴れていたらさらに絶景だったろうな・・。

蓬峠で癒しの夕食

キャンプ地の蓬峠。ツアー当日は今年一番の混み合いでヒュッテの管理人も驚くほどでした。ヒュッテ脇のベンチを借りてみんなで夕食。ガイドのお二人が担ぎあげたビールで乾杯。渇きと疲れをいやしてくれるこの一杯は最高のご褒美!?

幻想的なブナの森

2日目は雨が降ったり止んだりするなかを、みなかみ方面に緩やかに下り、初日に続いて大小の沢を渡りながら進みます。うっすらとガスに包まれたブナの森は幻想的。ロープを使って通過する所も、ガイドのサポートがあったので安心。

記念撮影は谷川岳一ノ倉沢をバックに

谷川岳一ノ倉沢をバックに記念撮影。達成感のあるメンバーの笑顔が何より素適な思い出になりました。

その他のレポート写真
現在地の確認や進行方向の決め方を教わりました。
 小さな沢を何度も渡りながら進みます。
峠から望む山々や、キャンプ地までの行程を再確認。
冬は豪雪地帯になるエリア。高い木がありません。
始まりかけの紅葉とたなびく雲がまるで日本画のよう。
旧国道の面影が残る石垣の跡。わかりますか?
ゴール間近には、谷川岳一ノ倉沢を望みます。

こんな記事も読まれています

Columbia トップページに戻る