ウェア類

ウェア

必要度 アイテム テクノロジー 用途/目的 備考
マスト レインウェア上下 オムニテック 雨、防寒・暴風対応の予備
マスト メインダウンジャケット オムニヒート/オムニシールド 防寒・山頂アタック用 効果抜群。フード付きを選べばなお良かった。
マスト サブダウンジャケット オムニシールド 防寒・山頂アタック用山頂アタック時寒い場合の予備 パッカブルで使い勝手が良く、活躍。標高高い所でのメインアウター。山頂アタック時も着た。(フードがある為、顔への防風対策)
マスト フリース上下 高所での山小屋服と山頂アタック時のミドルレイヤー 効果抜群。パンツも短めの丈でアウターパンツと干渉せずに使いやすかった。肉厚で安心感のあるフリースだった
マスト 山シャツ オムニシールド/オムニシェイド 日差し避けと軽い雨(標高低い所用) 低所~高所手前までメインアウターとして活躍。紫外線ブロック効果も実感でき、撥水効果も体感できた。襟が立てられ、首周りの日避け対応も楽にできる。 普段バンダナを使用して日避けとしていたが、歩くとずれるので、シャツの方が良いと実感。
マスト Tシャツ オムニウィック 吸湿速乾 オムニウィック搭載のモデルを数枚用意。汗が染みないのでマスト。乾きも早い。
普通の綿シャツはやめた方が良いと思う。
マスト アンダーウェア オムニヒート/オムニウィック 防寒、吸湿速乾 山頂アタック用 山頂アタック時使用。保温効果が体感できた。
あれば便利 トレッキング用ショートパンツ オムニシールド 低所での行動用 今年愛用しているストレッチの効いたショートパンツ。低所でスパッツと合わせて着用した。
ロングパンツよりも風通りが良いので、涼しい。
但し、ほこりの浸入や怪我はしやすくなる
マスト 中綿入りロングパンツ オムニヒート/オムニシールド 山頂アタック用 効果抜群。インナータイツ、フリースパンツとの組み合わせで寒さは全く感じなかった。

シューズ

必要度 アイテム 用途/目的 備考
必要 トレラン用ローカット 全行程 登山道は歩きやすく、整備されているので、トレランシューズで特に問題なかった。
必要 登山ブーツ 全行程 山頂アタック用のブーツ

ザック

必要度 アイテム テクノロジー 用途/目的 備考
必要 ポーター預け用45L 行動食、水以外の装備品収納用 ポーターに預ける用なので、行動時は背負わなかった。
45Lモデルを使用したが、若干容量が足りず、雨蓋を可変して容量を稼いだ。雨蓋可変タイプはお勧め。
マスト 行動時用22L オムニシールド 行動食、水、雨具、カメラなど 軽い雨ならレインカバーの必要がないオムニシールド搭載モデルを選択。背面に隙間があるので汗が蒸れずに快適だった。

帽子

必要度 アイテム テクノロジー 用途/目的 備考
あれば便利 行動時用帽子 通常時用 メインで使用。普通のニット帽子。たまにヘアバンドを使用。
マスト 山頂アタック時用 オムニヒート 山頂アタック用、耳が隠れるニット帽 肉厚のオムニヒート搭載モデル、耳も隠れるのは絶対条件。
あれば便利 防水ハット オムニテック 雨避け、日避け 雨対応で用意。

その他

必要度 アイテム 用途/目的 備考
必要 時計 時間確認用
マスト グローブ 通常時用 通常時の使用に加え、山頂アタック時のインナーグローブとして必ず必要
マスト オーバーグローブ 山頂アタック時用オーバーグローブ 山頂アタック時に必ず必要。凍傷防止。
マスト トレッキングポール 歩行時のサポート 軽量ではないが、内蔵スプリングのクッション性があるので、使用感が良い。高所歩行時の身体の安定性も増す為、マスト。
あれば便利 バンダナ 日避け 首に巻いて日避けに使用。
あれば便利 手ぬぐい 手吹き、汗ふき 手吹き、汗ふき、緊急時の応急処置
あれば便利 タオル 汗ふき、登頂時のバナー 汗ふき、登頂時のバナー
あれば便利 寝袋 睡眠時 グースダウンの寒冷地用タイプを使用
あれば便利 マット シュラフ使用時のシート、枕や座布団としても利用 装備を軽くしたいので発泡マットを使用。クッション性も良く、問題なかった。
マスト サングラス 日避け、まぶしい所での視認性UP 偏光レンズサングラス。ファッションサングラスと比べ、視界がクリアーになるので偏光がお勧め。
日差しがとても強いので必ず必要。

食べ物、備品類

行動食

アイテム 実際に持っていった、使った感想
柿ピー 柿ピーとビーフジャーキーは混合
ビーフジャーキー
ドライフルーツ ドライフルーツとベジタブルは混合
ドライベジタブル

飲料系

アイテム 実際に持っていった、使った感想
粉末飲料 水が味気ないので入れた(アクエリアス粉末)
アミノ酸 効果がある様に感じた(気持ちの問題)
味噌汁 日本食が恋しくなった時に
ガム 口が寂しい時に

飲食入れ物

アイテム 実際に持っていった、使った感想
テルモス 山頂付近は水が凍るので魔法瓶はマスト
ハイドレーション 手が空くので非常に便利。
予備ボトル 使わなかったが、予備として必要

電化製品

アイテム 実際に持っていった、使った感想
デジカメ 砂や破損対策としてケースがあればなお良い
スマホ 撮影予備
iPod 使用しなかった
キンドル 暇な時間が結構あるので必要
バッテリー 充電ポートが2個あるタイプは便利だった
サブバッテリー 使用しなかった
変換プラグ これが無いとホテルで充電できない
ヘッドライト 明るさの調節が出来るタイプが良い
サブライト 夜トイレなど行くときに
予備電池 ヘッドライトの電池切れは危険につながるので必ず予備が必要

薬系

アイテム 実際に持っていった、使った感想
ダイアモックス 事前に処方箋が必要 副作用があるが、高山病の症状軽減に役立った
マラリア予防薬 事前に処方箋が必要
正露丸 現地の薬は使用できない。現地での飲み水も川の水を煮沸しただけなので、お腹を下しやすいのであると助かる。
頭痛薬 現地の薬は使用できない
風薬薬 現地の薬は使用できない
痛み止め
虫よけスプレー 虫さされ防止
蚊取り線香(煙の少ないタイプ) ホテルや山小屋で使用

AID

アイテム 実際に持っていった、使った感想
絆創膏 足にマメが出来たときなどにも有効
消毒薬 消毒用
テーピング 軽い捻挫や関節痛、マメの保護にも利用可能
万能ナイフ 物を切ったり、穴をあけたりするツール
針と糸 服の破れ・ファスナーやボタンの修理など

その他

アイテム 実際に持っていった、使った感想
地球の歩き方 あると便利・街の地図や注意事項、現地言語の勉強などに
スリッパ 室内履きに使用。
耳栓 他人の寝音が気になるときに使用
アイマスク 山小屋で昼から寝るときなどに使用
歯ブラシ 折りたたみ式が便利。磨き粉は添加物が無いタイプを使用。(環境保護)
除菌シート 現地での手拭きや、食器などの除菌に役立つ。
腹痛防止の意味でもマスト。60枚入り×2袋を使いきった
ティッシュ あると便利
ホカロン 寒い時に暖をとるときや、電化製品の低温によるバッテリー切れを防ぐのに役立つ
(揉むタイプ、貼るタイプあると便利)
ガムテープ 穴あきや靴底はがれなどの修理時に便利
ゴムバンド 緊急用
手帳 連絡先の交換、スケジュールの確認、言葉が通じない時などに必要
ペン 現地では入手が困難
ビニール袋 ゴミの分別に使いました
ZIPロック 袋タイプ 防水したい物の収納に便利
60Lのネット袋 空港での荷物輸送時の盗難防止。100円ショップで購入
巾着(ナップザック) ぷらっと歩く時に貴重品などを入れる
カナビラ
日本のおもちゃとシール 日本のお土産はとても喜ばれる
現金 カードが使えないのでおおめに持っていった
アメニティ シャンプーなど ホテルで使用