ページの先頭へ戻る

涸沢フェスティバル 山女子ハイキングツアー現地レポート

日程:
2012.08.26 ~ 2012.08.27
投稿日:
2012.10.26

8/26-8/27に開催された「ヤマケイ涸沢フェスティバル2012 Columbia 山女子ハイキング」。現地での様子をちょっとだけご紹介。お天気にも恵まれ、ガイドの栗田朋恵さんと一緒に沢山の思い出を持ち帰りました。

朝7:00 上高地ビジターセンターに集合

眠気も忘れて、ツアーの説明を聞きます。空気が澄んでいて清々しい。

奥穂高岳をみながら徳沢を目指す。

最初の目的地、徳沢へ。スタートから一時間ぐらいのところにある明神館。
ここで歩き始めてから最初の休憩をとり、水の補給などをします。この奥に明神池があります。

徳沢に到着。

コロンビアブースに到着すると、おやつの白玉がお出迎え。疲れた体に甘いものは最高~!
スポーツアロマトレーナー 川端浩湖さんにアロマオイル作りを教えてもらいました。ツアー参加者にはバックパック用のレインカバーとアームカバーのプレゼント♪

本谷橋付近。

このあたりは随分道も細くなり、足元も岩が多いのでゆっくりと足を進めます。

カラサワ開会式

カラサワに到着した達成感と足に残る疲れを感じながら開会式に参加。
ヒュッテの上で楽しくおしゃべりしたり、お茶をいただいたりしながら、ゆっくりと時間がながれていきます。

燃える山

一体どうしたらこんなきれいな赤に見えるのか?
カラサワから眺める朝焼けは、山肌が燃えているように見えることがあります。雄大な自然に囲まれて、つい時間がたつのも忘れてしまいます。

その他のレポート写真
カラサワ頂上。テントがまるでお花畑
手書きの看板。なんだか癒されます。
カラサワ頂上。テント場その2
ヒュッテの屋根の上がカフェになっています。
ただただ絶景です。
下山前の準備運動。
お猿の親子も下山します?自然の中のこんな出会いも・・
足元に気をつけて進みます。

こんな記事も読まれています


カスタマーサービス
最新情報
コロンビアについて
メールマガジン購読