• HOME
  • 最新情報
  • レポート
  • 夏に人気のスノーカントリートレイルを冬の"スノー"シーズンに歩いても楽しい?!

ページの先頭へ戻る

夏に人気のスノーカントリートレイルを冬の"スノー"シーズンに歩いても楽しい?!

日程:
2013.03.10
投稿日:
2013.03.29

2013年3月10日、群馬県みなかみ町エリアの湯檜曽(ゆびそ)川沿いを、スノーシューでトレッキング。ここは雪国3県をぐるりとまたぐ広大なロングトレイルの一部。春夏はラフティングやトレッキングが盛んな「スノーカントリートレイル」を、今回はその名の通り冬場のスノーシーズンに訪れてみました。

晴天!だったのは実は下見の日

小春日和の東京から到着するとそこはなんと寒冷前線の通過中・・・。下見の日はあんなに晴れていたのにびっくり!(写真左は下見の日に、写真右はツアー当日に撮影したもの)

天候に合わせて、ルートとツアー内容の変更

この時点ではまだ空模様はおだやかですが、安全策を取りスケジュールは半日に変更しました。いきなり天候に阻まれるとは...

まっ平らな雪原をスノートレッキング

思いのほか、平面を歩くのは楽だし楽しい。でも、実は2mの積雪の上を歩いちゃってます!

「グリセード」改め、「シリ(尻)セード」にトライ!

本来ピッケルで雪面を捉えながら斜面を下ることを「グリセード」と言いますが、おしりをついて滑り降りる事を「シリセード」と言います!ダジャレっぽいですが、ホントです。

川の対岸に雪崩のあとを発見

山はルートを熟知したガイドさんと一緒に楽しみましょう。時に山沿いでは雪崩もあるのでその時々の状況にあわせたルーティングやプランの調整は大切。

寒かったけど楽しかった!

冬の厳しさの中にも楽しさと自然の美しさがあり夏とは違った一面が垣間見れます!四季を通じて同じトレイルを歩けば楽しさ倍増ですね。

その他のレポート写真
よくみると深雪に埋まった木々に新芽が出ていました。動物の足跡もちらほら。春がもうそこまで来ている!
シリセード意外とむずかしい!いきなり急斜面ではなく安全なところで練習しました。
暖かなお茶でひと休み♪ほどよく疲れた体にクッキーが沁みます。
普段は多少うねりのある道ですが、豪雪の上なのでまっすぐ直進できます。

こんな記事も読まれています


カスタマーサービス
最新情報
コロンビアについて
メールマガジン購読