ページの先頭へ戻る

トレイルランナーのいるお店"昭島アウトドアヴィレッジ店"

2018/05/02

トレランの疑問があったらMHWストアへ!トレイルランナーのいるお店"マウンテンハードウェア原宿店"」では、トレイルランナーでもあるショップスタッフに、トレイルランニングギアについて解説してもらったCSJマガジンの人気記事でしたが、マウンテンハードウェア原宿店が閉店してしまいましたので、お店で直接トレイルランナーに質問をしたいというお客様のために、今回は昭島アウトドアヴィレッジのトレイルランナースタッフをご紹介します。

昭島アウトドアヴィレッジ店勤務の星さんは入社2年目。中学3年から陸上を始め、高校3年では1万メートルで県5位に入った長距離ランナー。トレイルランニングには大学2年生の頃に出会い、ハセツネ30kや美ヶ原80kで50番台に入るなど、トレイルランニングでも実力を発揮。コロンビア入社1年目の昨年のハセツネCUPでは チームコロンビア モントレイル/マウンテンハードウェア(Bチーム)のメンバーに名を連ねました。

Photo:Fujimaki Sho/スタート前のチームコロンビア モントレイル/マウンテンハードウェアの集合写真。優勝した上田瑠偉選手をはじめとした実力者の一員としてレースに挑みました。

星さんが勤務するコロンビアスポーツウェア/マウンテンハードウェア 昭島アウトドアヴィレッジ店は、15のアウトドアショップが並ぶショッピングモール「モリパークアウトドアヴィレッジ」内にあります。店内ではコロンビア、コロンビア モントレイル、マウンテンハードウェア、ソレルブランドのアイテムを取り扱っています。

マウンテンハードウェアエリア。最新のクライミングウェアはもちろん、テントやシュラフなどのクライミングギアが充実。

店内の一角には、上田選手の優勝したハセツネCUPがディスプレイされています。

コロンビアエリア。キャンプやハイキングを楽しめるアウトドアウェアから、タウンユースアウトドアウェアラインの『コロンビア ブラックレーベル』まで幅広くラインナップ。

コロンビア モントレイルのアパレルコーナーには、トレイルランニング用のアウターやヘッドギア・トレランザックなど、都内随一の品揃えです。

スノーブーツが人気のソレルの春夏シューズもディスプレイ。冬だけでないソレルの魅力に触れる事ができます。

今回は、これからトレイルランニングを始めようとしている方向けに、星さんがオススメのトレイルランニングギアを紹介してもらいます。



トレイルランニングシューズはフィット感を重視

――トレイルランニングを始めたいという方には、まず何から選んでもらいますか?

やはり最初はシューズですね。バハダIII、カルドラドIIがスタンダードで最初の一足にはオススメです。

コロンビア モントレイル バハダIII(左)、カルドラドII(右)

両方ともアッパーがソフトで初心者でも履きやすいです。カルドラドはアウトソールがしっかりしているので、岩場が多くても走れる印象。バハダは、カルドラドよりもドロップがしっかりしている(前と後ろの高さ差が大きい)ので、自然な体重移動を促し、走りをサポートしてくれます。実際に履き比べてよりフィット感が良い方を選んでいただくのが良いと思います。

――NewモデルのヴァリアントX.S.R.はどうですか?

厚底の見た目の割には軽くて履きやすい。ロードもトレイルも走れるソールなので、ONTAKE100のような林道の多いレースなんかにも良いと思いますね。

コロンビア モントレイル ヴァリアントX.S.R.:ミッドソールに反発力を生む新テクノロジー“パールフォーム”が埋め込まれた厚底系ロード兼トレイルランニングシューズ


トレランザックの容量は6リットル

――シューズの次にはトレランザックですかね。

そうですね。水や食料、レインジャケットなどの装備を入れて1日走るには6リットルぐらいの容量がちょうど良いと思います。

マウンテンハードウェア フリューイッドベストパック6

オススメはフリューイッドベストパック6。フロントの大き目のポケットは、スマホや500mlのペットボトルも入ります。メッシュ素材が多用されていて軽量。1万円ちょっとという価格も初心者に優しいです。

フロントポケットには500mlのペットボトルも入ります。

背面のメッシュポケットも大きく、濡れたレインジャケットを入れておくのに便利。

身長169cmの星さんの着用イメージ。フリューイッドベストパック6は1サイズ展開で、フロントのベルトでサイズ調整ができます。


晴れていてもレインジャケットは必須

――レインジャケットも揃えておきたいですよね?

そうですね。特に初心者だと途中で疲れて歩きの時間が長くなってしまう事を考えると、晴れ予報だとしても、防寒着としても使えるレインジャケットは必ず持っていってもらいたいですね。トレランレースでも必携品になっていますしね。
リロイジャケットは、上田瑠偉選手が監修したトレイルランニング用レインジャケットです。171gと超軽量。背中にはトレランザックの上からそのまま羽織れるよう、タックがはいっています。トレイルランナー視点で設計された一押しアイテムです。

マウンテンハードウェア リロイジャケット:フリューイドベストパック6を背負った上から羽織っても、背中のタックが広がり余裕があります。

ショートパンツのミントヒルショーツRUYも、上田瑠偉選手監修アイテム。僕も昨年のハセツネで使いましたが、丈が短く走りやすい。後ろには500mlのソフトフラスクが入ってしまう大容量ポケットがついています。

マウンテンハードウェア ミントヒルショーツRUY


スタイルにあわせたウェア選びを

――コロンビア モントレイルのアパレルコーナーも紹介ください。

F.K.T.ショートスリーブシャツは、表面に太陽光を反射するドットがプリントされているオムニシェイドサンディフレクター採用シャツ。日差しの厳しい夏のランにオススメです。

左:コロンビア モントレイルF.K.T.ショートスリーブシャツ 右のロングスリーブシャツは同じくオムニシェイドサンディフレクター採用のコロンビアのソーラーシェイドプリンテッドロングスリーブ。フィッシングなど長時間太陽の下で活動するアクティビティにオススメ。

――ウインドブレーカーは持っていきますか?レインジャケットを兼ねても良い気もしますが。

僕はウインドブレーカー使う派です。透湿性があるとは言っても、どうしてもレインだと蒸れてしまうので。あと、これからの暑い季節には帽子も必須ですね。冷却機能(オムニフリーズゼロ)のあるアームカバーもオススメです。実際にトレイルを走ってみて、ランナーそれぞれの快適なスタイルをみつけてもらえたらと思います。

コロンビア モントレイル タイタンライトII ウィンドブレーカー

左:コロンビア モントレイル ナッシングビーツアトレイルランニングバイザーIII、右:コロンビア モントレイル ナッシングビーツアトレイルランニングキャップIII

コロンビア モントレイル ランアンダーザサン アームスリーブII。 左は同じくオムニフリーズゼロ採用のコロンビアのアームカバー


――別売りのインソールもありますね。

土踏まず部分に硬いプレートがはいっていてアーチ(土踏まずのカーブ)をサポートしてくれます。アーチはクッション機能を担っているので、長距離走ってアーチが潰れてくると、足に直接ダメージがきてしまうので、それを防ぐためにアーチサポートのインソールはオススメです。ソールは厚さが2種類。シューズのフィット感がより良い方を選んでもらえたらと思うので、シューズを買う際に、あわせてお買い上げいただくのが良いと思います。

コロンビア モントレイル エンデュロソールの背面。アーチサポートするグレーのナイロンプレート。ブルーは弾力性のあるヒールクッションパッド。

左のエンデュロソールの厚さ6mmに対して、右のエンデュロソールLPは厚さ5mm。



コロンビア/マウンテンハードウェア昭島アウトドアヴィレッジ店は、当記事でご紹介したトレイルランニングギアはもちろん、クライミングギアからタウン向けアウトドアウェアまで幅広く取り揃えています。また、オリンピック競技でもあるスピードクライミングの壁もあり、大会が行われる事もあります。トレイルランニングや登山など、これからアウトドアを始めてみようという方は、昭島まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

昭島アウトドアヴィレッジ店 イチオシ登山スタイルコーデ
キャップ:ドワイトウェイトカデットV.4
ジャケット:コヒージョンジャケットV.6(Sサイズ)
パンツ:ダイヘドラルプリカーブパンツV.7(Sサイズ)
シューズ:スティーンズサミット2アウトドライ
ザック:スクランブラーRT35 アウトドライ
(モデル身長:169cm)

コロンビア/マウンテンハードウェア 昭島アウトドアヴィレッジ店
東京都昭島市田中町610-4 (JR昭島駅徒歩5分)
042-546-5454
営業時間 11:00(土日祝10:00)〜20:00 ※水曜定休

2018/05/02


カスタマーサービス
最新情報
コロンビアについて
メールマガジン購読