ページの先頭へ戻る

「雨の日と山の旅」in九州│@ちゅーたさん

2019/06/07

マウンテンハードウェアをご愛用してくださっているちゅーたさんより、「雨の日と山の旅」のレポートが届きました。

ちゅーたさん Instagram:@cyhoota

「雨の日と山の旅」
雨の日。山を歩くみなさんは、どうしているでしょうか。景色も見えないし、寒いし、なんだかさみしい感じがするし...って山に行くのを諦めがちでしょうか。
わたしはと言えば、それでもだいたい山にいます。

雨の日は、雨の日だけの特有の、潤って生き生きとする植物や森と土から立ち込める自然の匂い、しっとりした空気に、雨が落ちる音だったり。いつもより、なんなら全く人がいない山を、独り占めしているような、ちょっと悪いことをしているような、わくわくする気持ち。

そんなものを感じて、それはそれで好きなのです。
雨に濡れるから、いつもよりも何だか手間がかかる。だからこそ、ウェアもいつもより気を使うのです。
そんな、雨の日のウェアに関するおはなし。

4月の終わり 九州の山の旅
楽しみにすればするほど、天気予報の雨マークが増えていくのは何故なのか。旅の始まりは祖母山、早速雨です

シトシトどころかパタパタザーザー音のする雨。風の音も森に響くけど、木々が遮ってくれるのでたいしたことはありません。雨の日は樹林帯メインの山を選ぶのが、雨の日登山のひとつのコツだと思っています。

途中、鹿の頭蓋骨を見つけました。
雨の日は足元に視線が行くので、色々な物を発見します。ぬかるみに残った動物の足跡とか、生き物の痕跡はわくわくする。この鹿の頭蓋骨は宝物レベルにテンションが上がりました。

足跡が重なって仲良しな感じ。

今回着用したレインウェア「Wカウクスラブジャケット」 は、Dry-Q Activeの防水3層生地。透湿防水&ストレッチ性に優れ、運動量の多いシーンに最適で、何より着心地が抜群です。
雨が染みて濡れそうな気配があるくらいに柔らかい生地なのに、全く染みてこない。ふしぎ。行動中の汗も、内側のニットの生地が吸って吐き出してくれてジメっとしない快適さ。内側に水滴が出来る生地は、そのせいでインナーが濡れてしまうから困るけど、それを感じないのがとても良かった。内側の柔らかい生地のおかげで、雨と空気の冷たさもそんなに感じませんでした。

のびのびストレッチ素材は、岩場も動きやすい。ツバ付きのフードは視界を確保しやすいです。ギュッとドローコードを引いてしっかりフィット。

雨でも快適に楽しく登頂~!
まっしろしろすけな景色は心の目で見ることにしました。

翌日はくじゅう連山へ

雨は落ちてこないけど、曇天な日。1日目は長者原登山口から坊ガツルまでのゆるふわハイク。
テントを張ってのんびり呑むために、缶ビールを4本持ってきました。えへへ。
背負っている「オゾニック60アウトドライ」 は、メインパートが防水になっていてロールトップタイプ。雨蓋部分はクルッと裏返すとレインカバーになると言う優れもの。
レインカバーを付ける時は「ザックを下ろす→レインカバーを付ける→背負い直す」と言う面倒なアクションが必要で、大きく重いザックならそれがより面倒でストレスになるけど、このザックは基本的に雨でも背負いっぱなし可能なので、体も心もすごく楽になります。

くじゅう名物、どろんこ地獄!水捌けが悪いので雨のあとは悲惨なことに...ぬっちゃぬちゃで足元のコンディションがとても悪いのです。

テントを張ったら早速ごはん!わたしの雑さがほとばしり過ぎて恥ずかしい...

やっぱりラーメンが最高!九州のソウルフード「うまかっちゃんからし高菜味」に唐揚げとお昼に食べきれなかったチキン南蛮の残り、キャベツと葱をたっぷりと。
雨が降っていない時も、柔らかしなやか着心地の良いカウクスラブジャケットはどんなシーンにもマッチして重宝します。
軽量でコンパクトだから、いつもザックに忍ばせておきたい1着です。

坊ガツルのテント場の近くには、法華院温泉山荘と言う山小屋があって、名前の通り温泉に入れると言う最高極まりないところ。湯の花が浮かぶ温泉は、ぜひ体感していただきたいです。

温泉でポカポカに温まって、外気温が低くても素足で歩けちゃうくらい。そしてシュラフでぬっくぬくで寝るのです。

翌朝はようやくの晴れで、朝から夕方までグルーっとくじゅうを巡り歩きました。主要なピークをほとんど歩く贅沢な旅でした。

最終日はくじゅうを眺めに、涌蓋山とみそこぶし山へ。雲が山々を隠してしまっていたけれど(麓の温泉郷の湯けむりっぽい気もしたけど)、全景をしっかりと目に焼き付けてきました。

雨に恵まれた(?)九州の山の旅。雨でも快適に動けるウェアがあれば、いつだって最高に楽しい旅になります。

「Wカウクスラブジャケット」の特徴はレインウェアとしての機能だけでなく、しなやかさ・柔らかさ・着心地の良さ・軽量でコンパクトさもあわせ持っています。雨の日だけの用途ではなく、山へのアプローチの時から行動中、山頂での防寒着としても幅広く使える、一石いっぱい鳥の賢いやつなのです。

雨の日の山は、この子と一緒に楽しく快適に山の旅に出掛けてみてはいかがでしょうか。
カウクスラブジャケット
品番:OE8196/OR8228 ¥24,840-
オゾニック60アウトドライ
品番:OL7988 ¥37,260-

マウンテンハードウェア公式オンラインストア

2019/06/07