ページの先頭へ戻る

ESCAPE with Columbiaのアンバサダー・ラブリさんインタビュー 「私のエスケープストーリー」

2019/09/18

「ESCAPE with Columbia(エスケープ・ウィズ・コロンビア、以下ESCAPEと表示)」のアンバサダーとして、たくさんの女性にESCAPEというブランドを広めてくださっている、モデル、タレント、アーティストなどとしてマルチに活躍するラブリさん。肩書きにとらわれず、さまざまなことに挑戦しているラブリさんの日常は実に多忙。そんな彼女だからこそ、エスケープすることには重要な意味があるはず。ラブリさんのエスケープストーリーです。

ESCAPEのブランドコンセプトに共感
多忙で、ストレスや日常での疲労が多い女性たちに「自然の中に逃げる」ことを提案し、サポートするというESCAPEのコンセプトをうかがったとき、アウトドアの本質を突いているなと感じました。

もともとアウトドアってそういうことなんじゃないかと思っていたんです。日常と非日常があって、アウトドアというのは、非日常に連れて行ってくれるみたいな。それをテーマにするというのはアウトドアの良さというか原点に戻るようで、まさにそうだよね!って。

ホントはもっと休みをとってリラックスしていいはずなのに、仕事している自分じゃないといけない、忙しい自分じゃないといけないと思っている人が多いような感じがしますね。だから、みんなESCAPEを着てエスケープしちゃえ!って思いますよ。

ラブリさんの写真をディスプレイしたコロンビア原宿店
Instagram│
@columbiastore.harajuku

自分の中に余白をつくるためにエスケープする
仕事が立て込んできたり、考えることが増えたりしてくると「あぁ、そろそろ自分の中に余白をつくってあげないといけないな」と思うんです。それが私のエスケープをするサイン。この私の体と頭から発するサインを私自身がしっかりキャッチしないと、ストレスがたまったり、体調が悪くなったりしてしまう。

このサインが点灯したら、すぐに出掛ける準備(笑)。山へ行くこともあれば、ドライブしながら温泉へ行くことも。遠出はしないで近くのお店を探してマッサージを受けることもあるし、動物園へ行くのなんかも私にとってはエスケープです。

最近だと山梨方面へエスケープしてきました。ちょっとした山登りをしたり、カフェでゆったりした時間を過ごしたら、すごくリフレッシュできた。余白がたくさんできた感じです(笑)。

エスケープ先は体調に合わせて2パターン
エスケープしたい! というサインが出るときって、体が疲れている場合と心が疲れている場合のだいたい2パターンあります。そのパターンを考えると、自然と行き先は決まってきますね。

体が疲れているときは、温泉やマッサージなどに行って体をほぐしてゆったりとした時間を過ごします。

心が疲れているときは、山に登ったり、川や滝を見に行きます。少し遠出にはなるし、体力を使うから体は疲れるんだけど、帰ってきたら心はスッキリ!鳥の鳴き声や川のせせらぎを聞いたり、滝が流れるところを見ていたりすると、心が元気になっていくのがよくわかるんです。

自然いっぱいのところに行くと原点に戻る感覚に
私が生まれ育った愛媛は、大自然に囲まれたところでした。海も山も川もすぐ近くにあって、自分の家のお風呂がわりに温泉に入る……くらいに温泉も近くにあったんです。だから、自然いっぱいのところへ行くと、小さい頃に戻るような感覚になるのかもしれません。それで、いっぱいいっぱいになった自分の心がゼロになって原点戻り、リセットされるんじゃないかなって思います。

小さい頃から遊び場は自然の中だったと話すラブリさん

都内にいてもすぐに行ける、自然いっぱいのおすすめエスケープスポット
最近行って感動したのは、東京都の世田谷区にある等々力渓谷です。都内にもこんなに気持ちいいところがあるんだ!って、すごく驚いちゃって。緑に囲まれた川が流れていて、その近くを歩くだけで気持ちがスーッと落ち着きました。近くに神社があって、そこも静かで趣があっていい感じ。おいしいお蕎麦屋さんもあります。都内近郊の方なら、すぐに行けるエスケープ先。めちゃくちゃおすすめです。

ESCAPEの2019年秋冬コレクションの中で、コロンビアとネイリストのmanashikaさんがコラボデザインしたトゥリースワロー ウィメンズフーディトゥリースワロー ウィメンズハイネック

■プロフィール
ラブリ(loveli)
モデルとして雑誌・メディアで活躍。日本名の白濱イズミではアーティストとしても活動しており、自身の中から生まれる言葉を詩や写真にし、表現の幅を広げている。2018年「言葉の記憶 展」、2019年「デジタルと私との関係、私はどうやら数字らしい 展」を開催。2018年6月より、フィリピン観光大使に就任し、日本との架け橋として活動中。

写真:柴田愛子
編集:井上綾乃
文:土田由佳

▪️ESCAPE with Columbia Fall&Winter 2019 ブランドムービー
▪️「ESCAPE with Columbia」アイテム一覧
▪️コロンビア公式オンラインストア

2019/09/18