ページの先頭へ戻る

秋冬のハイクやキャンプでおしゃれに着られるウェア |商品開発担当による秋冬のアイテム解説

2019/10/30

秋は三連休が多く、キャンプやハイキングなど山のレジャーシーズンです。今季のコロンビアは、街でもアウトドアでも活躍するウェアをご提案します。10月頃までは残暑の時期ですが、アウトドアでは夜は冷え込むもの。機能性のあるウェアで快適にレジャーを楽しみましょう。ここでは、今季の3つのテーマの中でそれぞれおすすめのウェアを商品部アパレルウェア担当の島田幸房さんに解説していただきました。

FALL HIKE
今回のテーマは秋のハイク、冬のハイク、キャンプというテーマで、アクティビティで使えるウェアの提案です
「FALL HIKE(秋のハイク)」テーマでは、山を登る行為そのもだけでなく、オシャレをもっと楽しみたいという方向き。登山というシリアスな側面より、無理をしないで楽しく過ごすというコンセプトの商品群となっています。

左からコロラドロードロングスリーブ、モーリスバレーパンツ、スロータースロープパターンドジャケット

スロータースロープパターンドジャケット

デニムをアレンジしたティンバーウルフという柄を採用

スロータースロープパターンドジャケットは、通称「ボアフリース」と呼ばれる、毛足の長いもこもこしたフリースを採用しています。正式には「シェルパフリース」とアメリカでは呼ばれ、世の中のトレンドにもなっていますね。街で流行しているスタイルのフリースを、秋のハイクに取り入れるスタイルです。高山ではなく低山のファンハイクをイメージしていただければと思っています。

フロントの開閉は、ジップアップではなくボタン使い。
大きな特徴は、リバーシブルになっているところ。おしゃれが楽しめると思いますよ。

毛足が長いフリース面を内側にすると保温性が上がる

これまで、普段使いのカテゴリーではリバーシブルの商品はあったのですが、登山カテゴリーとして提案するにあたり素材をストレッチにしました。

ストレッチが効くため、動きやすく山でも扱いやすい

山で使えるウェアの機能として、生地をストレッチだけではなく耐久撥水(オムニシールド)にしているので、雨をはじきます。普段使いでも、ストレッチや撥水加工は嬉しいですよね。
デザインは襟と裾をリブにしてベースボールジャケット風。通常だったらニットのリブを使いますが、これは山で使うことも考えてソフトシェル素材を使っています。

袖口は腕まわりにフィット。冷たい空気が袖から入りにくい

ソフトシェルを使うことで伸縮性があるため動きやすく、そして軽くなります。
細かいところにも気を使い、山で使える仕様にしつつファッション要素も取り入れています。

ウェアはリバーシブルですが、両面のポケットにファスナーを付けると重量がかさみますし、着心地が悪くなるので、フリース側にのみファスナーを付け、反対側は付けていません。

ポケットの内側は細かく起毛した素材を使用しハンドウォーマーになる

リバーシブルにし、アウトドアでは使わないデニムを柄に使うなど、コロンビアらしさを表現した商品です。ネイビーに関しては5シーズン継続しているドクターデニムホンザワの本澤裕治さんとコラボレーションした、デニムをアレンジしたコロンビアオリジナルのティンバーウルフ柄。柄無しのリバーシブルも含め全4種あります。

製品:スロータースロープパターンドジャケット
価格:20,000円(+税)


コロラドロードロングスリーブ

シンプルなカットソーですが、素材に特徴があります。
水を吸わない素材を組み合わせた、ウールとポリプロピレンの混合です。

ウールは、保温力があり、さらに水分や湿気を吸うと発熱をし放湿し、蒸れずにサラっとしています。山で、ウールのアンダーウェアが重宝されるのはそういう理由なんですよ。
ポリプロピレンは熱伝導率が低いため保温性があり、強くて軽く、水を吸わず速乾性があります。

表面に見えるのがウール、裏に白く見える部分がポリプロピレンです。

白い繊維がポリプロピレン

コロラドロードロングスリーブはベースレイヤー扱いではなく、これ1枚で山小屋にいても恥ずかしくないようにポケットを付けて、カットソーのようなデザインにしています。
日常でも、山登っている時でも使えるコンセプト。もちろんベースレイヤーで着ていただいても大丈夫な機能です。ベースレイヤーとしてこの上にシャツをきても透けないように同色系にするなど、デザインにも気を使っています。

また、通常のシャツだと前後の長さの差をつけませんが、これは前と背中で前後差をつけています。背中のほうが長いことで、しゃがんだ時などに背中が出にくいデザインはアンダーウェア的ですね。
生地のパターンも肩から少しずらしたところにステッチを入れることで、バックパックを背負った時の干渉で肌を傷めないような工夫をしています。

コロラドロードロングスリーブはファンハイク向けで、山でも使えて普段でも着たいという人に向けなので、ウールのアンダーウェアは高価な物が多いですが、価格を抑え気味にしています。

製品:コロラドロードロングスリーブ
価格:7,900円(+税)


モーリスバレーパンツ

裏地が微起毛していて暖かい

これもドクターデニムホンザワに素材の開発とカラーの監修、コンセプトに合わせてパターンをひいてもらったラボレーションの商品です。

本来、本澤さんは股にガセット(股のマチ)をあまり作らない方ですが、今回はマウンテンカテゴリーなのでコンセプトに合うよう、ガセットがあるデザインにしています。

ソフトシェルをウエストまわりに巻き、伸びる素材で着心地もよい

デニム素材は、ウエストのストレスをなくすことが一番の課題といっても過言ではないのですが、この商品はメインの素材をストレッチのソフトシェルに切り替えることでウエストのあたりをやわらくしています。

ベルクロ付きのヒップポケット内には、物の整理ができるエクストラポケット

スマホが入る大きさのサイドポケット

素材は綿とポリエステルの混合。色落ちがしにくく、速乾性を高めています。耐久撥水加工を施しているので、水を弾き、急な雨でも対応できます。街でも違和感なく履けるデザインになっています。

製品:モーリスバレーパンツ
価格:13,000円(+税)


WINTER HIKE
冬のハイクはハードな印象がありますが、適切なウェアを選べば冬でも暖かく、快適なハイクが楽しめます。また、ウェアは機能性だけではなく、冬でも家からフィールドまでの道のりだってオシャレに過ごしたいですよね。今回は90年代のテイストを取り入れ、スポーツしすぎず、アウトドアでもおしゃれを楽しめるラインナップになっています。

左からオレタフォレストIIパンツ、コロラドロードロングスリーブ、ウッドロードジャケット、クレストトゥクリークジャケット

ウッドロードジャケット

フードは取り外し可能。フードをとっても、襟の高さがあるジャケットになる

ウッドロードジャケットは、裏地付きのレインジャケット。
防水透湿機能(オムニテック)はもちろん、ポケットを開けるとベンチレーションになっていて、ウェア内の蒸れをダイレクトに逃すこともできます。

裏地にはメッシュを採用しており、生地が肌に触れてもヒヤッとしません。

内側についているファスナーはインターチェンジシステム用のもの

ウッドロードジャケットのロゴは立体プリント。これにも理由があるんです。
こういった防水ウェアにロゴを刺繍でつけると、裏から防水用のシームテープを貼るんですが、枠が浮き出てしまい、このウェアに関しては見栄え的にそれは避けたいなと。プリントならその問題を避けられますし、立体プリントにすることによって刺繍に負けないクオリティに仕上げました。

さらにもう一つの特徴が、インターチェンジシステムに対応していることです。

次に紹介するクレストトゥクリークジャケットを装着してみたところ

インターチェンジシステムは、防水や防風仕様のアウターシェルと、中綿やフリースなどの保温性のあるインナージャケットを、ジッパーやボタンなどで連結して、1着の防寒ジャケットにすることができる、長年コロンビアが提供しているウェアシステムです。ウッドロードジャケットは、インターチェンジシステムのアウターとして内側にインナージャケットを装着することが出来るのです。

ディテールのデザインに関して言うと、ポケットが上目にあるのはハーネスとの干渉を避けるため。中のエクストラポケットも斜めから手を入れやすいように作られているなどの工夫がされています。そのほか、細かいところに工夫がしてあります。

デザイン的には90年代テイストの2トーン+1色使い。差し色になる1色は少ない分量で見せています。例えばウェアはブルーとブラックの2色使いですが、ベロクロだけ黄色にしているなどです。

製品:ウッドロードジャケット
価格:22,000円(+税)


クレストトゥクリークジャケット

肌触りがやわらか

クレストトゥクリークジャケットの最大の特徴は素材です。
ストレッチがある表地、裏地、中綿、そして縫製に使う糸もストレッチ! 着ていてストレスがないウェアです。こ秋冬だけでなく、春や標高の高い夏山にも使えます。

素材に通気性があり縦でも横でも伸びる4wayのストレッチニットを使用。中間着として着用する事も想定し、着心地よい素材を選んでいます。

袖の内側にゴムがあるので、ストレッチ性のある袖口になっている

インターチェンジシステムのインナージャケットの特徴である連結用のループがある

製品:クレストトゥクリークジャケット
価格:19,000円(+税)


オレタフォレストIIパンツ

ポケットの中に仕切りがあるエクストラポケット

オレタフォレストIIパンツも表、裏、中綿、縫い糸がストレッチ。これはオムニシールド、耐久撥水です。

編物のニットは通気性があり、やわらかく動きやすいんですが、耐久面では織って作られる生地の布帛(ふはく)のほうが強いため使い分けをしています。例えば、藪や岩などに触れる機会が多い箇所には布帛を使用し、蒸れやすい股まわりなどは、通気性の高いニット素材を使っているんです。さらに、お尻まわりは座った時にひっかかるといやなので、そこは布帛を使用する……などの使い分けです。ちなみに、今回使用している布帛はストレッチがあるものです。

前シーズンはオールニットで仕上げましたが、今シーズンは布帛との切り替えをしています。着心地いいので、テントの中とかリラックスする際にもおすすめです。

ヒップポケットはファスナー付き、ポケットの中は整理ができるエクストラポケットです。

製品:オレタフォレストIIパンツ
価格:13,500円(+税)


NIGHT CAMPING
キャンプをオシャレに、そして快適に楽しむなら、キャンプとの親和性の高いデニム素材がおすすめ。コロンビアが提案するデニムは、デニムのスペシャリスト、ドクターデニム ホンザワの本澤裕治氏とのコラボしたもの。快適さとオシャレさを両立させました。コロンビアオリジナルのティンバーウルフ柄をミックスさせた新たなキャンプスタイルをご提案します。

左からテントヒルデニムアノラック、カットバンクストレイトジャケット、ビッグブルークスレストパンツ

テントヒルデニムアノラック
裏地を微起毛させ、肌触りも暖かいデニムを使用しています。
デザインは昔のコロンビアの商品をもとに、焚き火やテントまわりで作業するときに使いやすいウェアに仕上げました。中にあたたかい中間着を着用することも想定して、ゆったりとした着用感に。脱ぎ着がしやすいようにサイドが開くようになっています。使用している生地は、デニムの表裏使い。コットンなので、焚火の火の粉で生地が溶けて、穴が開くような事もありません。

アノラックは脱ぎ着がネックでしたが、サイドが開くのでラクちん

ポケットや肘の補強に裏地を使って、目立たせるようにしています。
キャンプ場で焚き火する時に枝や葉っぱをポケットに入れて集めるとポケット内にくずが溜まってしまう、、、と、焚火コミュニケーション協会の三宅さんにアイディアのヒントをいただきました。クズを出しやすいよう、ポケット内の布地をひっくり返して簡単にくずが取れるようにしました。
焚火コミュニケーション協会 三宅さんインタビュー記事

ポケットの裏地をひっくり返しやすいつまみ付き

縫い目が一番底にあると細かいものがはさまっちゃいうので、縫い目の位置をずらしています。
お腹のポケットが立体で大容量。キャンプでは革のグローブを使いますよね。それが1ペアが入り、かつ取り出しやすいポケットの大きさです。後ろのポケットも、下部はやや立体になっているので、ここにグローブを入れることもできますよ。

後ろのポケットは手を入れやすい位置に配置

製品:テントヒルデニムアノラック
価格:20,000円(+税)


カットバンクストレイトジャケット


フロントには大きめのカンガルーポケットを付けています。これも裏返せばフリースになるリバーシブルのウェアです。柄の面には胸にポケットをつけています。

これもニットで、天竺(てんじく)の素材を使いプリントで柄を表現しています。フリースにしても天竺素材にしても火の粉には弱いので、キャンプで焚き火をする時には、さきほど紹介したテントヒルデニムアノラックのような、デニム・コットン使いのものを羽織っていただけると火の粉で穴が空くのを防げます。

裏返すともこもこのフリースに

気温の変化に対応し、コロンビアらしい柄とのコンビネーションをしたりとかデニムとの相性だったりそういうものを含めてデニムで楽しんでいただきたいなと。このデニムに関しては、撥水のオムニシールドの機能をつけているので軽い雨なら大丈夫です。

製品:カットバンクストレイトジャケット
価格:13,500円(+税)


ビッグブルークスレストパンツ

ビッグブルークレストパンツは、股下はやや短いんですが、股上はゆるっと履いて足首に合わせるルーズフィットでワイルドに着るイメージです。裾は折り曲げて履いてもOK。キャンプではブーツを穿くこともあるので、短くして穿く事を想定しています。。色もここ最近人気が上がっているブラックデニムもあります。

ベルトがなくても腰で微調整ができる

ビッグブルークレストパンツもテントヒルデニムアノラックと同様、デニムの裏を微起毛しています。
ポケットのすべてにマチがあり大容量です。ポケットにはスナップボタンになっていてセキュリティ性も高くしています。

ハンマーをぶら下げられるリング付き

キャンプって、どこに何を置いたか忘れちゃったりしますけど、必要なものはすべて入れられるようになっています。

製品:ビッグブルークレストパンツ
価格:15,000円(+税)

少しずつ涼しくなり、秋冬の製品も活躍するシーズンに入りました。秋冬の遊びの計画と合わせて、新しいウェアを新調してみてはいかがでしょうか。遊びの予定がもっと楽しみになるはず!

コロンビア公式オンラインストア

2019/10/30