ページの先頭へ戻る

現代アーティスト・CHRIS NAMAIZAWA氏× Columbia 2020年春夏「STREET URBAN」制作インタビュー

2020/02/12

現代アーティスト・CHRIS NAMAIZAWA(ナマイザワ クリス)

ファッション界、特にストリートシーンでは長らく90年代ブームが続いている。ことコロンビアにおいても2~3年前より、当時の人気モデルを復刻させたり、搭載されていたディテールワークを採用するなど、90年代をオマージュした新作をリリースしてきた。そして迎えた今シーズン、「STREET URBAN」と題したコレクションを発表。その名の通り、TOKYOのストリートに特化したモデルを、90年代のストリートカルチャーを題材に活動する現代アーティスト・CHRIS NAMAIZAWA氏とのコラボレーションで展開する。

今回、コラボレーションのキッカケとなったのは、スニーカーを主軸に今のストリートシーンをリードする「アトモス」だった。

「僕もコロンビアさんも、元々アトモスさんとコラボしていたんです。で、2年ほど前にコロンビアさんが2020年春夏シーズンにストリートラインを展開する計画があり、当時の僕とアトモスさんとの取り組みや作品を見て、お声掛けいただきました。当然、コロンビアというブランドは知っていましたし、僕のバックボーンである90年代ストリートを語る上で欠かすことのできないブランドの一つでもあるので、素直に嬉しかったですね」

「STREET URBAN」コレクションでは、90年代のスノーウェア“Vamoose Jacket”をサンプリングさせた「ウルフ ロード ジャケット」や「ウルフ ロード アノラック」をはじめ、CHRIS NAMAIZAWA氏のアート作品をグラフィックとして各モデルに採用した。

90年代のコロンビア製品でよく施された腕のポケット

フードに配された大きなロゴも90年代のコロンビア製品のディテールワークのひとつ

「2020年は東京という街にとって大きな年でもあるので、今回のコレクションではTOKYOのストリートを表現したいというお話をコロンビアさんからいただきました。」

「まず、僕なりのTOKYOストリートを表現するために、もう一度原点に立ち返って考えてみたんです。そこで再確認したのが“ミックスカルチャー”でした。特に裏原宿という言葉が生まれた90年代のストリートは、様々な文化やファッションがミックスされていて、新しいものを生み出しては壊す、みたいないい意味でのノリ美学だったと思うんです。それを自分なりに解釈してキャンバスに表現した結果が、一度デコラージュで完成させた作品を真っ白く塗りつぶすことでした。それで「これがTOKYOのストリートです」ってコロンビアさんに提出したら、担当の方に「真っ白はちょっと……。製品としての表現が難しいですね」って却下されてしまいました(笑)」

その後、完成した作品は『Tokyo Blue Camo』と命名。本コレクションのグラフィックに採用した。そして過去のファッション誌を素材にデコラージュ技法でアート作品をつくるCHRIS NAMAIZAWA氏が、この『Tokyo Blue Camo』の素材に使用したのがコロンビアの過去の広告ビジュアルだった。

CHRIS NAMAIZAWA氏のアート作品の素材

「“TOKYOのストリート”というシンプルなワードに、僕が考えすぎてしまったのかもしれませんね。コロンビアさんも僕の普段の作品に親和性を感じてオファーしてくれているのだからと、シンプルに考え直しました。それでコロンビアの歴史を再確認する意味も含め、90年代~2000年代前半までのカタログや広告などを集め、それらを素材にしてデコラージュし、この作品をつくったんです」

『Tokyo Blue Camo』は、90年代のTOKYOストリートをオマージュした作品だという。

今回コラボレーションに使われた作品『Tokyo Blue Camo』

「僕のデコラージュ作品は、素材を重ね合わせて破ることで、完成すると層状にもなっているんですが、今回は一番上の層は黄色の雷になっていて、二層目は青い迷彩柄になっているんです。これ以上詳しくは言えませんが、90年代のストリートファッションが好きな方ならピンとくるかもしれません。この雷と迷彩こそが、TOKYOストリートを世界に認めさせた先駆者だと僕は思っているので、敬意を込めて雷と迷彩で『Tokyo Blue Camo』をつくらせてもらいました」

『Tokyo Blue Camo』のキーカラーでもある黄色と青の絵具たち

コロンビアのブランドカラーでもある青とリンクするグラフィックをまとった「STREET URBAN」コレクション。当時を知らない10代や20代、また経験してきた大人たちも、改めて今、90年代に流れていたTOKYOストリートの空気を本コレクションで体感して欲しい。

ウルフ ロード ジャケット(左) ウルフ ロード アノラック(右)

【プロフィール】
CHRIS NAMAIZAWA/ナマイザワ クリス

2012年よりアーティスト活動を開始。独自の視点で収集した膨大な量の過去のファッション誌を素材に、デコラージュ技法で制作する唯一無二の現代アーティスト。自身のバックグラウンドである東京のストリートカルチャーとファッションをベースにした数多くのアート作品を発表し続けている。
Instagram:@chrisnamaizawa

■STREET URBAN特設ページ

■コロンビア公式オンラインストア

2020/02/12