ページの先頭へ戻る

担当者が自信をもってオススメする、気軽にアウトドアスタイルを取り入れられるお手頃価格のメンズ新作アイテムに注目!

2020/10/07

つい最近までうだるような暑さにすっかり参っていたはずが、あっという間に寒くなり、慌てて秋冬物を引っ張り出してきたという方が多いのではないでしょうか。秋冬シーズン本番!冬になる前に早めに揃えておくのが吉! とはいえ、夏に比べるとアイテムの多い季節にはお財布事情も寒くなってしまいそうで…。これまで、機能的に優れているアイテムを紹介してきましたが、今回紹介するのは、ずばり「お手頃価格の新作アイテム」。

コロンビアの企業理念は「すべての人にアウトドアを楽しんでもらいたい」。機能性を高めるとそれだけどうしても価格が高くなりがちです。もちろんその価値も自信を持っておすすめできるのですが、もっと気軽にアウトドアスタイルを取り入れるには買いやすい価格であることも大切です。
家族でのお出かけ、ライトなアクティビティなど、本格的なシーンとは違った日常の延長線にあるようなアウトドアシーンで活躍するアイテムを商品本部の島田さんにセレクトしてもらいました。

担当者がコスパ最強と豪語する2WAYフリース、シアトルマウンテンジャケット

「これはおそらく、一番のお買い得アイテムですね!」と島田さんが自信を持って語るシアトルマウンテンジャケットは、発売から3シーズン目の人気アイテム。セレクトショップでの別注も多いベストセラーなのです。普段使いからキャンプまで、カーディガンのように使えるスナップボタンタイプで、表地が毛足長めのシェルパフリース(ボアフリース)、裏返すと撥水機能があるリバーシブルジャケット。いまではたくさん出回っているフリース。でも、フリースの弱点は、軽くて暖かいけれど風を通すこと。そこで裏面にストレッチ性のある布帛素材を採用し、風を防いで温かい機能性を持たせました。

スナップボタンなので、さっと羽織れるところがいい。

裏面の生地はシンプルな無地の撥水素材。肌触りが良くて気持ちが良い。

裏面はストレッチ素材!この着心地の良さが「動きやすくてストレスなし!」と好評。

フリース面には、胸にファスナーポケット、両サイドにハンドウォーマーポケットを配置。

裏面の素材は、耐久撥水。ガンガン洗えるフリースだから存分に動き回ってOK!価格を押さえながらも、アウトドアブランドの強みを活かした商品作りに自信あり。アウターを重ねれば、これで冬を越せるかも?

製品:シアトルマウンテンジャケット
価格:¥16,500(税込)

長く愛されてきたアイテムに新色・新柄が登場、バックアイスプリングジャケット

これぞまさに定番フリース。フリースの良いところは、焚火やバーベキューなどで臭いがついたり汚れたりしても自分で洗えること。セーターよりも使いやすく、キャンプには欠かせないベーシックアイテムです。コロンビアでは長年愛されてきている形そのままに、毎年変わる柄やマルチカラーを提案しています。

今年の目玉は、YURIEさんに監修していただいたネイティブ柄、New Acoustic Campとのコラボレーション柄。YURIEさん監修の柄はキャンプシーンと相性のいい柄になりました。New Acoustic Campは、ゆるい雰囲気がコロンビアの提案する気軽なアウトドアシーンとマッチして、これまでも協賛してきたイベントです。多くのフェスが中止になるなかで感染対策を万全に行い、人数を絞って開催されました。そんな貴重なフェスとなったNew Acoustic Camp、色んなモチーフが散りばめられたプリントに注目です。

実は隠れたギミックがあるのです。その名も、インターチェンジシステム。ファスナーが180度回転するのには理由があり…

コロンビアのジャケットにはライナーを取り付けられるインターチェンジシステムがあるのですが…

フリースのファスナーをくるりと回して、アウターのファスナーと接続し…

襟元のループと、

袖口を接続すれば…

なんとジャケットと一体化!ぜひコロンビアのアイテムと一緒に使ってみてください

毎シーズン、プリントやカラーが変わるバックアイスプリングスジャケット。新柄を楽しみにしているという声も!ずっと変わらず、良いものは良い。長く愛されているからこその説得力がある。ベーシックであることの魅力を教えてくれる、そんなアイテムです。

製品:(Men's)バックアイスプリングスジャケット、(Women's)バックアイスプリングスウィメンズジャケット
価格:¥8,690(税込)

セーターのようでセーターでない?編み柄をプリントしたセーター風フリース

どう見てもセーターのように見えるのですが、実はこれ、セーター調のフリースに編み柄をプリントしたアイテムなんです。セーター調のフリースは、無地のタイプは過去にも何度か展開したことがあったのですが、最近では編み柄のプリントに挑戦。また、アウトドアスタイルのワークセーターをイメージして、肩や肘の当て布をデザインに取り入れました。

表生地はセーター風なのですが、柄はプリントになっています。

裏面は起毛素材そのままなので肌触り温か。

ひじあてもセーターの雰囲気に一役買ってくれています。

セーターは気軽に洗濯機に放り込むわけにはいきません。でもフリースなら、気兼ねなく着ることができます。フリースはカジュアルすぎるから雰囲気を変えたいという人にもおすすめです。

製品:ラヴェルリッジフルジップジャケット
価格:¥12,100(税込)

デニムの第一人者、本澤裕治氏が監修。キャンプで使える履き心地抜群のデニムパンツ

ワイルドバレーデニムパンツは、キャンプで使えるクライミングパンツ型のデニムパンツ。国内大手のデニムメーカーのヒット商品を手がけてきた日本のデニムの第一人者、本澤裕治さんに監修していただいた「collaboration with DOCTOR DENIM HONZAWA」のシリーズです。デニムブランドのプロデュースを数多く手がけている本澤さんならではの視点で、素材の選定、シルエットなどにこだわりながらも、ファスナーやマジックテープを使わずキャンプシーンで履きやすいデニムとして開発しました。「collaboration with DOCTOR DENIM HONZAWA」では、過去は機能素材のデニムを使用したマウンテンパンツの開発中心でしたが、今回は綿100%のデニム。本澤さんのこだわりもいつも以上にたっぷり詰まっています!

コロンビアのロゴは本来黒・白・グレー。本澤さんとのコラボのみ特別に赤いロゴを配しています。

丈はトレンドにあわせてやや短め。ここにも本澤さんのこだわりあり。

クライミングパンツの特徴、ガゼットクロッチ。股部分にマチがあり、脚が180度開くので動きやすさもばっちり。

大きなポケット、楽ちんなシルエット。とにかくストレスないデニムです。ウエスト部分はしっかり絞れるので、女性にもおすすめ。ユニセックスで使える着心地抜群のパンツができました。

製品:ワイルドバレーデニムパンツ
価格:¥15,400(税込)

オールドアメリカンな雰囲気の古着っぽいアウトドアシャツが今秋の顔

最後に紹介するのは、アウトドアらしい顔のシャツ2アイテムです。オールドアメリカンな雰囲気のフランネルシャツ(写真左)は、ヘビーウェイトにこだわっていてとっても温か。コーデュロイシャツは、「素材感×柄」という2つの要素を掛け合わせたアイテム。無地のコーデュロイは数あれど、チェック柄はちょっとめずらしい。生地づくりから考え抜かれた一枚です。

これだけ厚手のフランネルのシャツでこの価格はなかなかない!と担当者も豪語する本格的な生地感

一見ウールのようでありながら、素材はポリエステル、レーヨン、ポリウレタン。

チェックのコーデュロイシャツはトレンドカラーを揃え、5色で展開。

生地づくり、色選びにも、こだわりが光る。

オリジナルのボタンもシャツのカラーに合せたものにしました。

どっちのシャツにする?

古着に改めて注目が集まっている近頃。オーバーサイズのトレンドもあり、ゆるっと羽織るシャツが今秋の顔になりそうです。インナーにもアウターにもなるシャツは、クラシックな雰囲気を手軽にトレンドスタイルに取り入れられるアイテム。分厚いアウターを着るにはまだ早いいまの季節にぴったりです。

製品:デシュートリバーヘビーウェイトフランネル
価格:¥10,890(税込)

製品:フレアガンコーデュロイシャツ
価格:¥9,130(税込)

“ほどよい機能”と“ほどよい価格”。普段着では心許ないキャンプなどのお出かけでも、コロンビアのウエアなら「ちょうどいい」使い勝手を感じてもらえるはず。買いやすい価格のアイテムをうまく組み合わせて友達や家族とアウトドアを楽しんでみてくださいね!

Writer:中島英摩
Photographer:小関信平


コロンビア公式オンラインストア
メンズウェア一覧

2020/10/07