ページの先頭へ戻る

【テストランナーレポート】カルドラドIII 新作シューズレビュー

2020/11/10

コロンビアモントレイルのトレランシューズモニターとして、カルドラドIIIを履いて、伊豆トレイルジャーニー(ITJ)の後半の試走に行ってきました!!!

以下、長文になります、、、^_^

当日は、天気が良く☀️晴れ渡りましたが、前日まで雨が相当降っていたというコンディションの中、25キロ、累積1,000m走ってきましたー!!!

これまで、自分は、サロモン (slab)のシューズが好きで、他のメーカーは、殆ど履いたことがありませんでした。
今回、ありがたいことに、コロンビアモントレイルさんのご好意により、カルドラドIIIのテストランナーとして選んで頂きました!

カルドラドIIIのファーストインプレッションとしては、カラーリングはイエローとブラックのオシャレで強そうな感じ。履いた印象は見た目とは裏腹に、足全体を包み込んでくれるという優しいシューズでした!


当日の朝、最寄駅から4:36の始発に乗り、修善寺駅へ。バスで天城峠付近まで行き、ゴール地点の修善寺を目指してスタート!

家からカルドラドIIIを履いて向かいましたが、いわゆるトレランシューズにある足裏の凹凸感は、ほぼ感じない。街履きとしても履きやすく、なんて歩きやすいシューズなんだろ。と反面、こんなに歩き易くて、いざトレイルに入ったときのグリップは大丈夫だろうか、、と少し不安になる。

ITJのコースは、ご存知の方も多いと思いますが、高低差も程よく走り易いコースでトレイルに入ると、いきなり上りが続いて600mくらいアップ⤴️。地面はほぼ枯れ葉に覆われて、前日の雨で結構滑ります。周りの仲間たちからは、枯れ葉が濡れて、結構滑ると、、自分も心配していたが、上りでもアウトソールがしっかり捉えており、パワーウォーク主体でガシガシ上る。滑らない訳ではないが、グリップが効いている感じが伝わる。

下りではどうか、ピークから下り基調のコースになる。自分の下り方は、前体重で爪先から地面を刺す感じの下り方をしているのでアッパー部分が柔らかいと衝撃が爪先に伝わる。このシューズは不思議なことに、アッパーの補強が優れているのか、足先の衝撃も少なく違和感がない。
走るにつれて、ぬかるんだ地面もしっかり捉えてくれる安心感から、シューズとの信頼関係も構築できて、スリッピーな地面もスピードを上げることが出来ました!!!

自分は、体幹が強い方ではないが、サッカーとスキーの経験があるせいか、下りのスピードに対する恐怖感はなく、逆にトレイルの下りは最高に楽しくて仕方ない。下りの傾斜角度により直線的に下ったり、身体を左右に振りながら下ったりして、前後左右のブレに対するシューズのサポートを確認してみました。
ITJのコースも、10キロ過ぎた辺りから樹林帯を抜けて、駿河湾を見渡せる絶景が目の前に。思わずため息が、、、
下り基調のコースを軽快に走り抜け、前後左右のサポートもしっかり支えられて、全く問題ないと感じました。

走り終わり、帰り道にこのカルドラドIIIについて振りかえりましたが、途中、水溜りや泥濘んだところでシューズが濡れて汚れ、ソックスにも染み込んできたので、帰りの電車が困ったなぁと思っていましたが、最後の5キロくらいロードを走ったせいか、濡れていた部分が乾いて汚れも気にならない程度まで、落ちていました。(素晴らしいっ)

総評として、、、
今回は、25キロ、約5時間のトレイルでしたが、根っこや石などの地面からの突き上げも緩和され、あまり気にならない、クッショニングも良好!!!デザイン、カラーリング、機能性は、素晴らしいこと、自分に合っていることは実感出来ました!
重量は296gで300gを切るほど。この距離と時間でしたが、シューズの重さもさほど感じることなく走れました。

自分のように速くないけど山が好きで、トレイルランを五感で楽しむ人には適しているシューズであると思います。いま、シューズを探している方には、オススメの逸品ですっ!

次回は、ロングトレイルにも対応するのか試してみたいです。

お読み頂いた方、ありがとうございました。

#コロンビアモントレイル
#Columbiamontrail

山に感謝し、山を愛して走る考え方にも共感!
#アリガト山
↓↓↓↓↓↓↓
https://www.montrail.jp/arigatosan/

製品:カルドラドIII
価格:¥15,400(税込)

製品:ウィメンズ カルドラドIII
価格:¥15,400(税込)

コロンビアモントレイル公式サイト

2020/11/10