• Columbia
  • montrail
  • MOUNTAIN HARD WEAR
  • SOREL
  • prAna

上田瑠偉トレイルランニングギア2018NEWアイテム紹介│監修アイテムも登場!

2018/03/01

冬のマラソンシーズンも終盤、トレイルランナーの皆様も春からのトレイルランニングシーズンに向けて準備を進めているのではないでしょうか。
今回はコロンビア モントレイルの2018年のトレイルランニングシューズのニューモデルと、トレイルランナー上田瑠偉選手が監修したマウンテンハードウェアのトレイルランニングウェアを上田選手自ら紹介してもらいました。

Photo:Sho Fujimaki


上田瑠偉選手監修トレイルランニング防水ジャケット/パンツ

マウンテンハードウェア リロイジャケット /Photo:Sho Fujimaki

少しでも荷物を軽くしたいトレイルランナーに嬉しい200gを切る超計量シェル「リロイジャケット」は、フィールドテストを行った上田瑠偉選手のフィードバックが反映されたアイテム。

Photo:Sho Fujimaki

背面にはタックが入っていて広がるので、濡らしたくないトレランザックの上からでも羽織れます。

走っている時に、フードがバタつかないよう、おさえタブが付いています。

Photo:Sho Fujimaki

2.5層構造の防水透湿機能素材の裏地は3D加工されていて、サラサラしてベトつきません。昨年出場したOCC(UTMBの56kmカテゴリー)でも着用したのですが、タンクトップの上から着用したにも関わらず、(裏地が)サラサラとして快適でした。

止水ファスナーは、必携品に防水ウェアが入っているレースでの装備品チェックで見られるポイントでもあります。

別売りのパンツ(リロイパンツ)は、シューズを履いたまま脱ぎ履きできるようサイドファスナーを装備。ヒザも立体裁断で細身のシルエットながらも、ストレスなく走る事ができます。

リロイジャケットもリロイパンツもパッカブル仕様なので、収納袋無しでコンパクトにまとまります。ジャケット171g、パンツ145gと上下で300gちょっとです。画像はリロイジャケットとシューズの大きさ比較。(比較のシューズはMen'sカルドラドIIIの27.0cm)


新接触冷感トレイルランニングT

マウンテンハードウェア チャップマンクールスリーブレスT/Photo:Sho Fujimaki

マウンテンハードウェアの今期のトレイルンランニングカテゴリーのチャップマンクールT/チャップマンクールスリーブレスTには、新たな接触冷感プリントを胸と背中の内側に配置しています。水に反応して冷たくなる素材なので、レース中の汗が体温上昇を抑制してエネルギーの消費を抑制してくれます。カラーは僕の好きなカラーのパープル含めての3色展開です。パープルは、僕も中学生のころに代表になった都道府県別駅伝の長野県のユニフォームのカラーなので、思い入れもある色ですね。Golden Brownも僕が選ばせてもらった色です。他では作ってなさそうな色にしました。リロイジャケット(233カラー)や写真のバックパック(マウンテンハードウェア-フリューイッドベストパック6-090カラー)にも使われているので、Golden Brownでコーディネートする事もできます。

マウンテンハードウェア チャップマンクールT/Photo:Sho Fujimaki

画像のショートパンツは昨年発売して好評だったミントヒルショーツルイ(マウンテンハードウェア)。ジェルやフラスコを入れられるなど、トレイルランニングレースで必要な機能がまとまったショーツです。


ロードも走れるトレイルランニングシューズ“X.S.R.”

コロンビア モントレイルのニューモデルで注目なのが新たに登場したX.S.R.(Cross Sarface Running)カテゴリーですね。トレイルだけでなくロードも走れるトレイルランニングシューズカテゴリーになります。

手前がヴァリアント X.S.R、奥がカルドラドIIIのアウトソール

アウトソールを見てもらうとわかりますが、溝の深さはこれまで同様なのですが、出ている面積が広くなり、ロードでも安定して走れるソールになっています。
トレイルランニングレースでもロードの割合が高いレースや、凸凹が少なく走りやすいトレイルにおススメですね。

コロンビア モントレイル Fluidflex X.S.R.(フリューイッドフレックス X.S.R.)

フリューイッドフレックス X.S.R.は、これまでのFLUIDFLEXシリーズと同じミッドソールにロードも走れるアウトソールを採用していますので、これまでモントレイルのシューズを使っていただいているランナーの方の、ロード用シューズとしても使えると思いますよ。
また、シュータンがシューズ本体と一体化しているので、ソックス感覚で履くことができます。僕も日頃の練習で使っているのですが、ストレスが無くて良いですね。

コロンビア モントレイル Variant X.S.R.(ヴァリアント X.S.R.)

ミッドソールの新たなテクノロジー「パールフォーム」を採用したVARIANT X.S.R.は、全くの新作です。着地時に柔らかなクッション性を発揮しつつ、次の一歩のための反発力を生む新テクノロジーは厚底派のランナーや、これからランニング、トレイルランニングを始めるという初心者ランナーの方にもおススメです。コロンビアの全世界共通ブランドムービーにも、僕がVARIANT X.S.R.を履いて東京の街を走っているので、是非ご覧になってください。




定番トレイルシューズ カルドラドがIIIへアップデート

Photo:Sho Fujimaki

コロンビア モントレイル Caldorado III(カルドラドIII)/Photo:Sho Fujimaki

これまでバハダと人気を二分していたカルドラドは今期から「III」へとアップデートされました。大きくかわったのはアッパー素材。伸縮性のあるニットのような素材に。柔らかな素材感は裸足履きもできるような感じです。伸びが良いので足幅が広くてシューズ選びに困っていたような人でも履けると思います。これまでのIIとは大きく履き心地が変わっているので、是非一度履いてみて選んでほしいですね。

マウンテンハードウェア公式オンラインストア http://www.mountainhardwear.jp/
2018春NEWアイテムは3月中旬から順次入荷予定です。
※記事内でご紹介の「リロイジャケット」「リロイパンツ」は3/20(火)入荷を予定しております。

コロンビア モントレイル公式オンラインストア http://www.montrail.jp/
2018春NEWアイテムは順次入荷予定です。

【キャンペーン情報】テストトレイルランナー募集(3/7まで) ※終了しました
コロンビアモントレイルの新作シューズをテスト利用していただき、ご自身のブログやSNSでレビューを書いていただける方を募集します!走らない方も、Twitterのリツイート、Instagram投稿キャンペーンもありますので、是非ご参加ください。
http://www.montrail.jp/topics/feature/005874/

【テスト利用対象シューズ】

ヴァリアント X.S.R.(Men's/Women's)

フリューイッドフレックス X.S.R.(Men's/Women's

カルドラドIII(Men's/Women's

マウンテンマゾヒストIV(Men's/Women's

詳しくはコロンビアモントレイル公式サイトをご確認ください。

2018/03/01

CSJmagazineトップページ

公式サイト

Columbia Sportswear Japan Webサイト
1938年の創業以来、常にオリジナリティが高くイノベーティブなアウトドアウェアを提供し続けています。
MOUNTAIN HARDWEAR Webサイト
ウェア・テント・寝袋をはじめとする、極地遠征や高所登山に対応するクオリティ高い製品をラインアップしています。
montrail Webサイト
トレイルランニングに最適なハイクオリティ & ハイパフォーマンスシューズを開発するフットウェアブランドです。
SOREL Webサイト
1908年にカナダで生まれたウィンターブーツの代名詞、ソレル。