• Columbia
  • montrail
  • MOUNTAIN HARD WEAR
  • SOREL
  • prAna

【LET'S GO OUT!COLUMBIA BACKCOUNTRY in 野沢温泉】フォトレポート | コロンビアバックカントリーイベント

2019/03/20

コロンビアでは初となるバックカントリーイベントを、3/9(土)に野沢温泉村で開催しました。数日前までの都内は雨が降る日もあり天候が心配されましたが、イベント当日はドピーカン!おまけに前日には降雪もあり、極上のパウダーを期待させるコンディションに。

今回は、コロンビアアンバサダーであり山岳ガイドの有元崇浩さん、マウンテンハードウェアサポートアスリートでテレマークスキーヤーの上野岳光さんにツアーガイドとして同行いただきました。
盛りだくさんなイベントツアーの様子を、プロカメラマン小関信平さんの写真と共にお届けします!

Am7:30 受付開始

ランチタイムで使用するクッカーとストーブのセット、食材をお渡ししそれぞれのバックパックへ

アバランチギアやスノーシューのレンタルができるので
バックカントリーが初めてという方も参加されていました

AM8:15 長坂ゴンドラで山頂駅へ

山に出る前に、ツアー内容の事前説明や諸注意をお伝えします

本日進む予定のコースも確認

AM8:45 ゲレンデからバックカントリーへ移動

バックカントリーの入り口では、“これからバックカントリーへ入りますよ”という自分の意思表示の意味も込めて必ずツボ足で立ち入ります

AM9:00 ビーコンチェック

ビーコンが正常に反応するか、ひとりずつガイドがチェック

ここからいよいよバックカントリーへ
スキー隊、スノーボード隊の順にガイドがつけたトレースを進みます

AM9:30 ハイク地点に到着

スキー隊はシールを装着
スノーボード隊はスノーシューにチェンジ

滑走予定地点までほぼ登りなしのお手軽ハイキング

真っ青な空と真っ白な雪がとても気持ちいい


AM9:55 本日1本目の滑走ポイントに到着

先約はもちろんなし!

まずはガイドのタケさんが状況確認のため滑ります


雪質、斜面の状況、コース取りなどを細かく情報シェアしていただきいよいよ参加者のみなさまもドロップイン!

パフッパフ!・・・とはいきませんでしたが
自分好みのラインを気持ちよくいただきました♪

あと200mほど滑れるようでしたが、快晴により雪のコンディションが悪いためここからハイクアップ


視界が開けてきました


AM11:20 ランチ会場に到着

ショベルを使ってランチタイムを過ごすテーブルとイスをつくります


AM11:50 ランチクッキングスタート
本日のランチは特製サンドウィッチと野菜たっぷりスープです

元気みなぎるカツサンド

野菜スープにはHOSHIKO洋野菜MIX(ブドウ糖不使用の乾燥野菜)

雪上でも抜群の火力を生み出すコールマンクッカーストーブ

お水300mlとHOSHIKOの乾燥野菜10gを火にかけます

沸騰したらコンソメとジャッキーカルパスを投入

時間をかけたくない雪上でもあっという間にできる、お手軽野菜たっぷりスープのできあがり!

のんびりとランチタイム♪

PM12:30 プロフィール写真の撮影
今回のサブイベントでもあるプロフィール写真の撮影。

テレマークスキーヤー タケさん(上野岳光)

山岳ガイド アリさん(有元崇浩)
※着用しているウェアは2019年の冬モデル

幼馴染とそのお友達で参加してくださいました

なかなかプロのカメラマンに撮ってもらえる機会もないですよね
後日、滑走中の写真も合わせてプレゼントさせていただきました!

PM13:00 基礎知識講習&アバランチギア使用方法&雪洞体験

バックカントリーへ来たので存分に滑りたいところですが
基礎知識を身に着けることも、バックカントリーで楽しむために重要な事のひとつ

ここからはショベル、プローブ、ビーコンの使い方など、ガイドのタケさんに教わります

プローブから伝わるわずかな感覚を確認しながら雪質チェック

ビーコンも実際に使ってみます

ガイドがいつの間にか隠したビーコンを捜索

雪崩チェックのコンプレッションテストも実演

こんなに綺麗に切れ落ちます・・・

大人3名が一緒に入っても広々とした雪洞体験
寝泊りも楽々できそうです

PM14:30 集合写真パシャリ

ここから尾根を進み、ゴール地点へ向け出発

時間が遅くなるにつれ、雪が重たくなってしまい滑走の難易度があがってしまったもののみなさんさすがの実力者揃いで、楽々と滑走されていました
今回のゴール地点である東大滝の集落までは、ずっと林道を滑っていたので写真はここで終了。

AM16:30 東大滝の集落
野沢温泉スキースクールまではバスでピックアップしていただきました

朝から夕方まであっという間に過ぎた一日でしたが、これ以上にない快晴の中、和やかな雰囲気でバックカントリーイベントを終えることができました。
ゲレンデ外へ出掛けるバックカントリーは、とてもエキサイティングなスポーツである反面リスクを伴うスポーツでもあります。安全に楽しく遊び続けるためにも、必要な知識や装備は身につけておくことが大切ですね。

今回ご協力いただいた野沢温泉スキースクールでは、定期的にバックカントリツアーも行っておりますので、ご自身のレベルに合わせて参加をしてみてはいかがでしょうか。

そしてコロンビアが提案する次シーズンのスノーウェアにもご期待ください!
ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

2019/03/20

CSJmagazineトップページ

公式サイト

Columbia Sportswear Japan Webサイト
1938年の創業以来、常にオリジナリティが高くイノベーティブなアウトドアウェアを提供し続けています。
MOUNTAIN HARDWEAR Webサイト
ウェア・テント・寝袋をはじめとする、極地遠征や高所登山に対応するクオリティ高い製品をラインアップしています。
montrail Webサイト
トレイルランニングに最適なハイクオリティ & ハイパフォーマンスシューズを開発するフットウェアブランドです。
SOREL Webサイト
1908年にカナダで生まれたウィンターブーツの代名詞、ソレル。