• Columbia
  • montrail
  • MOUNTAIN HARD WEAR
  • SOREL
  • prAna

-SPECIAL SEMINAR- RUN CITY! FUN TRAILS! イベントレポート

2019/12/26

イベントのコンセプトは「RUN CITY! FUN TRAILS!」。街中を活用してトレイルランニングをもっと楽しむため方法を2018ハセツネカップ覇者である三浦裕一選手に学びました!
三浦選手よりレポートが届きましたのでご紹介します。


12月13日(金)東京のトレイルランニングプロショップRun boys!Run girls!さん(以下、ランボー)で『RUN CITY!FUN TRAILS!』を開催しました。

三浦 裕一(Yuichi Miura)
2018年ハセツネカップ覇者。バーティカルレースからロングレースまで幅広い分野で好成績を残し、現在はスカイランニング・トレイルランニング共に日本代表選手として、海外のレースでも活躍している。

このイベントのコンセプトである『RUN CITY!FUN TRAILS!』とは何かというと、今年幾度も日本に直撃した台風の影響により、ハセツネCUPを始め多くの大会が中止になり、更に関東近辺の山は倒木や土砂崩れ等で自由に走れないし危険な状況にあります。

それだけでなくても冬場は日が落ちるのが早かったり寒さや降雪、路面の凍結…。
はたまた忘年会やクリスマス、年越しなどで美味しい料理やお酒を飲む機会が増えたりすることもあって山から足が遠のいてしまいがちですよね。

そこで、普段頻繁に山に入らずに街中でトレーニングを行っている私がやっていることや意識していることなどを少しばかり実践を交えてお伝えしました。

当日はあれこれやってしまうと時間が足りないので、『どんな姿勢だと楽に走れるのか?』『街中でできるトレイルに通じるトレーニングは?』という2つのお題に絞りました。

ちなみに、足元は私がレースでも愛用しているシューズなどをお試しいただきました。

バハダIII(メンズ、ウィメンズ)

カルドラドIII(メンズ、ウィメンズ)

アルパインFTG(メンズ)

ログF.K.T. II(メンズ)

先ずは拠点のランボーを出発し、オーナーの桑原さんオススメの隅田川河川敷へ。ちなみにランボーは、JR馬喰町駅をはじめ、複数の駅からアクセスがしやすく隅田川にも約1kmという好立地。東京駅にも近いので、遠方からの来店者もとても多いのだとか。

寒い夜でしたが、短パン参加という強者も

普段と同じようにあまり意識をせずに走った時と、姿勢などを意識するトレーニングを行った前後でどのくらい変わるのかを体感してもらうために軽くダッシュから。

姿勢チェックでは、背中が曲がった状態と伸びた状態での違いを感じていただき、地面への力の伝わり方がこんなに違う!!ということを体験していただきました。

街中を走っていると階段があることも多いと思いますが、トレイルに通じるトレーニング場として階段もおすすめです!やり方次第で筋力強化、筋持久力の強化、またはランニングフォームを整えるのにも使えるので山に行けない時はここを利用しない手はありません!!
今回はトレイルを走る時に、この動きはこういったシーンに活きてくるなど、動き作りや筋トレを行いました。

階段でしっかりと動いた後は、ラダートレーニングへ。ラダートレーニングって何だろう?と知らない方もいると思うので説明をすると、ラダー(Ladder)とは「はしご」の直訳。はしごのようなトレーニング器具を使ってアジリティートレーニング、コーディネーショントレーニングをおこなうものです。

初めてラダーを使うという方も多かったですが、いざやってもらうと…。
頭では分かっていても身体がうまくついて来ない!
頑張ってやろうとしていても、違う動きやぎこちない動きになってしまい、みんな笑いながら楽しそうにこなしていました。瞬発力や判断力、または急な方向転換、様々なステップなど総合的な技術が必要なトレイルランニングでは、ラダーのトレーニングも効果的です。

ちなみに「ラダーなんて持っていないよ!」という方は、公園のタイルだったり目安になるものがあればどこでも実践可能なのでお試しあれ!

帰り際にダッシュをもう一度入れてbeforeとafterの力の伝わり方の違いを確認してもらい、ランボーへ戻りました。

戻ってからは質疑応答と懇親会!

そこで並んだ珍しいビールの数々。
みんなで乾杯の後には事前に受けていた質問に対する答えを発表したり、ご希望に応えてふくらはぎのフォトセッションなんかも(笑)

すかさず撮影会がはじまっていました

最後にはアリガト山について。
そもそもアリガト山プロジェクトとは、山に感謝すること、山を愛するすべての人々に感謝するということをテーマに山のマナーアップをはかろうというもの。アリガト山特設サイトでは5つのアリガト山STYLEを提案しています。

今までもこれからもアリガト山の気持ちを忘れずに、山に関わる人が楽しい気持ちで過ごせるといいですね!
アリガト山特設サイト

ご参加くださった皆様、ご協力いただいたRun boys!Run gils!の皆様、 どうもありがとうございました!

コロンビア モントレイル公式オンラインストア

<協力>
Run boys! Run girls!(ランボーイズ!ランガールズ!)
〒101-0031 東京都千代田区東神田1-2-11 アガタ竹澤ビル404
03-5825-4534
https://rb-rg.jp/

2019/12/26

CSJmagazineトップページ

公式サイト

Columbia Sportswear Japan Webサイト
1938年の創業以来、常にオリジナリティが高くイノベーティブなアウトドアウェアを提供し続けています。
MOUNTAIN HARDWEAR Webサイト
ウェア・テント・寝袋をはじめとする、極地遠征や高所登山に対応するクオリティ高い製品をラインアップしています。
montrail Webサイト
トレイルランニングに最適なハイクオリティ & ハイパフォーマンスシューズを開発するフットウェアブランドです。
SOREL Webサイト
1908年にカナダで生まれたウィンターブーツの代名詞、ソレル。