旅するように、自由きままに。 VAN CAMP。こだわりの数だけ、楽しみ方がある。
さあ、日常を忘れて、とことん自然と遊ぼう。
ひとつひとつの旅のシーンを重ねて、
ソトアソビに没頭しよう。
ドアを一歩出た瞬間から、あなただけの旅が始まる。

  • YURIE
    YURIE

    趣味で始めたキャンプを自身のInstagram
    アカウント@yuriexx67で公開し、女性でも
    できるアウトドア"週末ソトアソビ"を提唱。
    商品空間プロデュースや企業とのタイアップ、
    WEB、メディアでの連載、TV出演など、活
    動は多岐にわたる。

Van Camp Steps
Van Camp Steps

8:45  荷入れ
8:45  荷入れ

準備の時間も楽しいのがキャンプです。
忘れ物がないか、しっかりダブルチェックして出発するのが私のルーティン

9:03  出発
9:03  出発

運転時は動きやすい服装で。リブのある服は袖口が腕にフィットするので運転にぴったり!

10:45  道の駅
10:45  道の駅

キャンプの楽しみはキャンプ場だけにあらず色々な土地の道の駅めぐりも私の趣味の一つです。道の駅ではご当地グルメを食べたり、地元の野菜や食材をゲットするのがたのしみ!それをキャンプで調理するのも醍醐味ですね。

13:12  キャンプ場到着
13:12  キャンプ場到着

設営は手早く、シンプルに。設営時間を短くしてアクティビティやゆっくり過ごす時間の確保を大事にしています。

13:35  設営
13:35  設営

今回のレイアウトは、こぶりなタープを車とジョイントしてオープニング風に。バンキャンプはテントいらずなので設営も簡単。

14:19  設営完了
14:19  設営完了

移動と設営がおわったら、ゆっくり過ごす。それが私たちのキャンプスタイル。

14:37  コーヒータイム
14:37  コーヒータイム

秋冬キャンプはやっぱり焚火とコーヒーが一番。豆から挽いて、コーヒーを淹れる時間もゆったりしていて気持ちがいい。

Style & Items
Style & Items

womens jocket
womens jocket

表面と裏面両方着れる、素材が違うのでデザイン面でも全く別の雰囲気で着られる点もうれしい。

どちらにしてもあたたかい!急な雨、風が冷たい時は裏返せばオムニウィンドブロックが守ってくれる。襟に隠しフード付き。

womens fleece
womens fleece

MTRフリース?!
毛足の短いフリースは洗濯しても
毛が寝てしまうことなく安心◎
軽くてあたたかくて動きやすいので
運転中にも良いです。

womens shirt
womens shirt

さっと羽織れる万能アイテム。
今年はフード付き!
ゆったりとしたオーバーサイズで
袖は長くならないように計算された
シルエットが気に入ってます。
チェックのカラーも全色お気に入り。

womens fleece
womens fleece

コロンビアのヴィンテージから着想を得たフリース。
レトロなデザインと配色が気に入ってます。
軽くてあたたかくて着心地も抜群。

Textile Items
Textile Items

アメリカの先住民に伝わる伝統的なネイティブ柄をベースにアレンジしたYURIE監修のオリジナルテキスタイル。自然とのつながりを大切にして生きてきたアメリカ先住民族に伝わるネイティブ柄は自然との相性がよく、個性的でありながらキャンプシーンにとても馴染みます。
Shop info

全国のコロンビア直営店で、Van Camp Collectionアイテム販売中

Have a good camp!