特典満載の会員アプリ無料ダウンロード

【全額寄付】チャリティTシャツの販売総額と同額をウクライナの人道支援のために寄付


コロンビアは、「OvertheWall オーバー・ザ・ウォール世界壁画プロジェクト」を通じたアーティストミヤザキケンスケさんの活動及び同氏のウクライナ支援に対する強い想いに賛同し、マリウポリの壁画をプリントしたチャリティTシャツを制作し、応援購入サイト「Makuake」にて2022年6月13日より販売いたします。そしてその売上の全額をコロンビアから国連UNHCR協会を通じて、ウクライナの人道支援のために寄付いたします。

国連難民高等弁務官事務所(以下UNHCR)と、アーティストミヤザキケンスケさんの「OvertheWall オーバー・ザ・ウォール世界壁画プロジェクト」は、2017年ウクライナのマリウポリにて、ウクライナの童話「てぶくろ」をテーマに壁画を描きました。しかし、平和を願って描かれたその壁画は、2022年の戦火によって破壊されてしまいました。同じ2017年から、ミヤザキケンスケさんとコロンビアは、商品を題材にしたアートワーク制作や、コラボ商品の開発・販売を行うなど、関係を継続してまいりました。

今回、ミヤザキさんのウクライナ支援に対する強い想いに賛同し制作した「チャリティTシャツ」は、コロンビアの「ECOLUMBIA(エコロンビア」Tシャツをボディに採用し、そこにミヤザキさんがマリウポリの市民とともにと平和と共存の願いを込めて描き上げた壁画をプリントしました。壁画のテーマでもあるウクライナの童話「てぶくろ」は、寒い雪の日に動物達が手袋を見つけて、手袋の中に入っていく話で、狭い手袋だが動物たちは次々に来る動物たちを快く受け入れ、みんなで一つの温かい手袋をシェアするという多様な人々の共生や平和復興の願いが込められています。

購入方法など詳しくは、Makuake プロジェクトページをご覧ください。