企業の社会的責任

株式会社コロンビアスポーツウェアジャパンは我々の社会的役割を自覚し、社会や環境の発展を支えるために積極的にさまざまな活動に取り組んでいます。

コロンビアスポーツウェアジャパンは「フジロックの森プロジェクト」の活動を応援しています。

このプロジェクトでは、森づくりによる環境保全を図るため、フジロック会場周辺において植樹等により、森づくり活動をするとともに、森と親しむエリアを整備し、一年を通じて人が集まる新たな交流観光の拠点としていきます。

また、森林資源の循環利用を推進するため、地元の間伐材を活用した紙製品「フジロックペーパー」等を製造し、売り上げの一部等を間伐材の搬出経費に還元することにより、地域の森林整備に貢献していきます。

こうした取り組みを進めていくため、森づくり活動の推進組織として「フジロックの森」プロジェクト推進協議会を設立し、湯沢町、新潟県とフジロックフェスティバル主催者株式会社スマッシュが三位一体となりプロジェクトを実施していきます。また趣旨に賛同した企業、サポーターを広く募り、多くの参加により活動の意義を広めていきます。

音楽フェスと行政が一体となって森づくりによる環境保全プロジェクトを推進することは、今までになかった画期的なことであり、世界に発信できる取組みとしていきたいと考え、ここに「フジロックの森」プロジェクト推進協議会を設立します。


デザインゴミ袋を無料配布「GARBAGE BAG ART WORK」プロジェクト

GARBAGE BAG ARTWORKがコロンビアスポーツウェアジャパンのCSR活動"ECOLUMBIA"とコラボレーションしました。ゴミ拾いをされている団体に、デザインゴミ袋を無償配布する活動をスタートさせてました。全国のみなさんのゴミ拾いアクションを、楽しく美しくサポートしていきます。


コロンビアスポーツウェアジャパンは「コンサベーション・アライアンス・ジャパン」に参加しています。

1989年 、アメリカにおいて、アウトドア業界のビジネスで得た利益の一部を自然環境保護のために還元する目的で、ザ・コンサベーション・アライアンス(The Conservation Alliance)という団体が設立されました。

現在、アメリカのメンバーは70社を超え、自然保護のために大きな成果を上げています。また、オーストラリアにおいても、同じ趣旨の団体が作られ、自然保護のための活動が行われています。

「コンサベーション アライアンス ジャパン」の参加企業はすべてアウトドア関連企業です。私たちがビジネスで得た利益を環境団体に活動資金として援助・提供することは、間接的に私たちのお客様が自然保護のために資金援助することになります。コロンビアスポーツウェアジャパンは、「コンサベーション アライアンス ジャパン」参加を通じて、自然保護のために活動している環境団体への支援をしています。


コロンビアスポーツウェアジャパンは「日本山岳遺産基金」を応援しています。

「日本山岳遺産基金」は、日本の山々がもつ豊かな自然・文化を次世代に継承していくために設立された基金です。次世代の育成、山岳環境保全、安全登山啓発を目的として行われる「日本山岳遺産基金」の活動をコロンビアは応援しています。

日本山岳遺産基金の主な活動概要
・日本山岳遺産の認定と活動団体への助成金拠出。
・上記目的に合致した各種イベント、キャンペーン。
・山と溪谷社の各種媒体を使った広報活動。

製造業務基準の遵守

コロンビアにおいて企業の社会的責任(Corporate responsibility)の中核を担うのが
"製造業務基準" (Standards of Manufacturing Practices (SMP))です。

コロンビアの製品は世界各地の工場で生産をされています。それらの工場の従業員に対し、道徳的かつ公正な労働基準が提供されることを保証するために、コロンビアではパートナー企業に対しても、この製造業務基準(SMP)に対しての理解及び遵守を徹底しています。各工場へは、コロンビアの製造業務基準(SMP)、各地域の法律、及び国際労働機関(ILO)規約に則り、定期的に監査が行われます。

製造業務基準(SMP)は、以下10の大要にて規定されています。
強制労働
児童就労
ハラスメント(虐待)
差別
団結および団体交渉の自由
賃金および手当
労働時間と時間外労働
保険および安全確保
環境
倫理規定

カスタマーサービス
最新情報
コロンビアについて
メールマガジン購読