ページの先頭へ戻る

化繊綿ウェアのお手入れ方法│メンテナンス

2016/04/08

ダウンなどの天然素材に比べて、濡れに強い化繊綿のウェア。その分、お手入れも簡単です。頻繁に洗う必要はありませんが、臭いが気になったり、汚れが付着したら洗いましょう。シーズンオフには、洗濯してから保管して下さい。




【使用後のケア】
必ず洗濯タグを確認し、その内容に合わせたケアを行って下さい。
※ここでは基本的なケアの方法をご案内させて頂きますが、洗濯タグの内容を優先させて下さい。
※ご自宅でのケアが不安な場合は、お近くのクリーニング業者様へご相談下さい。



洗濯前に、破損予防のためファスナーやボタンはしっかり閉めます。フードや裾のドローコードはシワが無いよう伸ばしておきます。



《洗濯機を使用する場合》
洗濯機で洗う場合は、ネットに入れ、弱水流で洗って下さい。洗剤は、中性洗剤を使用して下さい。すすぎはしっかり行い、脱水にはかけないで下さい。
※柔軟剤成分が含まれている洗剤の使用は避けて下さい。撥水力低下の原因となります。
※漂白剤、蛍光増白剤が含まれているものは使用しないで下さい。
※脱水機を使用すると、中綿が傷む恐れがございますので使用しないで下さい。
※洗剤が残っているとウェアの機能の低下に繋がりますので、すすぎはしっかりと行って下さい。
※粉洗剤を使用する場合は、水で溶かして液状にしてからお使い下さい。



《手洗いの場合》
手洗いの場合は、たらいや浴槽にぬるま湯を張り、専用洗剤または中性洗剤を入れ、その中で押し洗いをして下さい。汚れがひどい場所は、柔らかい布やスポンジなどで生地が傷まないよう優しくこすって落として下さい。 ※柔軟剤成分が含まれている洗剤の使用は避けて下さい。撥水力低下の原因となります。
※漂白剤、蛍光増白剤が含まれているものは使用しないで下さい。
※洗剤が残っているとウェアの機能の低下に繋がりますので、すすぎはしっかりと行って下さい。



すすぎが終わったら、脱水します。ウェア内の水を軽く押し出すようにします。できるだけ水を押し出せたら、バスタオルなどにくるみ水分を取ります。



乾燥は、直射日光の当たらない風通しのよい場所でハンガーなどに吊るして干して下さい。
※乾燥機については、洗濯表示に従って下さい。乾燥機が使用可能の場合は、中綿を傷めない様、低温に設定して下さい。



撥水処理
洗濯と熱処理で十分な撥水効果が戻らない場合は、撥水剤で撥水処理を行うと効果的です。十分に効果を出すためにドライヤーなどで熱処理を加えることをお奨めします。
※熱処理を行う場合は、生地、中綿を傷めないよう注意して下さい。
※スプレーは近づけ過ぎるとムラになってしまうので、少し離して使用して下さい。



【化繊綿ウェア 取り扱いの注意点】
ハンガーでの保管がお勧めです。付属の収納袋を使用した長期間の保管は避けてください。
長期間押しつぶされたままの状態で保管しているとインシュレーションに使用している素材がへたり、十分なロフトを回復できず保温性の低下にも繋がります。
長期間保管する際は、プラスチックの衣装ケース、ビニール袋等での収納は避けてください。直射日光の当たらない、湿気が少なく通気性の良い場所に保管して下さい。

2016/04/08


カスタマーサービス
最新情報
コロンビアについて
メールマガジン購読