ページの先頭へ戻る

【イベントレポート】インスタ映えトレラン@紅葉の京都

2017/11/14

11月4日に行われた「コロンビアモントレイル×マウンテンハードウェア トレイルランニングセミナー in 京都」のイベントレポートをお届けします。年に2回、定期的に行っている当イベントの今回のテーマは「フォトジェニック(インスタ映え)トレラン」。流行語大賞の候補にもなっている「インスタ映え」と、「紅葉の京都」という、正に今が旬な組み合わせのイベントです。
ナビゲーターは京都を拠点に活動しているマウンテンハードウェア/コロンビアモントレイルのサポートトレイルランナーの中川政寿さんと、今回のレポートを提供いただいたマウンテンハードウェア原宿店の藤澤さんです。



朝9:00よりnadi裏の公園にて受付開始。9:15より挨拶・準備体操・自己紹介・レンタル商品の説明・シューズ、ザックの背負い方を説明し、イベントがスタート。



ロードを数キロ走ったところで、趣のある路地に到着。今回のテーマは“フォトジェニック(インスタ映え)”という事で、写真を撮りながらゆったりと進みます。



そこから上賀茂神社へ。所々紅葉しており、雰囲気の良いポイントでランニングショット。 その後は15分ほど神社内を観光して頂き、近くの有名焼き餅店へ。



そこからロードをつなぎ、舟山トレイルへ向かいます。トレイルの入口では登り方のレクチャー。そこから舟形まではシングルトラックが続き、歩いて登ります。



景色の良い舟形で記念撮影し、補給タイム。その間は講師の中川さんと藤澤で商品プレゼンタイム。

今回紹介したアイテムは
ディプシートレイルウインドジャケット(藤澤着用)
キネティックロングスリーブハーフジップ(中川さん着用)
32°ノットソータイツ(中川さん着用)
ストレッチダウンDSフーデッドジャケット(中川さん着用)

それ以外にもトレラン時の常備アイテムとして、ゴーストウィスパラーダウンジャケットやゴーストライトジャケットもご紹介。
ストレッチダウンジャケットの反応が良く、女性からオレンジが欲しいとの声もありました。

そこから舟山山頂へはすぐ。地味な山頂ですがかわいいパネルがたくさん!



下りのパートに入る前に下りのレクチャーを行い、みなさん意識しながら下ります。
所々で歴史の話を交えつつ、身体の使い方や足の置き方なども教わります。



そして今回は、ループ(周回)ができるトレイルを使ったトレイルランニング体験を実施。一時的にマーキング(目印)を付け、まずは全員で1周15分ほどコースを走ります。その後、自分のペースで習った事を意識しながらトレイルランニングを体験。このようなツーリングツアーだと、なかなかマイペースに走ることができないので、楽しかったという声が多く聞けました。



登りとは別ルートで下山。



下山直後、通り雨に遭遇しましたが、その後今まで見た事もないような大きな虹が出るというサプライズ!!まさにフォトジェニック!!



鴨川沿いを走り、nadiへ。総距離約15km。予定通りに14時頃解散となりました。



【藤澤さんコメント】 20名の方に参加いただきました。今回のテーマである“インスタ映え”に興味を持っていただけたようで、初めて女性参加者が男性を上回りました。
参加者の中にはリピーターの方も多く、比較的体力のある方が多かったので、大幅に間隔が開いてしまう事も無くスムーズに進みました。
ゆるりとしたテーマではありましたが、後半に自分のペースで走るパートを入れた事で、観光とトレランのメリハリをつけることができ、参加者も楽しんで頂けた様子だったので、今後のイベントにも積極的に取り入れて行きたいと思います。



あわせて、藤澤さん登場記事「トレランの疑問があったらMHWストアへ!トレイルランナーのいるお店"マウンテンハードウェア原宿店" │トレイルランニング藤澤美希」もご覧ください。
また、最新のトレランイベント情報は[Facebook] Mountain Hardwear Japanにてお知らせしていますので、是非フォローください。

2017/11/14


カスタマーサービス
最新情報
コロンビアについて
メールマガジン購読