ページの先頭へ戻る

南カリフォルニア生まれのライフスタイルブランド"prAna(プラナ)"上陸 │About prAna vol.1

2018/11/07

ヨガやクライミングをされている方であれば、ご存じの方も多いかと思いますが、南カリフォルニア生まれのライフスタイルブランド“prAna(プラナ)”、その国内初の直販ECサイトが9月25日にオープンいたしました。

▼prAna(プラナ)公式オンラインストア
http://jp.prana.com/
※コロンビアオンラインストア会員IDでご利用いただけます。コロンビア商品との併売も可能です。

今回は、プラナを知らなかった、初めて名前を聞いた、という方のために、日本におけるプラナのマーチャンダイザー(商品開発担当)島田さんに、プラナのブランドストーリー、サスティナブルというコンセプトを支える製品テクノロジーについて解説いただきました。


南カリフォルニアのヨギーとクライマー夫妻

プラナは1992年、アメリカ カリフォルニア州のカールスバッドで生まれました。カールスバッドはサンディエゴから車で約1時間半北に行った海岸沿いにある小さな街です。サーフスポットとしても有名なエンシニータスという街にも近く、海を近くに感じる自然豊かな場所です。少し足を延ばせば国立公園もあり、メジャーなクライミングスポットも多く存在しています。


prAnaブランドは、BeaverとPam Theodosakisというご夫妻が、二人が愛するヨガ、クライミングそしてアウトドア全般で使えるウェアを彼らのガレージで作り始めたことがきっかけで誕生しました。 当初から、日常生活でもアウトドアでも使える汎用性をもっていること、そして二人が愛する自然に負荷を与えない、リサイクル素材を中心とした自然に優しい製品づくりをすることを目標としていました。
そのコンセプトは最初から徹底していて、初めて商品を発送する時には、近所のグローサリーストアの果物の空き箱を再利用しお客様に送ったそうです。また商品につけるタグは、自分たちで新聞紙や雑誌を小さく裂き、水と自然由来の接着剤を混ぜ作りあげました。そのタグは今でもUS本社に飾られています。 プラナを支えるサスティナブルというコンセプトの伝わるエピソードですね。


プラナの製品は、ヨガ、サーフ、クライミング、トラベルといったアクティビティで使うことを想定しています。ひとつのアクティビティを突き詰めるというよりも、生活の中で色々なアクティビティを楽しんでいこう、そんなライフスタイルを提案していくブランドです。

シーズン毎に設定されたテーマに沿った柄・パターン
プラナのアイテムは、毎シーズン、テーマを設定していて、それに沿って柄やパターンがデザインされています。プラナと言えば「柄がカワイイ」と言われる事も多く、商品企画においても重要な部分ですね。 今期(2018秋冬)のテーマは「パンアメリカンジャーニー」。パンアメリカンハイウェイってご存知ですか?旅行記なんかも出ている有名なハイウェイルートで、アラスカのアンカレッジから南米ブエノスアイレスまで車で行くことができる幹線道路網のことです。(途中ダリエンギャップという場所で、熱帯雨林やその地方に住む原住民を守るため、160㎞ほど道路が途切れる場所があります。)プラナのデザイナーが、このハイウェイを通って、いろいろな場所に寄り、その場所ごとにインスピレーションを受け、カラーや柄を商品に反映していきます。


プラナを理解するための重要なキーワードが「サスティナビリティ」。サスティナビリティとは、広く環境・社会・経済の3つの観点からこの世の中を持続可能にしていくという考え方です。この考えを支えているのが「オーガニックコットン」、「リサイクル/サスティナブル素材」、「フェアトレード」、「ブルーサイン」と言ったキーワードです。


まず、オーガニックコットン。100%オーガニックコットンというまでにはさまざまな段階を踏まなければなりません。農薬を使わずに育てるということだけではなく、まずコットンを育てる土壌から農薬を排除することが必要です。それには2-3年かかるといわれています。そこからやっと綿花を育てていくプロセスが始まります。 通常の綿花の製造工程、紡績、織布、染色加工、縫製などにはたくさんの化学薬品や農薬が使われるといわれています。 また綿花は多くの水を必要とする植物でもあります。 オーガニックコットンはそれら全ての製造工程、および土壌でのチェックを認証機関が行い、認証を受けたものだけがオーガニックコットンとして認められます。

プラナは商品にオーガニックコットンを採用し始めたのは2000年に入ってからです。その後徐々にスタイル数を増やし、オーガニックコットンを扱う工場との関係性も深めていきました。 そして2014年には、2019年までにprAnaのコットン製品は100%オーガニックコットンに切り替えるという目標を掲げました。 実際には2018年の秋冬から全てのコットンを100%オーガニックにすることを実現することができました。
>100%オーガニックコットンについてさらに詳しく

プラナクライミングT:スーパーソフトオーガニックコットンブレンドで作られた女性用グラフィックT

次にリサイクル/サスティナブル素材。prAna では主にActiveカテゴリーの商品に多く使われている素材にレンジングテンセルがあります。レンジング社の開発した再生繊維です。 原料は木材で、木材からパルプを作り、パルプからは紙が作られますが、レンジング社はパルプから繊維を作ります。 原料となる木材はレンジング社が管理している木材ですので、自然の森などの木を伐採し、ということではありません。 
テンセル自体リサイクル可能な素材です。 木材から作った繊維で製品を作り、さらに使用後の製品は自然に戻ることができます。 繊維の特徴としては、柔らかくてストレッチ性が高く非常にソフトな肌触りです。また自然な吸湿、保湿コントロールができる素材でもあります。 衣服内が蒸れているときは透湿を促し快適な環境を作り出します。

グレーナタンク:オーガニックコットンとリヨセルのブレンド生地でできているスクープネックレイヤータンクトップ

もうひとつレンジング社の素材でレンジングモダールがあります。テンセルと同じで木から作った繊維ですが、違いは使用する木材です。 テンセルは木材全般が対象ですが、モダールはブナの木だけを原料としています。 ブナの木を使用したモダールはテンセルよりも水に強い、洗濯に強く型崩れをすることが少ないことが特徴の一つです。またシルクに似た光沢感もあり、見た目の高級感もあります。

キャリーズドレス:モダール生地のフレンチテリーニットを使ったドレス

レンジングテンセル、レンジングモダール。いずれもプラナの中でも非常に多くの製品で使われています。
>[プラナ]テンセルで検索
>[プラナ]モダールで検索


ヘンプも多くの製品で使われています。繊維としてのヘンプに関してはあまり知られていないかもしれませんが、ヘンプはいろいろな意味で非常に優秀な繊維です。まず天然の消臭効果が非常に高いです。これは細菌に強い性質のため、匂いの原因となる細菌を消す力を独自に持っています。 そのため、栽培時に農薬を使う必要がありません。ヘンプ農家さんでは、自分たちが食する野菜などを植えている畑の周りに虫除け代わりにヘンプを植える方もいらっしゃるようです。 また保水力もあるので、栽培時に必要とされる水分量はコットンの約1/4ほどでもしっかり成長します。雨水だけでも成長することができるとも言われています。 また、成長速度も速いため、安定した生産が可能です。 
繊維の特性としては、繊維の強度が高いこと、とても丈夫で摩擦に強い繊維です。 またウールに似た熱伝導性も持っているので、夏は涼しく、冬は暖かいという性質も持っています。 植物繊維なので、麻など少し硬い手触りのイメージがある方も多いかもしれませんが、ヘンプの繊維は非常に細く丈夫で、肌触りはとてもやわらかいです。 最近ではスーパープラントとしてヘンプに注目している企業は徐々に増えているようです。 プラナは中国にヘンプファームを持っています。もちろん無農薬。安定した生産が可能なナチュラルなヘンプを使って製品バリエーションは徐々に増えています。

シーボードショートスリーブトップ:オーバーラップされたサイドシームが特徴的な軽量のショートスリーブ・クルーネックトップです。オーガニックコットン/ヘンプのブレンドで作られています。

ブルーサインプロダクト。ブルーサインはスイスに拠点を置くブルーサインテクノロジーによって運営管理されています。繊維業界において環境、労働、消費者の観点における持続可能なサプライチェーンを経た製品に付与される認証のことですが、世界で最も厳しい基準と言われています。 ブルーサイン認証の素材は、prAnaの商品にも積極的に採用されています。
>ブルーサインについてさらに詳しく

アークティックエアタンク:縦・横に伸縮する4ウェイストレッチで、スムーズな動きを実現。通常のフィッティングで、ブルーサイン承認のリサイクルポリエステルを使用しています。

フェアトレード。最近よく聞きますよね。フェアトレードは、簡単に言えば、公正な貿易を行いましょうという取り組みです。  国際貿易をする上で、労働者の権利、適切な労働環境を守り、安定した暮らしや経済的な自立をサポートできる公正な賃金を、労働者に払うのが大きな特徴です。 プラナ本社のメンバーやアンバサダーも、契約しているフェアトレードファクトリーへ赴き、現地の労働者の方々とコミュニケーションを図り、実際そこで働く方々がどのような暮らしをし、どのような経済的サポートが行われているか確認しています。今後もフェアトレード契約ファクトリーを増やす方向で活動を進めています。
>フェアトレードについてさらに詳しく

ホールトンプラッドロングスリーブ:クラシックなフランネルを現代風に取り入れたチェックシャツです。オーガニックコットンとポリエステルのブレンドによる軽量通気性とパフォーマンスの良さを兼ね備えています。フェアトレード認証を取得。スタンダードフィットでダブルチェストポケットを装備しています。


他にもいくつかキーとなるマテリアルがあります。

RDS(レスポンシブルダウンスタンダード)。例えば、ダックのダウンを使う際に、ダックが生きたまま羽毛を毟っていませんか?より多くの羽毛を取るために過剰に餌をあげて太らせていませんか? RDSはそのような動物に対する不当な扱いを行っていない農場からとれた羽毛であることを保証する国際認証基準です。prAnaのダウン商材に使われているダウンは、すべてRDSダウンです。

ショーダウンボンバージャケット:ジッパー付ハンドウォーマーポケット、パスポートサイズのZIP付内部ポケットを備えています。スタンダードフィット。環境に配慮した染料、PFC(過フッ素化合物類)フリーの耐久性撥水加工のブルーサインリサイクル・ポリエステル・ブレンドから構成され、RDS認定のダウンを使用しています。

HeiQ。HeiQ(ヘイク)は防臭加工。主にアクティブのTシャツなどに使われています。

ハーデスティショートスリーブ:フェアトレード認定素材を使用した軽量で伸縮性の高いパフォーマンスTシャツです。スタンダードフィットで吸湿速乾機能とHeiQの防臭技術が採用されています。

Sorona ®(ソロナ)。穀物から糖分、グルコース(ブドウ糖)を取り除き、微生物(バクテリア)により発酵、自然な化学合成により高精度なポリマーが作られます。そのポリマーから作られる繊維です。天然由来の繊維ですね。prAnaのデニムやパンツの素材に使用されています。

ロンドンジーン:Sorona ® が自然なストレッチ感、耐久性、シェイプの維持、サステイナブルを実現

vol.2に続く

【prAna公式オンラインストア】

2018/11/07