ページの先頭へ戻る

 いよいよ雪山第二弾です! 3月と行っても山の上は白い世界。だいぶ日も長くなり、雪質も1月とはだいぶ違っているはず...。ここから初めての雪山でも構いません。
 今回の目標はとても人気の高い北アルプス南部の西穂高岳の独標。独標から上は雪山上級者向けですが、独標までならガイドと一緒に初心者の方でも挑戦できます!
 いずれは目指したい西穂高岳の途中まで登ってみませんか? 宿も一度は泊まってみたい標高2367mにある西穂山荘です。ガイドと一緒なら、山小屋で過ごす時間も一層充実! いろんな話が聞けますよ!

ルート 1日目 新穂高ロープウェイ→西穂高口→西穂山荘→雪山登山のウェアリングについて→就寝
2日目 丸山→独標→西穂山荘→新穂高ロープウェイ
日程 2017年3月25日(土)〜26日(日) 1泊2日
集合 3月25日(土)12:30 新穂高ロープウェイ
解散 3月26日(日)14:30頃 新穂高ロープウェイ
交通 電車・バスでのアクセス ※松本駅からバスターミナルまで、徒歩約5分です。
[行き]
高速バス:アルピコ交通 新宿(06:05発)〜松本(09:23着)
電  車:特急スーパーあずさ1号 新宿(07:00発)〜松本(09:39着)
路線バス:松本バスターミナル発(10:00)〜平湯着(11:25)
路線バス:平湯発(11:40)〜新穂高ロープウェイ着(12:25)
[帰り]
路線バス:新穂高ロープウェイ発(14:55)〜平湯温泉着(15:28)
路線バス:平湯温泉発(15:50)〜松本バスターミナル着(17:15)
電  車:特急スーパーあずさ32号 松本(18:35発)〜新宿(21:06着)
高速バス:アルピコ交通 松本(18:20発)〜新宿(21:38着)

お車でのアクセス
長野自動車道・松本ICから国道158号〜(平湯)〜国道471号〜(栃尾)〜県道475号で90分
参加費 おひとり様 ¥38,000 (西穂山荘 山小屋代込み)
持ち物 登山靴(アイゼンが装着可能な靴、保温性もあると尚可)、ストック(雪山用バスケットのもの)、アイゼン(10〜12本靴裏を全てカバーするもの)、ピッケル(縦走用のもの)、ハーネス、アバランチビーコン、ザック(30〜40L程度)、ヘルメット、アウターシェル、ミッドレイヤー、ファーストレイヤー(下着)、靴下、ゲイター、オーバー手袋(保温性のあるミトンなど厚手の手袋の上に着用できるもの)、手袋(-20℃まで対応のもの)、サングラス、帽子、目出帽(凍傷予防に)、ヘッドランプ(予備用電池も)、水筒(1L程度。テルモス、暖かい飲み物用)、日焼け止めクリーム、洗面用具・医薬品(各自の必要に応じて)、その他(携帯カイロ、ウェットティッシュなど)
●レンタルについて
ストック、アイゼン、ピッケル、ハーネス、ザック、ヘルメット(各1日500円)、ビーコン(1日1000円)
※お申し込み時に確認いたします。
※持ち物や服装などにご不明点がある場合はお気軽にご相談ください。
ご参加にあたり ●天候、ルート、積雪の状況等によって、目的地、ルート等、宿泊場所等が変更になる場合があります。また、現地での判断は、安全を第一に考えガイドが行います。ガイドの判断には必ず従って頂きます。予めご了承ください。
●講習開始後、山岳ガイドに著しく技術、体力が不足すると判断された場合はその時点で下山して頂きます。安全地帯にご案内した時点で、講習を終了します。この場合、講習費の返金、変更はございません。
●山岳保険への加入がご参加の条件となります。弊社でもご加入いただけます。(保険期間2日間¥1,000)
ご旅行条件(要旨) ※ご契約の際は、必ず企画概要PDFの「ご旅行条件(要旨)」をご確認の上、お申込みください。
企画概要PDF
ガイド 近藤謙司 WIN THE SUMMIT ACADEMY 学長 近藤謙司
国際山岳ガイド連盟公認 国際山岳ガイド
チョモランマ冬季北壁最高地点到達等の記録を持つクライマー。チョーオユーやチョモランマでは当時の最高齢登頂者を山頂に導き、アルプスではアイガー、マッターホルンのガイドとして活躍。
2013年には、エベレストよりローツェへの連続登頂を成功させる。映画・テレビ・CMの出演やコーディネート、講演会や登山商品開発も積極的に活動中。著書に「エベレスト、登れます」(産業編集センター)がある。
お申込み 参加をご希望の方は、下記までお申込みください。

株式会社アドベンチャーガイズ
TEL. 03-5215-2155
FAX. 03-3288-3211
EMAIL. info@adventure-guides.co.jp
営業時間:平日 10:00~18:00 / 土曜 10:00~14:00(日・祝日休み)

こんな記事も読まれています


カスタマーサービス
最新情報
コロンビアについて
メールマガジン購読