お手入れ方法

より長く快適な着心地をお楽しみいただくために、コロンビアスポーツウェアの製品の取り扱い方法を案内しています。

アパレル:洗濯方法 | 撥水の復元方法 | 保管方法 | ダウンの羽抜けについて
フットウェア:使用後のケア&メンテナンス | 取り扱い上のご注意

アパレル

洗濯方法

オムニテックシリーズ

洗濯機で水温40度以下の弱洗い、または弱い手洗いが適しています。 すすぎは十分に行ない、洗剤が残らないように注意してください。すすぎが不十分で洗剤が残りますと、生地本来の機能を損なう場合があります。また湿った状態や汚れた状態で、長時間放置する事は劣化を早める原因になります。

生地表面に汚れが目立つようになったら、上記の方法で洗濯し、完全に乾いた状態で、できるだけ湿度の低い場所で保管するようにしてください。 中性洗剤をおつかいください。柔軟剤や蛍光剤・漂白剤の入った洗剤はお避けください。


ポリエステル インシュレーション

ぬるま湯に中性洗剤をとかして、軽く押し洗いしてください。 すすぎは十分に洗い、洗剤が残らないように注意してください。 その後、強く絞らないようにして水を切り、風通しの良い日陰で平干ししてください。


ダウン製品

洗濯表示に基づいたご家庭での洗濯も可能ですが、ダウン製品の取り扱い経験の豊富な専門のクリーニング店へお出しする事をおすすめします。ドライクリーニングは、生地の劣化に繋がる場合があり、生地表面の撥水効果の低下や羽毛の噴出の要因となりますので、避けてください。

水洗いの場合は、ぬるま湯の入った洗濯槽もしくはタライのようなものに、ダウン専用の洗剤をとかし、軽く押し洗い(手洗い)してください。その際、強く押し洗いして、ダウンが偏ったりしないよう注意してください。

撥水性の復元

水が生地表面を転がり落ちるような作用を撥水といいます。
生地裏側まで水が浸透することを防ぐ防水とは異なる機能です。素材の表面は様々な障害物と擦れ合うことで、撥水性は時間とともに低下します。

撥水性の低下の原因には主に2通りがあります。

1.汚れによる撥水性の低下

素材表面に汚れが付着することにより(肉眼では見えにくい小さなほこりも含む)、水を弾きにくくなります。これは素材表面を覆っている撥水剤の上に付着した汚れが水分を吸収してしまうからです。洗濯をして汚れを除去する事で撥水性が回復します。また、洗濯の際はすすぎを十分に行なって、洗剤を完全に除去しなかった場合は、「汚れ」と同様の撥水性の低下が起こりますのでご注意ください。

2.磨耗による撥水性の低下

長期にわたって使用しますと、素材表面の撥水剤が摩耗(削り落ちて)しまいます。この撥水性の劣化は避けられません。回復には市販の撥水スプレーが必要になります。撥水スプレーに記載された使用方法に応じてリペアをしてください。(撥水スプレーは屋外で使用してください)

保管方法

1.コーティングまたはラミネート素材

洗濯後に十分乾燥させてから保存してください。汚れが付着したままですと、酸化やカビの原因となります。また、乾燥が不十分の場合はカビだけではなく、コーティングやフィルムの加水分解を早める原因となる場合があります。結果的に製品の寿命を縮めてしまいます。
直射の当たる場所、高温多湿になる場所は避けて、製品を強く圧迫しない状態で保管してください。
折りたたんだ状態で長期間強く圧迫しますと、折られた部分のコーティングやラミネートを痛める場合があります。

2.インシュレーション

付属の収納袋を使用した長期間の保管は避けてください。
可能な限りゆったりとした自然なロフトの状態で保管してください。
長期間押しつぶされたままの状態で保管しているとインシュレーションに使用している素材がへたり、十分なロフトを回復できない場合があります。それは保温性の低下にも繋がります。

3.ダウン製品
・ダウン自体に含まれる脂肪分の影響で臭いがする場合がありますが、その場合は風通しの良い日陰で平干ししてください。
・雨や雪等の水分で濡れた際には、できるだけ早めに渇いた布等で拭き取り、風通しの良い日陰で平干ししてください。
・付属の収納袋を使用した長期間の保管は避けてください。
・可能な限りゆったりとした自然なロフトの状態で保管してください。長時間押しつぶされたままの状態で保管していま
すとインシュレーションに使用している素材がへたり、十分なロフトを回復できない場合があります。保温性の低下に
つながります。
・シーズンが終わり、保管する際には、プラスチックの衣装ケース、ビニール袋等での収納は避けてください。湿気が少なく通気性の良い場所に、防虫剤等とセットにして保管することをおすすめします。

ダウン製品の羽毛抜け

ダウン製品には羽毛の噴出しにくい特殊な素材および縫製技法を採用していますが、着用によって生地目から若干羽毛が飛び出す場合があります。これはダウン製品の特性であり避けることができません。

ダウン製品はロフト(かさ高)を保つ為に空気が必要です。通気性のない素材を使用してしまいますと、充分なロフトが得られません。ある程度の通気性を保つための、空気の通りみちより羽毛の抜け出ることも考えられます。

もし生地から羽毛がでている時は外側から引き抜きますと穴(繊維と繊維の隙間)がより大きくなりますので、引き抜かず周りの生地をつまんで内側に戻すようにされるか、製品裏面から引っ張り内側に戻していただくことをおすすめします。縫い目部分から羽毛が噴出する場合がありますが、これはダウン製品の構造上避けることができません。

フットウェア

使用後のケア&メンテナンス

STEP1 汚れの除去

  • ・シューズから靴ひもと中敷を抜きます。
  • ・靴ひもは中性洗剤で洗います。
  • ・中敷は日の当たらない風通しの良い場所で乾燥させます。乾燥させたら手で払い、
    汚れを落とします。汚れが落ちない場合は水洗いしてください。

<アッパー部分>
靴用ブラシ(ヌバック皮製品の場合は専用ブラシ)を用いて汚れを落としてください。
落ちない泥は、水をおしぼりのように固めに絞った布で拭き、頑固な汚れは市販の専用洗剤を使って、水洗いで対応してください。(洗剤の取扱説明書の使用指示に従ってください。)

※レザーアッパーは毎回洗う必要はありませんが、ワックスを落とす意味から2〜3回ご使用の度に1回は洗うと長持ちします。

<アウトソール>
水洗いし、頑固な土は使い古しの歯ブラシや割り箸などで取り除いてください。


STEP2 乾燥

直射日光を避けて、風通しのよいところで乾燥させてください。靴内部に水が残留している場合、靴専用の乾燥剤を靴の中に入れておきます。
(直射日光、ヒーターで急激に乾燥されると皮革のひび割れの原因になります。)


STEP3 撥水

<皮革の場合>
素材に合わせた皮革保護剤を塗布してください。次に撥水スプレーをして、自然乾燥させます。

<ファブリックの場合>
汚れを除去し乾燥させた後、撥水スプレーを塗布します。


STEP4 保管

  • ・型崩れを防ぐために使用後のケアや脱ぐ時に緩めた靴ひもは、全て通して軽く締めて保管してください。
     この時に新聞紙を敷き詰めておくと、型崩れ防止だけでなく、湿気対策にもなります。
  • ・車のような密閉されて高温になるような場所もシューズの劣化の原因となりますので避けてください。

取扱い上のご注意

    フットウェアを選ぶとき

    安全で快適なご使用のためには、ご使用先での環境状況や、ご自身の使用状況など、用途・目的に合ったフットウェアを選ぶことが重要になります。お買い求めいただくときは、実際にご使用になられるソックスを用い、必ず両足試し履きをしてください。足の形状には個人差・左右差があり、またフットウェアの形状もモデルにより違う場合があります。無理のない履き心地のフットウェアを選んでください。また、新しいフットウェアは出かける前にあらかじめ履き慣らしてから使用してください。

    フットウェアを使用するとき

    ご使用前には必ずアウトソール・ミッドソールや靴紐、フック、D環等フットウェア全体に異常が無いことを点検してください。特に靴底は屈曲を繰り返して、ひび割れや接着面の剥離等、異常が発生しないか確認してください。長期間使用していない場合は、特に入念に点検を行ってください。

    お履きになるときは靴べらを使用し、靴紐はしっかりお締めください。靴紐が解け、長く垂れ下がっていると踏みつけて転倒したり、自転車の車輪、ペダル等に紐が巻き込まれる危険があります。また弛んだ紐が引っかかり事故につながる危険性があります。

    フットウェアのかかと部分を踏み潰したり、靴紐を締めたまま着脱をしないでください。(かかとを踏めるタイプは除く)。かかと部分に内蔵されているヒールカウンター(保形材)がつぶれて変形したり、破損したりする原因となります。また、靴擦れや、場合によっては大きな怪我の原因になることもあります。

    フックがある靴は、十分上まで締めてご使用ください。歩行時に靴紐やドローコードがフックに引っかかり、転倒などの原因になります。また、フックを全て締めていても靴紐の余り具合や使用状況によって、反対側の紐・草木・周辺物等に引っかかる可能性がございます。フックが何かに引っかからないよう、靴紐があまる場合は靴紐の下にくぐらせた上狭い場所や物が多い場所の歩行等、十分ご注意ください。

    狭い場所を通過する場合や方向転換など、両足のフットウェア、紐、パーツ等が擦れ合うような歩行をする場合は十分ご注意ください。

    子供用等のドローコードは、紐の下に収納する等、コードが垂れ下がったままの状態を避けてご使用ください。引っかかったり、踏みつけたりして転倒する危険性があります。

    ご使用上の注意

    合成樹脂を使ったフットウェアをベランダやテラスなど、直射日光や気温変化の激しい場所に長時間放置されますと変形や縮むことがありますのでご注意ください。

    屋外・屋内ともに、濡れた路面/タイル床/大理石調の床/道路側溝にある金属製ネットの上/凍った路面/雪道/階段/段差/マンホールの上/油が含まれた場所/などでは滑りやすくなりますので、ご使用の際は特にご注意ください。

    ご使用中の強い摩擦や汗・雨など濡れた状態でのほかのものとの接触により、色移りや素材自体の色むらを起こす恐れがあります。

    直射日光や蛍光灯などに長時間照射されることにより色あせることがありますのでご注意ください。

    装飾性の高い付属物、パーツを使用しているフットウェアは、周囲のものとの摩擦や引っ掛かりにより破損する恐れがありますのでご注意ください。

    足首の固定されたブーツ、厚底のフットウェア、サンダルやヒールなど、お車の運転に適していないフットウェアは、運転操作を妨げる恐れがございます。車の運転をされる場合は、運転に適したシューズへ履き替えてください。

    エスカレーターをご使用の際は、必ず黄色い線の内側にお乗りください。乗り降りの際は、ステップに巻き込まれないよう、十分にご注意ください。

    かゆみ・カブレを感じたら直ちに使用を止めてください。そのまま履き続けると症状が悪化することがあります。

    防水表記は、それぞれのフットウェアの特徴により水を防ぐ範囲や強度が異なります。また、防水とは「完全防水」ではありませんのでご注意ください。アッパーなどにキズがついたり、ミッドソールなどの劣化により防水力が低下することがあります。

    素材について

    フットウェアに使用されている一部の素材は、使用回数にかかわらず経年劣化を生じます。経年劣化の程度は使用頻度や使用常用、保管状況にもよりますが、底材の剥がれなど破損する場合がございます。着用前に確認し、破損や劣化したシューズの着用は絶対にお避けください。

    フルグレインレザーは、丈夫で長持ちいたしますが、新品でもムラ・血筋・キズなどが表面に表れてるのが特徴です。個々の風合いをお楽しみください。

    ゴムソール・クレープソールは弾力性・耐滑性に優れておりますが、濡れた路面(特にマンホール・タイル・鉄板)、凍結及び積雪のある路面においては滑りやすくなりますので、歩行にご注意下さい。また、揮発性物質・油性溶剤に触れますと物性変化を起こし、変形・変質(溶解)します。変質したものは元に戻りませんのでご注意下さい。クレープソールは隣接して保管を続けると、ゴムソール同士貼りつきますが、はがして問題なくご使用いただけます。

    合成ゴムの靴は、使用の有無にかかわらずブルーミングと呼ばれる劣化防止成分が靴表面に出て白くなる現象があります。この現象はゴム自体の劣化を防ぐ重要な自然保護皮膜の役割を果たし、経年劣化や保管状況により程度の差はありますが、どの製品にも発生しうる事象です。製品の使用におきましては耐久性などに問題はございません。市販の専用保護剤をお使いいただくと、表面に艶が出てきれいになります。

    天然皮革や綿布、プリント加工されたフットウェアは、濡れたときや摩擦によって色落ちする可能性があります。衣類等に素材の色が移る可能性がありますのでご注意ください。

    これらの注意書きをお読みいただき、安全で快適なアウトドアライフをお楽しみください。


カスタマーサービス
最新情報
コロンビアについて
メールマガジン購読