お手入れ方法

より長く快適な着心地をお楽しみいただくために、コロンビアスポーツウェアの製品の取り扱い方法を案内しています。

アパレル:洗濯方法 | 撥水の復元方法 | 保管方法 | ダウンの羽抜けについて
フットウェア:使用後のケア&メンテナンス | 取り扱い上のご注意

アパレル

洗濯方法

オムニテックシリーズ

洗濯機で水温40度以下の弱洗い、または弱い手洗いが適しています。 すすぎは十分に行ない、洗剤が残らないように注意してください。すすぎが不十分で洗剤が残りますと、生地本来の機能を損なう場合があります。また湿った状態や汚れた状態で、長時間放置する事は劣化を早める原因になります。

生地表面に汚れが目立つようになったら、上記の方法で洗濯し、完全に乾いた状態で、できるだけ湿度の低い場所で保管するようにしてください。 なお、塩素系の漂白剤は使用できません。


ポリエステル インシュレーション

ぬるま湯に中性洗剤をとかして、軽く押し洗いしてください。 すすぎは十分に洗い、洗剤が残らないように注意してください。 その後、強く絞らないようにして水を切り、風通しの良い日陰で平干ししてください。


ダウン製品

洗濯表示に基づいたご家庭での洗濯も可能ですが、ダウン製品の取り扱い経験の豊富な専門のクリーニング店へお出しする事をおすすめします。ドライクリーニングは、生地の劣化に繋がる場合があり、生地表面の撥水効果の低下や羽毛の噴出の要因となりますので、避けてください。

水洗いの場合は、ぬるま湯の入った洗濯槽もしくはタライのようなものに、ダウン専用の洗剤をとかし、軽く押し洗い(手洗い)してください。その際、強く押し洗いして、ダウンが偏ったりしないよう注意してください。

撥水性の復元

水が生地表面を転がり落ちるような作用を撥水といいます。
生地裏側まで水が浸透することを防ぐ防水とは異なる機能です。素材の表面は様々な障害物と擦れ合うことで、撥水性は時間とともに低下します。

撥水性の低下の原因には主に2通りがあります。

1.汚れによる撥水性の低下

素材表面に汚れが付着することにより(肉眼では見えにくい小さなほこりも含む)、水を弾きにくくなります。これは素材表面を覆っている撥水剤の上に付着した汚れが水分を吸収してしまうからです。洗濯をして汚れを除去する事で撥水性が回復します。また、洗濯の際はすすぎを十分に行なって、洗剤を完全に除去しなかった場合は、「汚れ」と同様の撥水性の低下が起こりますのでご注意ください。

2.磨耗による撥水性の低下

長期にわたって使用しますと、素材表面の撥水剤が摩耗(削り落ちて)しまいます。この撥水性の劣化は避けられません。回復には市販の撥水スプレーが必要になります。撥水スプレーに記載された使用方法に応じてリペアをしてください。(撥水スプレーは屋外で使用してください)

保管方法

1.コーティングまたはラミネート素材

洗濯後に十分乾燥させてから保存してください。汚れが付着したままですと、酸化やカビの原因となります。また、乾燥が不十分の場合はカビだけではなく、コーティングやフィルムの加水分解を早める原因となる場合があります。結果的に製品の寿命を縮めてしまいます。
直射の当たる場所、高温多湿になる場所は避けて、製品を強く圧迫しない状態で保管してください。
折りたたんだ状態で長期間強く圧迫しますと、折られた部分のコーティングやラミネートを痛める場合があります。

2.インシュレーション

付属の収納袋を使用した長期間の保管は避けてください。
可能な限りゆったりとした自然なロフトの状態で保管してください。
長期間押しつぶされたままの状態で保管しているとインシュレーションに使用している素材がへたり、十分なロフトを回復できない場合があります。それは保温性の低下にも繋がります。

3.ダウン製品
・ダウン自体に含まれる脂肪分の影響で臭いがする場合がありますが、その場合は風通しの良い日陰で平干ししてください。
・雨や雪等の水分で濡れた際には、できるだけ早めに渇いた布等で拭き取り、風通しの良い日陰で平干ししてください。
・付属の収納袋を使用した長期間の保管は避けてください。
・可能な限りゆったりとした自然なロフトの状態で保管してください。長時間押しつぶされたままの状態で保管していま
すとインシュレーションに使用している素材がへたり、十分なロフトを回復できない場合があります。保温性の低下に
つながります。
・シーズンが終わり、保管する際には、プラスチックの衣装ケース、ビニール袋等での収納は避けてください。湿気が少なく通気性の良い場所に、防虫剤等とセットにして保管することをおすすめします。

ダウン製品の羽毛抜け

ダウン製品には羽毛の噴出しにくい特殊な素材および縫製技法を採用していますが、着用によって生地目から若干羽毛が飛び出す場合があります。これはダウン製品の特性であり避けることができません。

ダウン製品はロフト(かさ高)を保つ為に空気が必要です。通気性のない素材を使用してしまいますと、充分なロフトが得られません。ある程度の通気性を保つための、空気の通りみちより羽毛の抜け出ることも考えられます。

もし生地から羽毛がでている時は外側から引き抜きますと穴(繊維と繊維の隙間)がより大きくなりますので、引き抜かず周りの生地をつまんで内側に戻すようにされるか、製品裏面から引っ張り内側に戻していただくことをおすすめします。縫い目部分から羽毛が噴出する場合がありますが、これはダウン製品の構造上避けることができません。

フットウェア

使用後のケア&メンテナンス

STEP1 汚れの除去

  • ・シューズから靴ひもと中敷を抜きます。
  • ・靴ひもは中性洗剤で洗います。
  • ・中敷は日の当たらない風通しの良い場所で乾燥させます。乾燥させたら手で払い、
    汚れを落とします。汚れが落ちない場合は水洗いしてください。

<アッパー部分>
靴用ブラシ(ヌバック皮製品の場合は専用ブラシ)を用いて汚れを落としてください。
落ちない泥は、水をおしぼりのように固めに絞った布で拭き、頑固な汚れは市販の専用洗剤を使って、水洗いで対応してください。(洗剤の取扱説明書の使用指示に従ってください。)

※レザーアッパーは毎回洗う必要はありませんが、ワックスを落とす意味から2〜3回ご使用の度に1回は洗うと長持ちします。

<アウトソール>
水洗いし、頑固な土は使い古しの歯ブラシや割り箸などで取り除いてください。


STEP2 乾燥

直射日光を避けて、風通しのよいところで乾燥させてください。靴内部に水が残留している場合、靴専用の乾燥剤を靴の中に入れておきます。
(直射日光、ヒーターで急激に乾燥されると皮革のひび割れの原因になります。)


STEP3 撥水

<皮革の場合>
素材に合わせた皮革保護剤を塗布してください。次に撥水スプレーをして、自然乾燥させます。

<ファブリックの場合>
汚れを除去し乾燥させた後、撥水スプレーを塗布します。


STEP4 保管

  • ・型崩れを防ぐために使用後のケアや脱ぐ時に緩めた靴ひもは、全て通して軽く締めて保管してください。
     この時に新聞紙を敷き詰めておくと、型崩れ防止だけでなく、湿気対策にもなります。
  • ・車のような密閉されて高温になるような場所もシューズの劣化の原因となりますので避けてください。

取扱い上のご注意

  • ・用途や使用環境に合わせてシューズをお選びください。
    目的に合わないシューズをご使用する場合、破損やけがの原因にもなります。また、接地面によってはソールが合わず滑る事もありますので、ご注意ください。
  • ・劣化にご注意ください
    フットウェアのアッパーおよびソール部には、レザー素材の他、ポリウレタン、TPR(サーモプラスティックラバー)、合成ゴム等の素材が使用されております。これらは、時間の経過と共に、ひび割れや亀裂、剥離、表面変化等の劣化が進みます。ご使用前に、フットウェア本体やシューレースフック、ソール部およびミッドソール部、フック類を確認してください。
    特に、数シーズンを経過したフットウェアや長時間のご使用がない場合、ソール部分やラバーシェル部分等、屈曲させてみるなど入念な点検をお願いします。
  • ・色落ちについて
    天然皮革や綿布、プリン加工された製品は、濡れた時や摩擦によって色落ちする可能性があります。衣類等に素材の色が映る場合がありますので、ご注意ください。
  • ・直射日光が当たる場所、高温となる場所、日や暖房器具等の近くには、絶対に置かないでください。
    変形(ゆがみ・縮み)、変色、軟化の原因になりますので、ご注意ください。
  • ・揮発性物質や油性との接触は避けてください。
    揮発性物質や油性のものに接触しますと、熱により変形・変質(溶解)する原因になります。
  • ・濡れた路面や滑りやすい場所でのご使用は注意してください。
    濡れた路面、凍った路面、マンホール、タイル床等では転倒の可能性がありますのでご注意ください。また、用途に合わないご使用は滑りやすくなることがあります。

カスタマーサービス
最新情報
コロンビアについて
メールマガジン購読