• HOME
  • コロンビアの歴史

ページの先頭へ戻る

1938-1960's
1960's-1970's
1980's-1990's
Now & Future
Mother's Story

コロンビアの歴史は、オレゴンから始まりました。

コロンビアスポーツウェアカンパニーの創始者ポール・ラムフロムは、ドイツでシャツの縫製工場を経営していました。1938年に家族と共にドイツからアメリカのオレゴン州へ移住してきました。

アメリカでのビジネスを開始するに当たり、ラムフロムは小さな帽子問屋の権利を買い取りました。オフィスの近くを流れるコロンビア川にちなんで、社名をコロンビアハットカンパニーと命名しました。

ラムフロムの次女である、現会長のガート・ボイルは、まだ10代だったこの頃から家業をサポートしています。そして後にガートの夫となり、コロンビアの社長となるニール・ボイルも、1950年よりラムフロム家の事業に参加しています。

1960年、さらなるビジネス拡大のため自社での製品生産を始めます。コロンビアハットカンパニーは、スキーグローブ製造会社コロンビアマニファクチャリングカンパニーと合併し、社名をコロンビアスポーツウェアカンパニーとしました。

コロンビアは存続の危機に直面します。

コロンビアの代表的な製品、マルチポケットフィッシングベストを開発してから4年。これからビジネスが軌道に乗ろうという時期に、創始者ポール・ラムフロムが逝去。そして社長を引き継いだガート・ボイルの夫ニールもまた1970年に47才にして急逝。

ガートの元に残されたのは3人の子どもと多額の借金でした。彼女はコロンビアを売却することを決心します。

しかし、会社に対する評価は驚くほど低く、提示された最高額でも負債を返済するには至りません。ガートはここで決意を新たにし、まだ大学4年生だった息子ティム・ボイルとともに、コロンビア再建の道を歩み始めました。

彼女が目指したのは、細々と家業を続けることではなく、亡き夫ニールが志半ばにして遂げられなかった拡大戦略を引き継ぎ、それを成功させることでした。過酷な再建の日々。しかしコロンビアは確かな製品づくりを着実に行い、ビジネスの基盤を築き上げていきました。

画期的なヒット商品でブランドを確立します。

そして80年代に入ると、コロンビアは大きな飛躍の時期を迎えます。

その第一に挙げられるのが、1982年の"インターチェンジシステム"の登場です。それは現在もコロンビアの代表的なアイテムであるツー・イン・ワン・ジャケットで実現した画期的な機能。アウタージャケットとインナージャケットをジッパーで着脱し、気候に合わせて3ウェイの着こなしができる"インターチェンジシステム"は、多くのアウトドアファンに支持されました。

そしてこのシステムを採用した"バガブーパーカ"は、1993年には全米で販売数が100万枚を越えて、米国内アウトドアウェアの年間最多販売記録を打ち立てるまでになります。

これによりコロンビアスポーツウェアはアメリカで最大級の規模を誇るアウトドアメーカーに成長しました。

オリジナリティが、メッセージを発信する。

コロンビアのオリジナルアイディアはマルチポケットベストや"インターチェンジシステム"だけではありません。

高レベルの防水性と透湿性を両立させた"オムニテック"。銀色のライナーが体温を反射し保温効果を高める"オムニヒート"。汗に反応して冷却効果を生む素材"オムニフリーズゼロ"などオリジナル素材や機能を持った数々の製品が生み出されています。

これらすべての製品は、コロンビアのデザイナーが実際にフィールドに立ち、自分で感じ、人々の声を集めて誕生したものです。

コロンビアスポーツウェアは、アウトドアを愛するすべての人々に、品質を通じて新しいメッセージを送り続けています。

コロンビアと共に歩んできたガート・ボイルの物語

コロンビアのカタログや広告、製品タグなどに登場する女性。
一体誰なんだろうと、不思議に思われている人も多いのではないでしょうか。実はこの人物こそ、コロンビアにとっての"マザー"、コロンビアスポーツウェアカンパニーの会長ガート・ボイル。彼女はアウトドア界の「発明家」でもあります。今では世界中で当たり前のように愛用されているマルチポケットフィッシングベスト。さまざまなツールが収納できるあの便利なベストを世に送り出したのは他でもない彼女なのです。

「もう40年以上も昔のことです。マルチポケットフィッシングベストは、夫と彼の友人たちのために作ったんです。そう、ミシンを使って手作りで。こんなベストを作ってほしいという、ユーザーの要望を直接聞いてね(笑)。最初は10着くらい作ったと思います。試作品ですか?作りませんでした。一度でみんなの希望通りのベストを完成させましたね」

そのフィッシングベストの完成からまもなく、最愛の夫に先立たれたガートは苦難に立たされることになりました。普通の主婦であった彼女が、売却寸前まで追い込まれたコロンビアを世界のトップブランドにまで成長させた苦労は並大抵ではなかったはずです。「何か壁にぶつかったり、苦境に立たされた時こそ、人間はいろいろなことをより早く、より深く学べると思うんです。私の場合がまさにそうでした。そうした苦境の中でビジネスに関すること身に付け、実践してきたのです」

その後現在までに、ガート・ボイルはオレゴン州の実業家で構成されている「オレゴン・エンタープライズ・フォーラム」の「1994年オレゴン・アントルプルヌール」賞をはじめ、数々の栄誉を受けることになります。また「ワーキング・ウーマン」誌が選ぶ"アメリカの女性経営者トップ50"や、「ビジネス・ウイーク」誌の1994年度ベストマネージャーのひとりに選ばれるなど、コロンビアの成長と共に、アメリカを代表するビジネスウーマンになったガート。しかし広告の中の強面な"マザー"が実は優しい母の素顔を持っているということも付け加えておきましょう。それは彼女のこんな言葉からも伺い知ることができます。

「お子さんが何人もいる家庭で、高いジャケットやコートは何着も買えないでしょう。だからコロンビアでは適正な価格を大きなテーマにしています。私はアウトドアの世界をひとりでも多くの人に楽しんでもらいたいんです」。広告だけではなく、コロンビアのさまざまなグラフィックにガートは登場しています。これは「コロンビアの製品とあなたを、マザーはちゃんと見守っていますよ」という品質の証でもあるのです。マザー・ボイルは笑顔で言います。

「モデルなんてご飯みたいなものです。おいしいものはすぐに思い出せなくても、まずいものは確実に思い出すでしょう」と。