1938-60's 1960's-70's 1980's-90's Now&Future Story

画期的なヒット商品でブランドを確立します。

そして80年代に入ると、コロンビアは大きな飛躍の時期を迎えます。

その第一に挙げられるのが、1982年の"インターチェンジシステム"の登場です。それは現在もコロンビアの代表的なアイテムであるツー・イン・ワン・ジャケットで実現した画期的な機能。アウタージャケットとインナージャケットをジッパーで着脱し、気候に合わせて3ウェイの着こなしができる"インターチェンジシステム"は、多くのアウトドアファンに支持されました。

そしてこのシステムを採用した"バガブーパーカ"は、1993年には全米で販売数が100万枚を越えて、米国内アウトドアウェアの年間最多販売記録を打ち立てるまでになります。

これによりコロンビアスポーツウェアはアメリカで最大級の規模を誇るアウトドアメーカーに成長しました。