• Columbia
  • MOUNTAIN HARD WEAR
  • montrail
  • SOREL

ライフスタイル顔のアウトドアシューズ│インサイドコロンビア vol.3

2016/05/17

コロンビアスポーツウェアジャパン入社浅の当ブログ担当Aが、先輩社員にコロンビアの事を教えてもらう「インサイドコロンビア」第3弾はフットウェア部MD(マーチャンダイザー)のカモハラさんに、コロンビアのシューズの特徴をお聞きしました。

―カモハラさんは、コロンビア歴は何年ですか?
3年です。前職では、婦人靴のセールスを担当していました。セールスも楽しかったんですが、将来を提案する仕事がしたくて、自社企画のできるシューズメーカーという事で、コロンビアに入社しました。

―自社企画ができる?
海外のメーカーで日本企画ができる会社はあまり無いようです。

―日本仕様って具体的にはどういった?
アメリカのシューズはアクティビティベースの物が多いですね。

―アクティビティベース?
トレッキング用、ライトトレッキング用、ウォーターシーン用と言った感じで、使うシーン別に企画されています。色も日本人の感性とは違うものが多いです。(それに対して)日本では、もっと普段使いができるデザインにアウトドアスペックが搭載された「ライフスタイル顔したアウトドアシューズ」のニーズが高いです。

―例えば、クイックミッドオムニテック(上写真※)のような?
そうですね。これは今、コロンビアで一番人気のデザインです。街で履いても、フェスで履いても、キャンプで履いても、コーディネートに合わせやすいデザインが評価されています。
※写真のクイックミッドオムニテックはコロンビア直営店限定カラーのため、オンラインストアでは取り扱いがありません。

―他にそういったライフスタイル顔アウトドアスペックのおすすめなシューズは?
このウッドリッジオムニテック(上写真)はオススメですよ。バルカナイズドデザインなのに、防水で、ソールもラバーで滑りにくい。ミッドソール外側は、アウトドアっぽくデコボコした質感にしています。今のトレンドに、アウトドア的スペックやデザインを加えてます。トレンドの、コロンビア的解釈ですね。

―カモフラージュ柄も可愛いですね。
こちらのカモ柄(上写真:スピンリールブーツ WP オムニヒート)は特別です。もともと、カモ柄はアメリカやイギリス等の軍隊からきていますが、イイカモ・プロジェクトさんは、「カモ柄=軍隊=戦争」というイメージから脱して、カモ柄をもっと自由に表現しようとされている方々です。イイカモさんとのコラボレーションのこの柄は、平和の象徴である鳩をモチーフにカモ柄をデザインしています。楽しく平和的なイメージがコロンビアの楽しいアウトドアシーンへの提案としてもマッチした商品になりました。

―この登山靴のソールも可愛いです。
カラサワ(カラサワIIプラスオムニテック)のマーブルソールもコロンビアならではなデザインですね。フェスやキャンプに行って色を考えるんです。楽しいですよ、仕事で行ってるのを忘れちゃう(笑)。漫画家の鈴木ともこさんとのコラボモデル(下写真手前:ウィメンズマドルガピークアウトドライ)も、思い切った柄やカラーリングもコロンビアにとても合っていると感じています。山用でこんな可愛いのは他にないんじゃないですかね。山にも行きたいし、フェスにも行くという若い子に人気。フェスでは本当にコロンビアのシューズ率は高いですよ。

―アウトドアスペックと言えば、「アウトドライ」のモデルが増えてますね。
アウトドライはイチオシの技術です。防水透湿素材ですが、他の素材とは違ってメンブレンをシューズの表面に貼っているので、水がはじかれます。(シューズの外側と内側の)間に防水透湿素材をいれているタイプだと、表面素材が水を吸ってしまうのでシューズ自体が重くなってしまう。また、水が近いと足も冷えやすくなりますよね。そういう意味でもアウトドライは、優れた技術です。

―これからの季節、レインブーツもオススメあれば。
ラディソフト。ラディという定番レインブーツがあるのですが、ラディソフトは、柔らかくてパッカブル(折りたためる)なんです。不整地もいけるしっかりしたソールなのに、パッカブルにできる柔らかさ。これだけ柔らかいのに自立するので、玄関なんかでぐたっと倒れて、汚くなる心配もないですよね。

トレンド商品でも定番商品でも、しっかりとしたテクノロジーがあることや、柄やカラーなどで日本のお客様に楽しいアウトドアライフを提供できる事は、日本仕様が多いコロンビアだからこそだと思いますね。

カモハラ ケイコ
婦人系シューズのSV、 セールスを経て2015年コロンビア入社。入社後はフットウェアにて商品マスターデータの管理等デスクワークに勤しむ。商品企画にも参加。趣味はスキューバダイビング、多いときは月1で伊豆に通う。バチェラーシューフィッター。足と靴の関係を日々考えている。

2016/05/17

CSJmagazineトップページ

公式サイト

Columbia Sportswear Japan Webサイト
1938年の創業以来、常にオリジナリティが高くイノベーティブなアウトドアウェアを提供し続けています。
MOUNTAIN HARDWEAR Webサイト
ウェア・テント・寝袋をはじめとする、極地遠征や高所登山に対応するクオリティ高い製品をラインアップしています。
montrail Webサイト
トレイルランニングに最適なハイクオリティ & ハイパフォーマンスシューズを開発するフットウェアブランドです。
SOREL Webサイト
1908年にカナダで生まれたウィンターブーツの代名詞、ソレル。