• Columbia
  • MOUNTAIN HARD WEAR
  • montrail
  • SOREL

国際山岳ガイド 近藤謙司│FOCUS vol.4 後編

2016/08/29

エベレスト登頂6回。その仕事は一般登山者をヒマラヤの頂に登らせること。
これまで14年間で70人近くの8000m峰登頂をサポートしてきた国際山岳ガイドにヒマラヤ公募登山隊を続ける理由とその意味を語ってもらった。

FOCUS vol.4 中編はコチラ

標高8000mにあるキャンプ4を夜中に出発し、山頂を目指す。背景は世界第4の高峰ローツェ。この日エベレスト登頂に成功したメンバーの中で、20歳の伊藤伴さんは近藤隊長と共にローツェにも挑んで連続登頂に成功。

エベレスト登山隊に参加するその条件とは?

─エベレストを目指すなら、どんな人が向いてますか?
「どなたにでも言うんですけど、公募登山隊である以上いろんなタイプの人が参加していますから、まずはどんな人とでも上手くやっていけるかどうか。協調性がすごく重要です。それと、場合によっては途中で引き返すことを納得できること。登りたいという強い意志があっても、状況への理解力がないと厳しいです。最後に、人間として生きる力がある人。山の中で何日も平気で暮らしていける精神力とか、空腹感や喉の渇きに強いとか、ストレスに対する抵抗力のある人。冬山経験がなくても、クライミングができなくても、そういう生きる力が強い人なら素質はあると思います」

─技術的にはどうですか?
「もちろん登山技術はあってもらいたいのですが、技術だけで登れる山ではないので、生き残る力のある人のほうが登頂率は高いですね。技術的な部分は僕らがフォローできるけど、その人の根底にある強さや精神力は、僕らが引き出せるものではありませんから」

─人にエベレストを勧めますか? 登ったほうがいいよと。
「そうですねぇ。勧めはしませんねぇ。それよりも、もっと目の前の山に行きましょうって声をかけていますね。高尾山に行きましょう、奥多摩を歩きましょう。ちょっと岩登りをやってみようよ、雪山にも登ってみようよ、と」

近藤はコロンビアスポーツウェアジャパンの協力のもと、「コロンビア登山学校」を開催している。無料の机上講習から始まり、実技講習を経て、海外登山の3ステップ。もちろん、各回ごとの参加も可能。写真は奥武蔵・伊豆ヶ岳での初心者入門コース。

─いいですね。
「もっとも、あるていど自分の登山の楽しみ方がわかってる人には声をかけることもあります。チャンスがあったら一緒に行こうよって。8000mを登った皆さんが口を揃えるのは、10年前にやっておけばよかったと。10年前に休みを取れなかったかといえば、取れたかもしれない。その若いうちにやっておけば……、と。公募登山隊はお金がかかりますから、昔は医師や弁護士、中小企業の社長が多かったんです。でも、今のウチの隊には30代のサラリーマンも来ますし、40日間かかるチョー・オユーには公務員の方もいました。登りたいという目標を持って、粘り強くお金を貯めて、情熱を持って山頂を目指す。それは素晴らしいことだと思いますね」

* 実を言えば、近藤率いるアドベンチャーガイズのお客さんの中に個人的な友人たちがいる関係で、たまに彼らの飲み会に参加することがある。驚かされるのは、いつも話題の半分以上は「謙司さん」の笑えるエピソード。信頼のガイドであり、生粋のエンターテイナー。そんな近藤謙司の人柄が思い浮かぶひとときである。

Text / Chikara Terakura
soto8号(双葉社スーパームック)より転載


近藤謙司
国際山岳ガイド。冬季チョモランマ北壁最高地点到達などの記録を持ち、2002年からヒマラヤ公募隊登山のガイドとして活躍。これまでにエベレスト登頂者17名を含む日本人70名近くを8000mの頂に導いてきた。(株)アドベンチャーガイズ代表。著書に『エベレスト、登れます』(産業編集センター)がある

Impression 近藤謙司のアイテム

スプリンガーマウンテンジャケット PM5946

クライマーを意識したデザインのモデル。
ハーネスをしたままでもシェルのジッパーを下げればアクセスできる大型のチェストポケット、サムホールのあるスリーブ、柔らかく伸縮性のあるフリース素材でフィット感も抜群です。


2016/08/29

CSJmagazineトップページ

公式サイト

Columbia Sportswear Japan Webサイト
1938年の創業以来、常にオリジナリティが高くイノベーティブなアウトドアウェアを提供し続けています。
MOUNTAIN HARDWEAR Webサイト
ウェア・テント・寝袋をはじめとする、極地遠征や高所登山に対応するクオリティ高い製品をラインアップしています。
montrail Webサイト
トレイルランニングに最適なハイクオリティ & ハイパフォーマンスシューズを開発するフットウェアブランドです。
SOREL Webサイト
1908年にカナダで生まれたウィンターブーツの代名詞、ソレル。