最新情報

ロングトレイル 東海道自然歩道を歩く 田貫湖周辺編

日程:
2014.11.15
投稿日:
2014.12.09

今回は東海道自然歩道を歩く第3回目のロングトレイルイベント。 テレビやラジオでおなじみ、ネイチュアリング・スクール「木風舎」の橋谷さんにガイドをお願いし、晩秋の素晴らしい景色の中を歩いてきました。


レポート by Y.O


静岡県 田貫湖に到着

新宿に集合してバスに揺られること約2時間。どこまでも続く青空と雄大な富士山が望める田貫湖に到着。
早速、全身を動かしてしっかりと準備体操。
澄んだ空気と暖かい日差しの下、大きく手を広げてする伸びは、とても気持ちいがいいです。

スタート地点の田貫湖は紅葉真っ盛り

田貫湖周辺には、赤や黄色に染まった木々。 エントリーから紅葉を楽しみつつ、いよいよロングトレイルのスタートです。

目指すは長者ケ岳山頂

だんだんと標高が高くなるにつれ木の葉が落ち、紅葉に彩られていた秋の山は、すっかり葉も落ちて、冬の山に変わりつつありました。
木漏れ日が落ち葉を優しく照らしています。

橋谷さんによるわかりやすいレクチャー

ガイドの橋谷さんに、楓の葉の種類や富士山の歴史についてなど、わかりやすく説明して頂きました。
理解が深まると、より自然との距離が縮まった様に感じます。

境目の尾根道

尾根道を歩きます。写真に向かって右側がお行儀よく整列した杉の人工林。左側は多様な木々が生える雑木林です。日光の入り具合や当たり方が全然違います。一本道を歩きながら、雰囲気が違う二つの景観を楽しみました。

長者ヶ岳の山頂到着

いよいよお昼休憩場所の長者ヶ岳に到着。
山頂からは、正面に雄大な富士山を望むことがでます。普段は見ない西側から見る富士山は、いつもと少し違って見えました。

待ちに待ったお昼休憩

楽しみにしていたお昼休憩。同行していたアルパインツアーのガイドさんによる、手作りのあったかレタススープを頂きました。
美味しいお弁当と温かいスープ、そして富士山...!素敵なお昼休憩になりました。

最後は雄大な富士山をバックに集合写真撮影

少し冷えた空気と秋の柔らかい太陽の日差しが心地良い、穏やかでのんびりしたロングトレイルでした。

その他のレポート写真
太陽の光が降り注ぐ、気持ちの良い絶好の登山日和でした。
赤や黄色に染まった落ち葉を踏みしめながら頂上を目指します。ぱりぱりと心地よい音が広がりしました。
長者ヶ岳の中腹で、ぽっと姿を現した富士山。
紅葉に彩られる木々の合間を、のんびり歩いて行きました。

こんな記事も読まれています

Columbia トップページに戻る