ページの先頭へ戻る

春の終わりの「くじゅう山」を赤紫色に染める、 その正体は!?

日程:
2013.6.8
投稿日:
2013.07.05

2013年6月8日(土)九州・大分県にある「くじゅう山」でコロンビアのハイキング&登山イベントがありました。6月半ばでしたが幸い雨も降らず、自然が織りなす変化に富んだ景色を堪能!!今回のガイドはこの地域の情報も詳しい矢野さん。さて、今日はどんな風景が待っているのでしょう!?

準備体操をしっかりと行い、いよいよ登山開始!

「大混雑が予想される」とのことでガイド矢野さんの提案により、急遽コースの変更。ミヤマキリシマの咲き誇るこの時期はやはり大人気なんですね。準備運動をしっかりしてからさっそく登山スタート!

荒々しい山肌の硫黄山にくぎ付け

緑の中を歩きしばらくすると、突如広がる荒々しい山肌。噴煙をもくもくと排出し存在感を表す硫黄山です。植物や野鳥はもちろんのこと、地熱発電が行われているなど地域の情報も盛り込んだ矢野さんの楽しい説明を聞きながら、標高を上げていきます。

山頂がついに見えるも、最大の難所が!

はるか先に見えるくじゅう山の山頂はまだまだ先・・・。最大の難所は「ガレ場」と言う岩が転がるエリアの山道。一列に並び滑りやすいので慎重にゆっくりしたペースで登ります。コース変更のお陰で、大混雑に巻き込まれず、静かな自然を満喫!

赤紫に咲き誇る季節の花にやっと出会えました

山を赤紫に染める花「ミヤマキリシマ」。今回のツアーの主役の登場にみんなで大興奮!!遠くからも分かるほどの広範囲にミヤマキリシマが咲き誇り、まるで山中に美しい絨毯を広げた様でした!

山頂(1786.5m) 無事に全員で登頂!

様々な道の変化を楽しみながらついに山頂に到着。山頂からは、仏の寝ている姿に似ていることから涅槃像とも呼ばれる阿蘇五岳が一望できます。眼下に広がる景色を楽しみ、体と心を休めるこの瞬間が最高。

「主役」をバックに笑顔で記念撮影!

今回、主役となった「ミヤマキリシマ」だけでなく、様々な植物と緑に触れて大満足のハイキング&登山。帰りがけに考えてしまうのは「次は何時にしよう!」ということ。自然を歩くイベントは、どの時期でも色々な喜びと発見があってやめられませんね。

その他のレポート写真
道はトレイルから岩場まで。山ブーツを履いていたので安心でした。
小川を渡り、一歩一歩山頂を目指します。
岩場に腰かけお昼ご飯♪ワイワイ食べるごはんは、やっぱり最高です!
自然を眺めながら楽しむお昼に、皆さん笑顔がこぼれます。
これがミヤマキリシマ!ツツジの仲間なんです。
この時期くじゅう山は花盛り。ミヤマキリシマ以外にも沢山の花が楽しめました。
気がつけば随分と登ってきました!山頂はすぐそこ。
くじゅう山の山頂から見下ろして、最高の瞬間です。

こんな記事も読まれています


カスタマーサービス
最新情報
コロンビアについて
メールマガジン購読