• Columbia
  • montrail
  • MOUNTAIN HARD WEAR
  • SOREL
  • prAna

コロンビアにいるアウトドアスタッフ紹介 vol.5 「サーフィン」

2019/06/18

全国の様々なアウトドアをするショップスタッフにインタビュー!第5回目は、大会にも出場したり本格的にサーフィンをしているららぽーと横浜店の成田さんです。

―成田さんが取り組んでいるアウトドアは?
サーフィンです。いわゆる波乗りですね。東京オリンピックの競技にもなったので関心度が高まってきています。僕はロングボードを主軸にやっていますが、サーファーとしてどちらかしか乗れないというのもかっこ悪いので両方やっていますよ。
種類はロングボードとショートボード、そして最近だとその中間の長さのミッドレングス(オルタナティブボード)も流行ってきていますね。はじめて7年目になりますが、サーフィンの大会にも出たりして積極的に楽しんでいます!

*サーフボードの種類と基本的な長さ
ロングボード=9フィート以上(274cm以上)
ショートボード=6 1/2フィート(198cm)

―サーフィンをはじめたきっかけは?
正直に言っていいですか?!そりゃ~下心ですよ!モテるんじゃないかなって(笑)
元々スノーボードをずっとやっていたんですが、夏にもできる横乗りのスポーツはないかと思って探していて。ターニングポイントは大学時代の友人がスノーボードとサーフィンをやっていて、その子きっかけでサーフィンをやってみたんです。すると案外楽しくて、そしてモテるんじゃないか?!って思いました(笑)やりはじめると楽しいしおもしろいという気持ちが勝ってきて結局はまり込むんですが、スノーボードもサーフィンも、“モテたい“という気持ちがきっかけではじめましたね!

―サーフィンの魅力や楽しさをおしえてください
自然相手のスポーツなので、そう簡単にはいかないんですよね。時間もかかっちゃうし、悔しいし、気持ちもめげそうになるけど、できた時の感動がすごいんです。スケートボードやスノーボードにもない水の上に立つ、乗るという感覚がなんともいえない。これが自然と一体化するってことか!って。何発も何発もいい波は来ないけど、それに合わせていくのが楽しいですね。同じ波が来ない分、その時その一瞬の波をどう自分でメイクするか。あとは、できるようになってくるとどんどんイイ波を求めるようになってくるんで、他のエリアに遊びに行かせてもらったりするんですが、そこにあるグルメも楽しんでいます。生しらすとかたまらないですよ!

―今までで最もエキサイティングしたことをおしえてください
僕には師匠がいるんですが、師匠もやっている古くから伝わるクラシックな技に、「ドロップニ―ターン」と「クロスフットターン」があります。ロングボードは面積が広い分、浮力もあり早く立つ事が出来る反面、ターン性能や俊敏性がないんです。なのでいかにリラックスをして簡単そうに華麗に見えるかが、ロングボードのクラシックスタイルだと思っています。この技もシンプルに見えて難しい技で、挑戦し始めて3年目くらいでやっとできた時はかなり興奮しましたね!

ドロップニ―ターン
昔のロングボードはフィンが大きく重たいボードが主流。ターンをするのがとても大変で今の軽めのボードの傾けるターンは当時のボードではできないのでテールを踏み込むターン(ドロップニーターン)が使われていた。



―サーフィンというスポーツについて
サーフィンってプロサーファーと同じフィールドで練習ができるんですよね。生で見ることができるし、話せるし、相談ものってもらえるし。年齢層も幅広いので、普段出会うことのない人たちと仲良くなれたり、ご飯に行ったりして、とても楽しいですよ。同じコミュニティなんで話も尽きません。
あと基本的にはスポーツなのでフィールドの共有などについて厳しい部分も多いですが、マナーを守って敬意をもってサーフィンを楽しむという事がとても大切ですね。毎日のようにそこでサーフィンをしている人たちは、ただ楽しんでいるだけではなく、日頃からビーチクリーンをしていたりして環境を保ってくれていたりするんです。だから敬意をもってそこで遊ばせてもらっているという気持ちで僕も楽しませてもらっています。

―今年の目標があればおしえてください
大会に出て入賞することが目標だったんですが、実はこの前出場した黒船カップという大会のロングボードのクラスで3位に入れました!師匠にも褒めてもらえたし嬉しかったです。次は6月末(マーボーロイヤルKJカップ 2019))と7月(THE ONE LOG JAM JAPAN 2019)にも大会に出場するのでここでも入賞を狙っていきたいですね。

―サーフィンの大会はなにを競うのですか?
4人1組でスタートし、15分間でいかに華麗に波に乗って演技できるかを競います。フィギュアスケートのようなイメージで、1つ1つの技に対してポイントがあります。同じ技でもどこまでキレがあるかとか、スプレー(水しぶき)がどれだけ飛ぶかなど、様々なポイントがあります。


―今季おすすめのアイテムをご紹介
プラナのアイテムですが、サーフィンで使えるボードショーツがおすすめです。海好きの人達の心を狂わせるような柄ですね。

サーフボードにヤシの木、カリフォルニアにありそうなショップも。これは心惹かれると思います!ストレッチが効いていて、これだけのグラフィックが入っていると10,000円以上する物がほとんどなのですが、8,900円(税別)という価格にも感動しました。オレンジにベージュのパイピングを施している所なんかも昔ながらのクラシックなボードショーツのデザインがインスパイアされているなと思います。黒もあるのでシックに使いたい人はこちらでもいいですね。

ハイシーボードショーツ ¥9,612(税込)


あとはオーガニックコットンで作られたこちらの帽子!生地感がとてもしっかりしているし、ワッペンのデザインもとてもかわいい。ぜひ様々なアウトドアで使っていただきたいです!

ブライランボールキャップ ¥4,212(税込)

すでにサーフィンを楽しんでいる方もサーフィンに興味が湧いた方も、陽気な成田さんとサーフィンについて話してみてはいかがでしょうか?そして、今後の成田さんの活躍にも期待ですね!

▽過去のスタッフ紹介記事はこちら
vol.1 「ボルダリング」
vol.2 「バスフィッシング」
vol.3 「キャンプ」
vol.4 「トレッキング」

コロンビア/プラナ ららぽーと横浜店
神奈川県横浜市都筑区池辺町4035−1 3F
045-932-1126
営業時間 10:00~21:00

コロンビア公式オンラインストア
プラナ公式オンラインストア

2019/06/18

CSJmagazineトップページ

公式サイト

Columbia Sportswear Japan Webサイト
1938年の創業以来、常にオリジナリティが高くイノベーティブなアウトドアウェアを提供し続けています。
MOUNTAIN HARDWEAR Webサイト
ウェア・テント・寝袋をはじめとする、極地遠征や高所登山に対応するクオリティ高い製品をラインアップしています。
montrail Webサイト
トレイルランニングに最適なハイクオリティ & ハイパフォーマンスシューズを開発するフットウェアブランドです。
SOREL Webサイト
1908年にカナダで生まれたウィンターブーツの代名詞、ソレル。